「鬼滅の刃」22話感想!鱗滝の手紙がクソ泣ける!最高な水柱の男達

漫画・アニメ・映画

アニメ「鬼滅の刃」観てますか?

 

鬼滅の刃

 

今回は9人の全柱達とお館様が登場します。

 

久しぶりの鱗滝さんの手紙に注目です。

 

 

スポンサーリンク

柱の個性がクソ強すぎる

 

 

鬼殺隊の柱達がついに登場しましたね~。

 

しかも全員ですよ全員。

 

冨岡 義勇
(とみおか ぎゆう)
水柱
(みずばしら)
櫻井孝宏
胡蝶 しのぶ
(こちょう しのぶ)
蟲柱
(むしばしら)
早見沙織
煉獄 杏寿郎
(れんごく きょうじゅろう)
炎柱
(えんばしら)
日野聡
宇髄 天元
(うずい てんげん)
音柱
(おとばしら)
小西克幸
時透 無一郎
(ときとう むいちろう)
霞柱
(かすみばしら)
河西健吾
甘露寺 蜜璃
(かんろじ みつり)
恋柱
(こいばしら)
花澤香菜
伊黒 小芭内
(いぐろ おばない)
蛇柱
(へびばしら)
鈴村健一
不死川 実弥
(しなずがわ さねみ)
風柱
(かぜばしら)
関智一
悲鳴嶼 行冥
(ひめじま ぎょうめい)
岩柱
(いわばしら)
杉田智和

 

どいつもこいつも個性が強いですよね~。

 

というかキツすぎますよね~。

 

最終選別のときの新人さん達も大概個性的だと思ってましたけど、こと柱になるとこれくらい個性がクソ強くないと生き残れないんですかね~。

 

そしてその強すぎる個性を表現するためには、やっぱり声も大切…ということで柱の声優陣達も超豪華勢揃い。

 

個人的には恋柱・甘露寺を演じる花澤香菜がかなりクリティカルだった。

 

誰彼構わず惚れてまう花澤香菜…いろいろ捗って困る。

 

 

スポンサーリンク

禰豆子をいじめるヤツは石頭を喰らえ

 

 

風柱・不死川…凶悪な面構えに比例するように、その行動も凶悪。

 

「悪・即・斬」ならぬ「鬼・即・斬」。

 

いくら炭治郎達の事情を知らないとはいえ、不死川の禰豆子に対する所業は怒りで震えるものがありました。

 

もちろん、炭治郎もめちゃくちゃ激怒。

 

そりゃそうですよね。

 

十二鬼月だろうが柱だろうが、禰豆子を傷つけるヤツを炭治郎が許すわけがない。

 

許す必要もない。

 

満身創痍で両腕を拘束された状態からの、フライング頭突き…最高でした。

 

義勇もナイスアシスト…さすが柱きっての嫌われ者。

 

というわけで、不死川と炭治郎のファーストインプレッションはお互いに最悪。

 

この二人がお互いを理解し合える時が来るとはとうてい思えない…別にいいけど。

 

炭治郎もなにげに「知性も理性もまったくなさそう」と心の中でディスってたし(笑)

 

 

スポンサーリンク

聡明で公平なお館様がかっこいい

 

 

柱達の個性が強すぎるいっぽう、彼らをまとめるお館様はとても聡明で公平な人物でしたね。

 

柱達も心の底から慕ってるようでしたし。

 

でも、慕ってる割には随分と好き勝手口答えしてる感はありましたが……強すぎる個性って大変。変態。

 

一部を除く柱達は禰豆子を斬首したくて仕方がない。

 

でも、お館様は炭治郎と禰豆子のことを容認しており、柱達にも認めて欲しいと思ってる。

 

なぜなら、炭治郎と禰豆子の二人は鬼舞辻の手がかりへとつながる重要な存在だから。

 

それに禰豆子は鬼だけど、人を襲うことはない…むしろアットホーム家族な可愛い娘。

 

「人を襲わない」証明はできないのと同様、「人を襲う」証明もまたできない。

 

禰豆子の存在を否定するのならば、「否定する側」にもそれ相応の代償を払う覚悟が必要…お館様の言い分はごもっとも、とても的を得ていると思った。

 

なるほど、この聡明さと公平さがあるからこそ、柱達も心から尊敬し、従うのでしょうね。

 

力ではなく、心で導く…お館様、かっこいい。

 

 

スポンサーリンク

鱗滝の手紙がクソ泣ける…最高な水柱の男達

 

 

久しぶりの鱗滝さん…声聞いただけですでに泣きそうだったんですけど、あの手紙の内容はあまりにも反則過ぎた。

 

クソ泣いた。

 

もしも禰豆子が人を襲ったら、竈門炭治郎、鱗滝左近次、冨岡義勇…この三人が腹を斬ってお詫びをする。

 

鱗滝さんと義勇は炭治郎の知らぬところで、己の命を捨てる覚悟を決めていたんですね。

 

手紙が読み上げられる間も、義勇は表情ひとつ変えることなく、ただ無言を貫くのみ。

 

そんな義勇を見てポロポロと涙をこぼす炭治郎の姿が、もう泣けて泣けて仕方なかった。

 

炭治郎と禰豆子…二人を害そうとする者もいれば、命がけで守ろうとする者もいる。

 

水柱の男達は「最高」としか言いようがない。

 

 

スポンサーリンク

証明の対話

 

 

禰豆子は本当に人を襲わないのか?

 

不死川による「証明」手段があまりにも凶悪すぎて、怒りでプルプル震えてしまった。

 

とはいえ、炭治郎達に事情があるように、柱達にも同じく事情があるのも当然。

 

お互いに顔を合わせてまだ間もないわけだから、お互いの事情も良くわからないですし、衝突するのも仕方がないのもよく分かる。

 

かといって、話し合いだけで解決するような性質の問題でもない。

 

だったら証明してみろや! ということで不死川は乱暴な手段に出たわけなんですけど、「やりすぎやろ」感が半端ない。

 

血に反応するかどうかだけ見ればいいだろうに、何度も刀で禰豆子を突き刺すシーンは本当に腹が立った。

 

しかもそのまま「次週へ続く」鬼の引き…。

 

こんなに怒りでモヤモヤしたままの状態で、次週まで我慢できるかどうか自信ないよ。

 

とりあえず、禰豆子が不死川を「ギャフン」と言わせることに期待しつつ、怒りを鎮めるため、お茶でも飲んで早めに寝たいと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「鬼滅の刃」第22話「お館様」を視聴した感想について書きました。

 

今回は鬼殺隊の全柱とお館様登場ということで、これまでとは随分と違った雰囲気のように感じられましたね。

 

個性が強すぎる柱達は、声優達の個性も強く、今後どのような一面を見せてくれるのか、とても楽しみです。

 

それにしても鱗滝さんの手紙はほんと泣けた…大塚芳忠さんの優しい声が心に沁みました…。

 

いっぽう、禰豆子に対する不死川の所業には腸が煮えくり返るような怒りを覚えましたが。

 

頭突き一発ではとうてい足りない…(ムカムカ)

 

兄妹リベンジに期待したいです。

 

以上、アニメ「鬼滅の刃」第22話の感想でした!

 

アニメ『鬼滅の刃』感想 2019年4月~9月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント