アニメ「手品先輩」2話感想!物理にすら見捨てられた変態手品おばさん

漫画・アニメ・映画

アニメ「手品先輩」観てますか?

 

今回も相変わらず、無自覚にエロを撒き散らし、助手くんと息の合わない攻防を繰り広げていましたね。

 

 

スポンサーリンク

【曲げる先輩】物理に見捨てられケツが死ぬ

 

 

奇術部で活動しているとき以外の先輩は、やはりというかなんというかボッチだった。

 

一人寂しく食堂で「いただきまーす…」と手を合わせる先輩の目が死んでた。

 

だけど、助手を見つけたときのキラッキラした先輩が可愛かった。(涙)

 

カワイイのはいいけど、食事中にLet’s スプーン曲げはよくないよ。

 

いっしゃん
いっしゃん

そういうとこだぞ…ボッチなの…

 

助手くんの「先食いませんか?」を華麗にスルーし、支点、力点、作用点について楽しそうに説明した結果、助手くんのスプーン曲げ、成功。

 

いっぽう、手品先輩には物理にすら見捨てられ、スプーンは曲がらず代わりに飛んだ。

 

しかもその時の拍子に謎の激辛ソースをを倒し、助手くんのカレーを激辛アレンジしてしまう。

 

いっしゃん
いっしゃん

ケツが死ぬレベルで

 

この学校、激辛ソース常備してるんか…。

 

あわあわ手品先輩は、催眠術で誤魔化そうとするも、助手くんに完全に逆手にとられてしまい、結局自分のケツを死なせるハメになってしまった。

 

おとなしくボッチ飯食べてればよかったのに…ほんと迂闊でかわいい先輩だな。

 

 

スポンサーリンク

【非貫通先輩】噛み合わず意味深な二人

 

 

意味深なタイトルに少しドキドキ…はしない。

 

コップにコインを貫通させるマジックを練習してるだけだから。

 

もちろんコイン貫通マジックなど成功するわけもなく、お小遣いの100円玉をあらぬ方向に飛ばす。

 

いっしゃん
いっしゃん

もう少しお金を大切にしよう

 

パンツ丸出しにしてお小遣い回収する姿を助手くんはとにかくガン見…こういうときの助手はまったく躊躇することがないな。

 

100円玉回収後、こりずに再チャレンジするも、またしてもコイン貫通マジック失敗。

 

パンツ丸出しの手品先輩の無防備すぎる行動で、助手くんの脳内はあらぬ方向へと勘違い。

 

いっぽう、手品先輩はコイン貫通マジックの失敗を誤魔化すのに一生懸命。

 

二人の会話は噛み合っているようでまったく噛み合わぬまま、あらぬお互いにあらぬ誤解を与え続ける…。

 

二人の意味深発言にいろいろと考えさせられてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

【責任転嫁先輩】ベヒモス登場!

 

 

相棒第二号として紹介されたのは、スプリングアニマルのベヒモスくん。

 

いっしゃん
いっしゃん

ハトのバハムートには逃げられてしまいましたからね

 

助手くんには「友達がいないからって、とうとうぬいぐるみを友達…」と突っ込まれるも、「ぬいぐるみじゃなくて生きてる」と豪語。

 

いっしゃん
いっしゃん

尚、友達がいないことについては全く否定しない

 

手品先輩、一生懸命にベヒモスくんを動かすも、これがまたヘッタクソで。

 

結局手品先輩の体に擦り付けられただけ…お胸の難所は乗り越えることはできなかった。(意味深)

 

今度はベヒモスくんを使ってカード当てマジックを披露するも、失敗…そしてベヒモスくんに責任転嫁してしまう。

 

挙句の果てには手品先輩にうっかり落とされた挙げ句、踏まれてトドメまで刺されるという…。

 

いっしゃん
いっしゃん

かわいそうなベヒモスくん

 

最後は「おめえのことは一生忘れねぇ!」とニセ慟哭後、荷物になるから部室に置いて帰ってしまった。

 

いっしゃん
いっしゃん

生きてるんじゃなかったのか…?

 

まったく手品できないのに小道具だけはいろいろと持ってるな…もしかして責任転嫁用?

 

 

スポンサーリンク

【ヘタクソ手品おばさん】違う!変態手品おばさんだ!

 

 

奇術の楽しさを子どもたちに広めようとする不審者・手品先輩。

 

いっしゃん
いっしゃん

縄抜けマジック絶賛失敗中

 

案の定、子どもたちからは「ヘタクソ」「インチキ」「つまんない」とけなされた挙げ句、これ失敗したら「ヘタクソ手品おばさんが出る」という噂を流されることが決まった。

 

つまり、正当に評価されていた。

 

偶然通りかかった助手くんはいつものように巻き込まれてしまうんですけど、即席ながらも割と上手にベヒモスくんを操って、子供達からは意外と高評価。

 

いっしゃん
いっしゃん

手品先輩に心のダメージ入った

 

触発された手品先輩は自らヘタクソ手品おばさんの道を選ぶと、奇術「早着替え」に挑戦する。

 

助手くんにだけ事前に種明かしをしたところ、「変態手品おばさん」の称号をゲットしてた。

 

しかし、悲しいかな子供達の関心はすでにゲームのほうへと移行済み。

 

助手くんのゲーム攻略情報にぐいぐい食いついた結果、手品先輩は完全に放置状態に。

 

しかたなしに助手が気を利かせて状況を訪ねたところ、そもそも着替えの服を持ってくるのを忘れたという落ちが待っていた。

 

マント着て、脱ぐだけ脱いで、着替えなし。

 

いっしゃん
いっしゃん

つまり、マントの下はときめきトゥナイト

 

そのまま木陰へと消えていった先輩の最終的な称号は、「マント姿の露出狂」に決定したのでした。

 

 

スポンサーリンク

【本気先輩】詐欺師です

 

 

助手くんが来るまでは、もともと奇術部は手品先輩ひとりだけだった。

 

部員はおらず、顧問もいない……つまり、奇術部は正式な部活ではなかった。

 

手品先輩により監禁&拘束された助手くんは、手品先輩のヘッタクソで雑すぎる説得マジックを受け、奇術部創設に巻き込まれてしまう。

 

いっしゃん
いっしゃん

可愛い顔してやってることはヤ○ザとたいして変わらないんじゃ…

 

いったい何が先輩をそこまで駆り立てるんだろう?

 

スポンジのうさぎフニャフニャにしてしまうくらい手汗かきのくせに。

 

手品先輩は、奇術じゃなくて詐欺師です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「手品先輩」第2話を視聴した感想について書きました。

 

今回も15分の短い時間にギュッと5話分を凝縮していましたけど、相変わらず手品はからっきし出来てませんでしたね。

 

けれども学食での寂しいボッチ姿から、助手を見つけたときのイキイキした表情への変貌っぷりはなかなかいいギャップだったと思います。

 

困ったときは催眠術、ぬいぐるみに責任転嫁、無自覚なエロ言動、詐欺師…。

 

これほどまでに駄目な先輩はなかなかいないんじゃないでしょうか。

 

いっしゃん
いっしゃん

でもそこがいい。

 

15分でサクっと気楽に観られるし、なにより楽しい。

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「手品先輩」第2話の感想でした!

 

アニメ『手品先輩』感想一覧 2019年7月~
  • 第1話
    『未知の先輩』
    『箱入り先輩』
    『呼び出す先輩』
    『ハトと先輩』
  • 第2話
    『曲げる先輩』
    『非貫通先輩』
    『責任転嫁先輩』
    『ヘタクソ手品おばさん』
    『本気先輩』
  • 第3話
    『いやがる先輩』
    『抜き打ち先輩』
    『克服先輩』
    『和装先輩』
    『校外先輩』

コメント