アニメ「鬼滅の刃」15話感想!ほっこり暴走猪の空間識覚が超スゴイ

漫画・アニメ・映画

アニメ「鬼滅の刃」観てますか?

 

鬼滅の刃

 

今回もっとも注目のキャラは嘴平伊之助…例の猪野郎です。

 

不器用な心の動きが妙に印象的でしたよ。

 

 

スポンサーリンク

ほっこり暴走猪

 

 

鼓鬼の屋敷で初登場してからというもの、デンジャラスな言動が絶えない伊之助なんですけど、今回はいつもとは少し違った一面も見せてくれます。

 

藤の家の家紋の家では、ババアから肌触りが気持ちいい浴衣と、衣がついたアレで何とも言えないほっこりした空気を醸し出す。

 

おそらく本人にも理解できない感情が渦巻いているのでしょう。

 

いっしゃん
いっしゃん

つまり、嬉しい

 

けれども伊之助はその嬉しさをどう表現したらいいのかわからないん。

 

伊之助の自己表現の手段といえば…暴力。

 

いっしゃん
いっしゃん

一択です

 

炭治郎の背後から頭突きをかまし、追いかけ回すことでその嬉しさを発散する。

 

新たな指令を受け、屋敷を後にするときには、ババアの清めの切り火に激怒したり、「誇り」や「正しいこと」について炭治郎にしつこく質問するなど、メチャクチャ短気なわりには知的好奇心は旺盛だったりするんですよね。

 

けれども、親切なババアの見送りをしつこく見ながら走り去る伊之助の姿は、不思議と名残惜しそうにも見えました。

 

「腕が鳴るぜ」を「腹がへるぜ」と豪誤するワイルドさも素敵。

 

また目的地の山の中で「ついてきてくれてありがとう」と炭治郎に感謝されたときに、親切なババアの姿が頭をよぎり、「ほわほわ」と惚ける描写が妙にエモかった。

 

今回の伊之助はほっこりと暴走を繰り返す妙な猪と化してたなぁ。

 

 

スポンサーリンク

禰豆子ふあんくらぶ第一号

 

 

炭治郎の「女連れ」疑惑が晴れると、今度は手のひらを返したように禰豆子につきまとうようになった善逸。

 

いっしゃん
いっしゃん

禰豆子ふあんくらぶ第一号誕生

 

禰豆子ちゃんは鱗滝の暗示により「人類皆家族」状態なんですけど、幽霊のようにヌルヌルとつきまとう善逸のキモさはどうも苦手みたい。

 

そんな善逸を兄・炭治郎は身を挺して立ちはだかるも、今度は炭治郎にアピールしだしてもうどうしようもないコイツ。

 

さすが見ず知らずの女性に求婚するだけのことはある。

 

がんばれ、ふあん第一号。

 

 

スポンサーリンク

びっくりするぐらい意思疎通できない雀と弱虫

 

 

炭治郎の鎹烏と違って、鎹雀のチュン太郎は人の言葉を話せない。

 

だけどなぜか炭治郎はチュン太郎と意思疎通ができる。

 

いっしゃん
いっしゃん

長男だから?

 

いっぽう、肝心の善逸はびっくりするぐらいチュン太郎の言ってることがわからない…。

 

人の言葉は話せないけど、理解はできるチュン太郎にとってはかなりストレスフルな気がする。

 

ただ残念なことに、雀と弱虫のディスコミュニケーションは、噛み合わなければ噛み合わないほど面白い。

 

いっしゃん
いっしゃん

残念なことに…(いいぞもっとやれ)

 

 

スポンサーリンク

ふたりの柱・富岡義勇と胡蝶しのぶ

 

 

村田パイセンが応援に来てほしくてたまらないという鬼殺隊の「柱」とは、鬼殺隊の中において一番位の高い剣士のことを指します。

 

今回久しぶりに登場した富岡義勇と初登場の胡蝶しのぶ。

 

この2人は「柱」です。

 

冨岡義勇については、その人柄も強さも第1話でお馴染みだと思うんですけど、もうひとりの初登場となる胡蝶しのぶは…見るからにヤバそう。

 

ニコニコ笑顔で「鬼も人もみんな仲良くすればいい」とのたまう目がもうすでにイっている。

 

鬼以前にとなりの人(義勇)と仲良くできてるのかどうかが心配だわ。

 

そんなメンヘラ女子・しのぶさんのCVをつとめるのは早見沙織さん。

 

義勇の櫻井孝宏といい、アニメ「鬼滅の刃」のキャスティングは本当に妥協を知らないと思う。

 

まさに柱にふさわしい布陣ですね。

 

 

スポンサーリンク

糸…ドフラ○ンゴ?

 

 

今度のターゲットは蜘蛛にちなんだ術を使う鬼の家族。

 

那田蜘蛛山に先んじて入っていた鬼殺隊の剣士たちを蜘蛛糸で操り、同士討ちさせる様には、なぜか心当たりがあるな……ドフラ○ンゴ?

 

糸といえば、炭治郎も水の呼吸と嗅覚を組み合わせることで見える「隙の糸」を思い起こさせるんですけど、今回の場合、鬼の放つ異臭のせいで炭治郎の嗅覚はほとんど役に立たない。

 

優れた聴覚を持つ弱虫善逸は置いてけぼりにしちゃったし、今回の戦いはかなり分が悪い予感がしますね。

 

 

スポンサーリンク

暴れるだけが脳じゃない!漆ノ型・空間識覚

 

今回の伊之助は、ほっこりと暴走を交互に繰り返してる印象が強かったんですけど、終盤の那田蜘蛛山で見せた新しい獣の呼吸が驚くほどにカッコよかった。

 

その名も「漆ノ型・空間識覚」。

 

呼吸を整え、感覚を研ぎ澄まし、集中…伊之助の感知フィールドが広がり、敵の姿を探知する描写が、モノクロームな3D映像と相まって、抜群の臨場感だった。

 

なんというか、野生の勘をそのまま映像化したような迫力がありましたね。

 

アニメ「鬼滅の刃」はこういった技の表現がほんとうにスゴイ。

 

暴れるだけが脳じゃない…伊之助、会心の技ですねコレは。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「鬼滅の刃」第15話「那田蜘蛛山」を視聴した感想について書きました。

 

炭治郎、善逸、伊之助…この三人が揃うと妙にコミカルな展開になりがちなんですけど、実際今回もコミカルな描写が多かったように思います。

 

禰豆子を追いかけ回す善逸や、ホワホワしたり暴走したりする伊之助。

 

そんな彼らに振り回される炭治郎の姿は、やっぱり長男にしか見えなかった。

 

字幕でしか話せないチュン太郎の本当の名が「うこぎ」と判明するなど、今回のアニメならではの悪ふざけがとても楽しかったですね。

 

個人的には伊之助の心の動きに妙に心揺さぶられるものがありました。

 

義勇としのぶの2人の柱も登場したことですし、今回の鬼との戦いはさらに苛烈なものになりそうな予感がしますね。

 

次の話がとても楽しみです。

 

以上、アニメ「鬼滅の刃」第15話の感想でした!

 

アニメ『鬼滅の刃』感想 2019年4月~9月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント