「炎炎ノ消防隊」11話感想!紅丸流!最強にド派手な焔ビト鎮魂術!

漫画・アニメ・映画

アニメ「炎炎ノ消防隊」観てますか?

 

炎炎ノ消防隊

 

今回は「第8特殊消防隊結成」ということで、桜備と火縄の出会いが描かれています。

 

そして、新門紅丸がふたたび登場…とくにド派手は鎮魂は必見です。

 

 

スポンサーリンク

第8誕生秘話

 

 

第8は桜備と火縄の二人から始まったんですね。

 

焔ビトと遺族に寄り添うという理念…第8の「消防官の心」の原点…本当に素晴らしいですよね。

 

一般消防士と軍人、という異色のタッグなんですけど、知り合うキッカケは実にシンプルなものでした。

 

火縄中隊長はとにかくスパルタ、という印象が強いものの、亡くなった友人や、桜備大隊長が言うように、その根底にはまっすぐな優しさがある。

 

焔ビト化した友人を撃てなかったのも無理のないことと思いますし、その事を悔いるのもいかにも火縄らしいと思った。

 

そんな火縄が桜備と出会うのはもはや「必然」としか言いようがないと思った。

 

そして桜備は、焔ビトを一匹、二匹で数え、ポイントをつけるような特殊消防官とはまるで違う。

 

おとなしいからポイントが低い? そして放置? ありえない。

 

桜備はそのおとなしい焔ビトが全力で戦っていることを知っている。

 

焔ビトを鎮魂するのにモチベーションなんか関係ない。

 

出会うべくして出会った二人の行動は、まさに第8の精神そのものだった。

 

桜備が火縄のことを「優しい」と言うシーンでは思わず泣きそうになってしまった。

 

第8誕生秘話…いいエピソードでした。

 

 

マキは肉の壁じゃない

 

 

火縄とマキってもともと軍隊の同僚だったんですね。

 

火縄は、マキの努力を評価する一方で、マキの心根の優しさについては軍人に向いてない、と厳しい評価を下していた…ただし、それはあくまでも軍人としてのお話。

 

第8が欲する消防官としては話は別。

 

マキの優しさは第8が求める特殊消防官としては最高の資質とも言えるもの。

 

努力を惜しまず、相手を慮る優しさをもつマキなら、きっと最高の消防官になれるはず。

 

決して「肉の壁」要員ではない…ゴリラサイクロプスには違いないけど。

 

火縄の評価を初めて聞いて、泣いて喜ぶマキの姿がとても印象的でした。

 

よかったね。

 

 

スポンサーリンク

新門紅丸、はやくも再登場

 

 

前回はじめて登場した第7特殊消防隊の大隊長、新門紅丸がはやくも再登場してましたね。

 

愛想が悪く、ぶっきらぼうながらも、浅草では饅頭もらったり、飲みに誘われたりと、住民たちからかなり愛されてる様子が印象的。

 

隊員のヒナタとヒカゲの口の悪さには心底驚いたものの、これは隊長の紅丸の悪影響によるもの…でもババアの饅頭はうまそうに食ってましたね。

 

紅丸の性格をよく把握した上で、直接乗り込む桜備大隊長もなかなか強い…というかいい性格してると思う。

 

皇国と太陽神が大嫌いな紅丸に、さっそく挑発するシンラも強い…いい笑顔してると思う。

 

ただ、紅丸を見てると意外と怒りの沸点はそれほど低くないようにも思えるんですよね……めんどくさい気持ちのほうが勝ってるからなのかな?

 

とはいえ、この時点ではまだまだ紅丸のキャラクター像がよくわかりません。

 

 

スポンサーリンク

紅丸流! 最強にド派手な焔ビト鎮魂術!

 

 

どこであろうと容赦なく起こる人体発火現象…まさか飲みにさそってくれた相手が焔ビト化するなんて…火縄の友人の一件といい、実に無慈悲で理不尽な世界ですよね。

 

さっそく紅丸が出動…ということで、桜備たちを放置して現場へ向かうわけですが、なんともド派手な演出でした。

 

家、破壊しすぎやろ…と思っていたら、町の人たちはヤンヤヤンヤと喝采を上げる始末…まるで祭りでも始まったかのようだった。

 

また、紅丸はみずから炎を発火できる「第三世代能力」に加え、炎を操作できる「第2世代能力」の両方を持ち合わせているという唯一無二の「煉合消防官」。

 

そして「浅草の破壊王」と親しまれる紅丸の鎮魂はとにかく町を壊す、壊す。

 

家は壊れても建て直せるけど、焔ビト化した人はもう元には戻れない。

 

紅丸の破壊行為は焔ビトへの最後の手向けなんですね。

 

焔ビトを一匹、二匹と数えたり、ポイントをつけたりする消防官とはわけが違う。

 

紅丸の鎮魂には間違いなく第8の精神と共通するものがある。

 

もしも自分が焔ビト化したら、紅丸に鎮魂して欲しい…そんな人たちが集まる浅草はある意味、人体発火現象をあえてポジティブに受け入れているようにも思った。

 

最強の消防官による、最強の鎮魂は、浅草に人たちにとって最後の心の拠りどころなのかもしれない。

 

甘いものは苦手、といいつつババアの饅頭を口にする紅丸が最高にかっこよかったです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「炎炎ノ消防隊」第11話「第8特殊消防隊結成」を視聴した感想について書きました。

 

第8特殊消防隊って、桜備大隊長と火縄中隊長の出会いからはじまったんですね。

 

「消防官の心」を持った人材を少しずつ、少しずつ集めて、今の第8に至ったのかと思うと、なんだか感慨深いエピソードだったように思います。

 

特に火縄中隊長の優しさの描き方は心温まるものがありました…帽子のセンスは相変わらず理解不能でしたが。

 

また、今回は最強の消防官、新門紅丸がさっそく再登場ということで、紅丸流のド派手な鎮魂に度肝を抜かれましたね。

 

シンラも誰彼かまわず噛み付くのはちょっと控えたほうがいんじゃないかな…。

 

でも第8と第7は「消防官の心」という点では間違いなく親和性が高いと思われるので、今後仲良くしていくことはできると思う…思いたい。

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「炎炎ノ消防隊」第11話の感想でした!

 

アニメ『炎炎ノ消防隊』感想一覧 2019年7月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント