アニメ「鬼滅の刃」14話感想!鬼殺隊、三人寄れば暴力ギャグ祭り

漫画・アニメ・映画

アニメ「鬼滅の刃」観てますか?

 

鬼滅の刃

 

今回は…シリアス回かと思ってたら、思いっきりギャグ回でした。

 

 

スポンサーリンク

鬼殺隊のほっこりヴァイオレンス

 

 

鬼殺の剣士、三人寄れば文殊の知恵…は出てこない。

 

代わりに出てくるのは炭治郎、伊之助、善逸の暴力・暴力・暴力。

 

怒りの炭治郎は懇親のパンチで伊之助の肋を砕き、頭突きで意識を刈り取る。

 

事あるごとに汚い高音で失礼なリアクションをする善逸に対しては、容赦なく頭をはたく。(だんだん手が早くなっていく…)

 

伊之助は暴力ターゲットを善逸から炭治郎へとシフト、柔らかすぎる体から繰り出される低重心の攻撃はまるで四足獣の如し。

 

炭治郎のパッチギにやられたあとは、ひたすら木に向かってぶつかり稽古をして、ストイックな一面を見せていた。

 

そして善逸は美少女・禰豆子の登場により、炭治郎にマジギレ。

 

婚約の邪魔をされたことや、正一くんを解放したことまでぶり返し、電気チリチリさせながら抜刀までしてしまう…善逸にとっては今が戦うなのか?

 

今回の鬼滅の刃、鬼殺隊三人のヴァイオレンス描写がとても多かったけど、どれもこれもすべてお笑いにつながる平和的暴力ばかりだったので、最終的にはほっこりしただけだった。

 

いっしゃん
いっしゃん

つまり三人は仲良し

 

 

スポンサーリンク

竈門家の長男最強説

 

 

鼓の鬼・響凱を討ち果たした炭治郎は、清、正一、照子の三兄妹からは絶大な支持を集めていた。(一部、善逸への支持もあり)

 

伊之助に対しては力づくでおとなしくさせるだけでなく、ズレた会話で怒りの矛先をずらし、挑発を笑いながら軽くあしらってしまう。

 

自分で折っておきながら伊之助の肋と将来まで心配するシーンはただのマッチポンプのような気もしたけど、そこは気にしたら負けだと思う。

 

伊之助を沈めた石頭にグイグイ食い気味の照子に対するファンサービスも欠かさない。

 

藤の花の家紋の家では、伊之助にご飯を奪われてもニコニコ、布団選びでもニコニコと寛容に振る舞い、圧倒的な長男力を見せつけていた。

 

やっぱり竈門家の長男は一味違う。

 

炭治郎にかかると全ての少年少女たちは、みんな弟、妹扱いになってしまうような気がしてきた…。

 

いっしゃん
いっしゃん

竈門家の長男最強説…あるかも

 

 

スポンサーリンク

弱ミソ…否定しきれない善逸の残念さ

 

 

伊之助に「弱ミソ」と言われ、あわや禰豆子と一緒に串刺しにされてしまうところだった善逸くん。

 

禰豆子の木箱を必死に守る姿は、目から水が出てくるくらい胸熱だったんですけど、今回のようなギャグ回においては、「弱ミソ」を否定しきれない残念さが浮き彫りになってしまいますね。

 

炭治郎vs伊之助の格闘シーンでは、ちょいちょい照子を盾にしてましたし、三兄妹との別れ際には、正一くんを旅の仲間に加えようとしたりと、とにかく善逸の行動は残念極まりないものばかりでした。

 

いっしゃん
いっしゃん

三兄妹の目がおそろしく冷たかった

 

さらには、かわいい禰豆子登場で炭治郎に嫉妬するシーンでは、電気チリチリさせて刀まで抜いてましたからね。

 

そんな善逸の「弱ミソ」残念行動、まだまだ見たりないかも。

 

いっしゃん
いっしゃん

もっともっと!

 

 

スポンサーリンク

猪の中には長まつげの美少女フェイスが

 

 

猪頭の猪突猛進男・嘴平伊之助、素顔は美少女そのものだった。

 

筋肉ゴリゴリで関節グニャグニャの剛力軟体ボディと、まつげ長めの美少女フェイスが超アンバランス。

 

そんなギャップを持つ伊之助は、自分の名前大好き芸人の模様。

 

炭治郎は、名前の響きよりも、どんな漢字なのかに興味を示してましたけど。

 

残念ながら読み書きできない伊之助には答えることができない…無念。

 

それにしても美少女フェイスが一番の違和感を放つキャラクターって一体…。

 

 

スポンサーリンク

禰豆子の効果音がおかしい

 

 

藤の花の家紋の家にて夜になった頃、禰豆子がいそいそと木箱から出てきた。

 

その時の禰豆子の効果音がおかしい。

 

何かの新型ロボットでも出てきたのかと思った。

 

禰豆子、スタッフにいじられてる…?

 

今回の鬼滅の刃はまじめにやる気が感じられない。(褒め言葉)

 

効果音がおかしい。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「鬼滅の刃」第14話「藤の花の家紋の家」を視聴した感想について書きました。

 

一触即発だった炭治郎と伊之助はしっかりと即発、肋を折り、頭突きで鎮圧した炭治郎のTKO勝ち。

 

炭治郎、痛みに耐えてよく頑張った。(感動はしない)

 

全体的にヴァイオレンス描写多めだったものの、なんだかんだでみんなひとつ屋根の下で過ごすことになる流れになり、ただのほっこりギャグ回になってた。

 

いつもと演出全然ちげーし。

 

でも面白かったから、いっか。

 

次週も期待してますよ。

 

以上、アニメ「鬼滅の刃」第14話の感想でした!

 

アニメ『鬼滅の刃』感想 2019年4月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント