アニメ「鬼滅の刃」10話感想!キャプテン禰豆子、癒やしで醜女返上

漫画・アニメ・映画

アニメ「鬼滅の刃」観てますか?

 

今回は矢琶羽と朱紗丸との戦い決着回。

 

炭治郎の連続技、キャプテン禰豆子のドライブシュート、美しすぎる○百歳・珠世の美しすぎる血鬼術など、今回も見どころが山盛りでしたよ。

 

いっしゃん
いっしゃん

愈史郎は愈史郎だった

 

 

スポンサーリンク

矢琶羽ラストベクトル vs 炭治郎水の呼吸カーニバル

 

 

水の呼吸連続攻撃で矢琶羽の首を見事に斬り飛ばしたものの、最後の悪あがきで炭治郎自身がベクトルの対象となってしまうんですね。

 

無差別ラストベクトルで縦横無尽に振り回される炭治郎は、ベクトルの力を相殺するべく水の呼吸を連続で発動。

 

矢琶羽が灰になるのが先か、炭治郎が力尽きるのが先か。

 

いっしゃん
いっしゃん

まさに根比べ

 

首だけの状態になりながらもベクトルを操る矢琶羽の執念もすごいけど、炭治郎の水の呼吸必殺技シリーズはもっとすごかった。

 

そんな根比べの結果、勝利したのは炭治郎。

 

矢琶羽の首は灰となり、これで完全決着。

 

ただし、空中から落下した炭治郎は肋を骨折しただけでなく、技を連発しすぎてまともに身動きできない。(でも身動く)

 

危うく本当に相討ちになるところでしたね。

 

いっしゃん
いっしゃん

危ない危ない

 

 

スポンサーリンク

キャプテン○?「大空」禰豆子 vs 「日向」朱紗丸

 

 

朱紗丸の手毬攻撃を紙一重で躱し続ける愈史郎。

 

直線的な攻撃はカンタンに躱せるけど、変化球には弱かった…。

 

また首が消滅しちゃう?というピンチを救ったのはサッカー少年、ならぬ蹴鞠少女・禰豆子。

 

得意の足技で朱紗丸の手毬を捌き、ここから二人はキャプテン翼状態に突入。

 

「大空」禰豆子と「日向」朱紗丸の激しい蹴鞠の打ち合いへと発展してしまう。

 

いっしゃん
いっしゃん

まるで「ドライブシュート」と「タイガーショット」の打ち合いやんけ

 

凄まじい速度での蹴鞠合戦にテンションが上がる上がる。

 

禰豆子は珠世から「鬼専用の栄養剤」をもらって元気になったわけですけど、この薬にはパワーアップを促すような効果はないとのこと。

 

つまり、朱紗丸との壮絶な蹴鞠合戦のときの禰豆子は、決してドーピングしているわけではなく、本当の実力で戦っていたんですね。

 

壮絶な蹴鞠合戦は、先に避けてしまった朱紗丸の根負けに終わります。

 

禰豆子のドライブシュートをビビりながら避けたあとで「ここからは本気出す」とか言われても説得力は皆無ですよ、朱紗丸さん。

 

 

スポンサーリンク

美しすぎる珠世の血鬼術

 

 

禰豆子と選手交代ののち引き続き朱紗丸の相手をすることになったのは「逃れ者」の珠世。

 

珠世の血鬼術といえば「惑血 視覚夢幻の香」の美しい演出がとても印象的でした。

 

しかし、今回朱紗丸に対して放った血鬼術は「惑血 白日の魔香」。

 

この血鬼術の演出もまた、これまで見たことがないような不思議なエフェクトがとても美しかった。

 

白日の魔香によって「鬼舞辻」の名を口にしてしまった朱紗丸は鬼舞辻にかけられた「口外の呪い」が発動し、体内の鬼舞辻細胞が生み出した腕により体を引き裂かれてしまう…。

 

いっしゃん
いっしゃん

珠世さんの省エネ殺法

 

珠世の美しすぎる血鬼術は、結果的にズタズタになった朱紗丸を生産したのでした。

 

 

スポンサーリンク

それでも炭治郎は情けをかける

 

 

鬼舞辻の「口外の呪い」により体をズタズタに引き裂かれた朱紗丸は、まるで幼子のように「鞠」を求める。

 

その姿を見た炭治郎はボロボロの体を引きずりながらも、朱紗丸のそばに鞠を置いてあげるんですね。

 

鬼は死の間際になると鬼になる直前の人間だったころの感情が蘇るのかもしれない。

 

死の間際にある朱紗丸に情けをかけるシーンは今回もたまらなくグっとくるものがあった。

 

結局のところ、朱紗丸もまた鬼舞辻無惨の被害者だったわけだし、炭治郎にとっての本当の鬼とは「鬼舞辻無惨」ただひとり。

 

だから炭治郎はこれからも倒した鬼たちに情けをかけ続けるのでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

禰豆子に癒やされる珠世と愈史郎

 

 

禰豆子は人間を見ると家族と思うよう鱗滝に暗示をかけられているんですね。

 

ところが禰豆子は、鬼である珠世と愈史郎もなぜか家族だと思い込んでる。

 

珠世はお母さん、愈史郎はかわいい弟(なでなで)。

 

鬼の匂いが極端に少ないこの二人、禰豆子判定機のジャッジは「人間」という結果を示している。

 

炭治郎の説明を聞き、抱きついてくる禰豆子をギュッと抱き返し涙を流す珠世に思わずもらい泣きしそうになった。

 

そんな珠世を見て、鬼になった過去を思い出す愈史郎の描写も超エモい。

 

いっしゃん
いっしゃん

珠世と愈史郎と禰豆子…もう3人で親子になっちゃいなよ

 

そう思えるくらい、この三人の関係性は尊いものがあった。

 

禰豆子も晴れて醜女の汚名を返上したし、ブラック組織・鬼殺隊で炭治郎は休みもなく今日も働き続ける。

 

絶賛婚活中の我妻善逸くんは働いてるのかどうかはわからん。

 

汚い高音を聞ける時は近い…。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「鬼滅の刃」第10話「ずっと一緒にいる」を視聴した感想について書きました。

 

炭治郎、禰豆子、珠世、愈史郎のみんなの協力により見事に矢琶羽と朱紗丸の「自称」十二鬼月を無事撃破。

 

炭治郎と禰豆子は過去最大級に暴れまわり、珠世は美しすぎる血鬼術で魅了、愈史郎は珠世が好きすぎた。

 

鱗滝の暗示のおかげで禰豆子は珠世と愈史郎の心を癒やし、私も癒やされた。

 

婚活男子・我妻善逸の登場により、これからますます賑やかになりそうなところで今回は終了。

 

いっしゃん
いっしゃん

早く「汚い高音」が聞きたい

 

次週が楽しみです。

 

以上、アニメ「鬼滅の刃」第10話の感想でした!

 

アニメ『鬼滅の刃』感想 2019年4月~9月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント