「鬼滅の刃」26話(最終回)感想!表出ろ!炭治郎の必勝コイントス

漫画・アニメ・映画

アニメ「鬼滅の刃」観てますか?

 

鬼滅の刃

 

2クールにわたって放送された「鬼滅の刃」も、今回の第26話をもっていったん終了。

 

寂しい気持ちもあるけれど、次のエピソードは劇場での公開ということが決定してるから大丈夫(たぶん)

 

 

スポンサーリンク

鬼舞辻流! 手下弦泣きリストラ劇場

 

 

たとえ十二鬼月であっても、鬼舞辻の手にかかれば容赦のないリストラが待っているのか…ただし上弦は除く。

 

今回の鬼舞辻は何故か女性の姿に扮していたけれど…悔しいことにこれがかなり美人だった…クソッめちゃ好みや。

 

側に控えていた琵琶を操る鬼は響凱の上位互換的な存在なのでしょうか…かなり大掛かりな空間を操っていましたね。

 

累を除く下弦の鬼たちが一斉に集まる様はなかなか物珍しい反面、一人を覗いてみんなビクビクしていたので、あまり貫禄は感じられませんでした…それだけ鬼舞辻が恐ろしいということなんでしょうけど。

 

肯定も否定も通じず、考えてることも読まれてしまう中、次々と敢行されるリストラ(というか虐殺)。

 

ブラックにも程がある。

 

ただひとり下弦の壱だけが独特な価値観が気に入られてたのが印象的だった…変なヤツでしたけど。

 

結果、増血してもらって無事パワーアップを果たしてましたね。

 

それにしてもおぞましいリストラ劇場だったな…なまじ絵がキレイなもんだから余計こあい。

 

炭治郎も完全にロックオンされてたし、なんだかとても心配になってきた。

 

でもそれ以上に楽しみなんですけどね!(鬼)

 

 

スポンサーリンク

炭治郎が評価されると嬉しい

 

 

蝶屋敷で地道に努力し続けてきた甲斐あって、炭治郎はさらに強くなった。

 

そのことについてしっかりと評価してくれる胡蝶しのぶとお館さまの会話がなんか嬉しかった

 

最終選別での鱗滝さんのときも思ったけど、炭治郎の頑張りが評価されると本当に嬉しい。

 

今では禰豆子のことも認められてるし、あとはもう鬼舞辻討伐に向けてまっすぐ突っ走るしかありませんよね。

 

 

スポンサーリンク

炭治郎が人たらしすぎる

 

 

炭治郎って生粋の人たらしですよね。

 

あのツンケンした態度がきついアオイに対し、素直に礼を述べるだけでなく、「自分の一部」とまで言ってしまう心根が相当ヤバいと思った…惚れてまうやろ。

 

蝶屋敷の三幼女たちに関しては、かなり早い段階でたらしこんでましたしね。

 

久しぶりに登場した同期の剣士に対しては、理不尽にぶつかられながらも快活に挨拶するなど、好印象しかなかった…ガン無視されてましたけど。

 

また、なんだかんだで善逸と伊之助も釣られて訓練に参加するようになってたし、最後は見事にみんなで巨大ひょうたんを破裂させるにまで至っていた。

 

炭治郎は人たらしっぷりがとにかくヤバかった…。

 

 

スポンサーリンク

表出ろ! 炭治郎の必勝コイントス

 

 

炭治郎、カナヲにグイグイいってましたね…グイグイ。

 

お茶取り対決は最終的には10勝10敗でイーブンという結果に終わったものの、コイントスをめぐるカナヲとの勝負は完全に炭治郎の勝利だった。

 

グイグイくる炭治郎に根負けして、久しぶりに喋ったかと思ったら、「さようなら」ばっかり繰り返してて面白かった…。

 

基本的には何もかもがどうでもいい…そんなニヒルなカナヲに対し、炭治郎が空高々と投げたコイントスのシーンは思わず「表出ろ表出ろ」と連呼してしまいました。

 

いつもは感情を表に出さないカナヲがドキドキする様子も新鮮だったなぁ。

 

たまたま一発で「表」が出たものの、炭治郎は「表」が出るまで何度でも繰り返すつもりだったというのですから…炭治郎、なかなか太いですよね。

 

そのことを聞いたときのカナヲの表情がメチャクチャ印象的でした。

 

今後のカナヲに期待ですね。

 

 

スポンサーリンク

お礼は仕事で…これは激励ですよね?

 

 

炭治郎と義勇、那田蜘蛛山やお館様の屋敷で顔を会わせてはいたものの、今回のように落ち着いた状態で話す機会はありませんでした。

 

とりあえず禰豆子の件でお礼が言えてよかったよかった…義勇からは礼は仕事で返せ、となかなか辛辣なお言葉を頂戴してましたけど、これは激励と受け取っていいのかな。

 

義勇さん、天然だから今ひとつ何考えてるのかよくわからないとこあるから。

 

でも今の炭治郎は「全集中・常中」も修得したことだし、お礼を仕事で返す日はそう遠くないと思う。

 

それが、映画なのか第2期なのかはわからないけど。

 

はやく作って欲しいもんです。

 

 

スポンサーリンク

さらば蝶屋敷…新たなる任務が楽しみすぎる

 

 

新たな任務ということで、蝶屋敷を出立するときがついに来てしまいましたね。

 

三人そろって巨大ひょうたんを破裂させる姿は、頼もしくもあり、面白くもあった…何より喜んでくれる三幼女たちの存在もありがたい。

 

三幼女たちが渡してくれたおにぎりをまっさきに食べてしまう伊之助の気の短さは相変わらずだったけど。

 

別れを惜しむ善逸に対し「全然」と明るく否定する三幼女の構図も面白かった。

 

個人的には三幼女たちの激励に終始ほわほわしていた伊之助にホッコリ…もうほわほわを否定しなくなったんだね。

 

次なる任務は列車が舞台、ということで、炭治郎達も列車に乗って追いかけるわけなんですけど…炭治郎と伊之助の会話が田舎もん丸出しで思わず噴いた。

 

汽車は生き物でも守り神でもありません。

 

次は煉獄杏寿郎メインのエピソードか…しかも劇場での上映。

 

新たなる任務が楽しみすぎる。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

アニメ「鬼滅の刃」第26話(最終回)「新たなる任務」を視聴した感想について書きました。

 

今回で第1期は最終回ということなんですけど…実際には、新たなる任務へ向けた新たなる始まりでしかなかった。

 

次のエピソードは劇場で公開予定ということで、炎柱・煉獄杏寿郎が登場するということもあり、もう絶対面白いことが確定しすぎている状況です。

 

それにしてもアニメ「鬼滅の刃」は結果的に全編通して、一切の妥協を感じさせない、とてつもないクオリティの作品に仕上がっていましたね。

 

ジャンプ作品史上、ここまでハイクオリティなアニメ化は私の中ではちょっと記憶にありません。

 

特に第19話に関して言えば、ほんとうに気が狂ってるレベルだと思った(超褒)

 

たぶん、次の映画も気が狂ってるレベルの作品になるに違いない。

 

アニメ「鬼滅の刃」全26話…めちゃくちゃ幸せな半年間でした。

 

本当にありがとう。

 

以上、アニメ「鬼滅の刃」第26話(最終回)の感想でした!

 

アニメ『鬼滅の刃』感想 2019年4月~9月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント