アニメ「鬼滅の刃」17話感想!完璧な善逸劇場!笑って泣いて鳥肌れ!

漫画・アニメ・映画

アニメ「鬼滅の刃」観てますか?

 

鬼滅の刃

 

今回は、善逸の、善逸による、善逸のための、善逸回。

 

笑って、泣いて、鳥肌を立てる回…つまり神回です。

 

 

スポンサーリンク

細やかな気遣い、いりません。怪我、してません。

 

 

今回の伊之助も長男・炭治郎にたくさん強がってましたね(笑)

 

気がつくと傷だらけの伊之助。

 

『俺に対して細やかな気遣いすんじゃねぇ!』(伊之助)

 

こんな強がり初めて聞いた。

 

『気をつかうんじゃねぇ!』ならまだしも『細やかな気遣い』ですよ。

 

伊之助でもちゃんと自覚できるんですね、『あ、俺、いま細やかな気遣いされてる』って。

 

たぶんホワホワしちゃったんだと思うけど。

 

炭治郎お兄ちゃんが手当しようとしてもプリプリ怒って手当させようとしないし、下山しろって言われても、『俺は怪我してねぇ!』とか言っちゃうし。

 

めっちゃ流血してんのに…伊之助の辞書に「怪我」は収録されてないのかな。

 

というかいろいろと収録から漏れてそうで心配になってきた…。

 

でも心配したら『俺を心配すんじゃねぇ!』とか言われるんですかね。

 

というか、もう登場したての頃の悪伊之助が思い出せなくなってきた。

 

これはいい傾向…なのかな?

 

 

スポンサーリンク

善逸のホラーアトラクション

 

 

長男に置いてけぼりにされた善逸、プリプリ怒りながら那田蜘蛛山をあるき続けるんですけど、これがなんというか、完全にホラーアトラクション状態。

 

チクっとしてキレ、分岐でキレ、臭いにキレ、『うるさいよ!』とキレた先には人面蜘蛛!

 

『こんなことあるーーーー!?』(善逸)

 

絶叫マシーン善逸の顔の歪みがスゴかった…蛭子能収のマンガみたくなってた。

 

叫びなら、誰にも声量、負けてない(5・7・5)

 

一体何デシベル出てるんだろ。

 

ずいぶん飛ばしてるなぁ。

 

 

スポンサーリンク

雷で染めました

 

 

今回のエピソードでわかったことが一つ。

 

善逸、もともと黒髪だった。

 

そして、金髪になった理由は、雷に撃たれたから。

 

善逸は「雷の直撃を受けても生きている」よりも難易度が高いであろう「雷の直撃で金髪になる」という人類最初にして最後の人物だったんです。

 

なんて雑なエピソードなんだろう…と一瞬思ったりもしたんですけど、どちらかというと、いかにも善逸らしいや、というのが今の素直な気持ちです。

 

 

スポンサーリンク

完璧な善逸劇場

 

 

アニメ「鬼滅の刃」では、数々の技が渾身の作画で描かれていて、見るたびに拍手喝采の高評価を得ていますよね。

 

その中でもとりわけスタッフの愛がダダ漏れているとしか思えないのが、我妻善逸の雷の呼吸。

 

気を失い、落下しながら深く深く息を吐き出すシーンは、やたら気合の入った作画で、数秒間かけて描いていた。

 

じいちゃんの回想を巧みにはさみ、善逸の心の中を掘り下げながらの「兄」蜘蛛との戦いは、それなりに尺を使って、丁寧に丁寧に描いているのを感じた。

 

刀を抜かんとする手は小刻みに震え、小さな雷がチリチリと光を放つ。

 

『ひとつのことを極めろ』

 

そして光は収束する…たった一つに。

 

兄弟子に否定され、誰からも期待されず、自分で自分を否定する。

 

けれども、じいちゃんだけは決して善逸を見限らない…この演出。

 

からの!

 

雷の呼吸 壱ノ型・霹靂一閃…六連!

 

空気は揺れ、目は光り、雷槌で地を砕く。

 

縦横無尽に駆け巡る善逸の姿はまさに迅雷そのもの。

 

蜘蛛の糸を利用して跳躍した雷槌は……迅雷の疾さで兄蜘蛛を仕留め、華麗な姿で月光に舞う。

 

何この、完璧な善逸劇場。

 

なんか目から水出てくるし、鳥肌止まらないし、ちょっと吐きそうになってしまった。

 

おしっこ漏れたかと思った。

 

これまでも炭治郎の水の呼吸や、伊之助の獣の呼吸でキャッキャ喜んでたんですけど、今回の善逸の雷の呼吸は…やりすぎだと思った(泣褒)

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「鬼滅の刃」第17話「ひとつのことを極め抜け」を視聴した感想について書きました。

 

善逸メイン回は神回説。

 

善逸って普段はあんなん(どんなん?)だけど、その分本気モードの描写時には

とんでもない破壊力を発揮しますよね…いろんな意味で。

 

じいちゃんの声が千葉繁だったり、善逸の内面に共感しまくったり、作画・演出がすごすぎたりと、今回はホントどうにかなりそうでとても大変でした。

 

目が、目があぁぁぁ。

 

アニメ善逸、ほんと愛されてますよね。

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「鬼滅の刃」第17話の感想でした!

 

アニメ『鬼滅の刃』感想 2019年4月~9月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント