「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」13話感想!ヴァルカンの新作はリサじゃない

漫画・アニメ・映画

アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」観てますか?

 

炎炎ノ消防隊 弐ノ章

 

今回はジョーカーとバーンズの過去エピソードが興味深い。

 

また、第8に加わる新たな仲間にも注目です。

 

 

スポンサーリンク

バーンズとジョーカー、隻眼の理由

 

 

バーンズとジョーカーが隻眼になった過去エピソードが描かれていましたね。

 

聖陽教の秘密の前に立ちはだかったかに見えたバーンズ大隊長……ジョーカーと一触即発かと思いきや、紅丸の参戦により「戦ってる場合」ではなくなってしまった。

 

バーンズがどこまで本気で相手するつもりだったかはわからない……ジョーカーは紅丸を前を怖気づいたと解釈しているようだった。

 

バーンズは聖陽教の表と裏のつなぎ役だったことから、裏にいたジョーカーとは旧知の仲……当時の若々しい二人のタッグは異色の組み合わせに思えてしまう。

 

アマテラスでの焔ビト大量発生を鎮圧すべく、当時の若い二人で現場へ乗り込むわけですが……二人ともこの時にはまだ両目が揃ってる。

 

そして、様子のおかしい焔ビトが登場したあたりから、突如アドラリンクが発動するんですね。

 

アドラリンクの世界を垣間見た二人は、それぞれ片目が炎に包まれ……気がつくとジョーカーの手にはアドラの燃える石があった。

 

その石、無酸素状態の瓶の中で、いまなお燃え続けているというのですから、驚きです……この現象は寿命がないといわれる焔ビトにもきっと関連してるのでしょう。

 

それにしても、当時のバーンズとジョーカーの関係性は……決して悪いものではなかったようですね。

 

あのジョーカーでさえ「世話」になってたというくらいだし……軽くスピンオフでもやってほしいところです。

 

 

スポンサーリンク

ラフルス一世の妻の手記

 

 

バーンズが見つけたというラフルス一世の妻の日記……その内容は聖陽教だけでなく、東京皇国そのものを根幹から揺るがす衝撃の内容でしたね。

 

250年前の大災害の後、帰ってきたラフルス一世は、見た目こそ本人だけれど、妻からすると性格や仕草、クセの違いから別人のように感じてたらしい。

 

もう、聖陽教、間違いなく「黒」ですよね。

 

本人のなりすましといえば、浅草の大火災の時にも同じような現象が各地で発生していたことから、紅丸はその事について説明するも……ジョーカーはすげなく却下。

 

けれどもバーンズは焔ビトに寿命がないことを知っているので、その可能性についても考慮しているようだった。

 

で、実際のところ、ラフルス一世の正体はヨナだったんですけどね。

 

ということは、ヨナは人間ではなく、異界アドラ出身の高次元の存在なのか。

 

確かに人間離れした容姿をしていましたからね。

 

ラフルス一世の妻の日記……そこに書かれた内容は間違いないく本物のようですね。

 

 

スポンサーリンク

次のターゲットは灰島重工

 

 

聖陽教の調査の次は、灰島重工がターゲット……ということで、ジョーカーは片っ端から調べて回るつもりのようでしたね。

 

ジョーカーの「クソみたいな世界」の真実への探究心は、とどまるところを知らず、次なるターゲットが超巨大企業である灰島重工であることにも、まったく躊躇する様子もない。

 

一方で、紅丸はというと……今頃になってコンロの薬で世話になってるとか言い出す始末……紅丸って考えてるように見えて、まったく考えなしに行動している時、あるよね~。

 

そのあたりについてはバーンズ大隊長がうまく根回ししてくれるとのこと。

 

それだけでなく、今回の聖陽教への襲撃の件も、犠牲者が1人だけ、ということで問題なく処理できるとのことだった……バーンズって清濁合わせ飲むタイプなんですね。

 

でも、今回の一件では、バーンズもまた独自に真実の追求のため独自に調査していたことがわかったので、ある意味バーンズという人物の立ち位置も明らかになり、結果的には良かったように思います。

 

ただし、灰島重工に関しては、バーンズは立場上、手出しすることができないわけで……だから今回のもみ消し工作および手配は、ジョーカーと紅丸へのいい交換条件にもなったことでしょう。

 

 

スポンサーリンク

ヴァルカンの新作はリサじゃない

 

 

第8特殊消防隊にリサが新たに加わりましたね。

 

ヴァルカンから「新作」について聞かされたシンラは、調理室で「新作」を目の当たりにするはずだったのですが……そこにはリサが無言で立っていた。

 

「新作」が頭から離れないシンラは、リサ本人だとは気づかずに……そのおっぱいに手を伸ばしかけ……次は顔に手を伸ばす……シンラもやっぱり男なんだな。

 

リサの逆鱗に触れ、ギリギリのところで事案にはならなかったけど……リサの中のシンラの印象は最底辺まで落ちていた。

 

とはいえ、シンラのウェルカムな対応にはそれなりに照れてはいるようだったけど。

 

また、シンラと同じ過ちを繰り返す者がもうひとり……アイリス、シンラとまったく同じ挙動取ってるやん。

 

しかもおっぱいの先っぽのボタンに興味津々……そういえばヴァルカンの家でもありとあらゆるボタン押しまくってたなこの娘……。

 

結局、ヴァルカンの新作というのは、ちょっとファンキーなただのミキサー……プロテイン入りスムージーをみんなで美味しく頂いてましたね。

 

 

スポンサーリンク

灰島と伝導者

 

 

朝早くから第8を訪れていたコンロ中隊長により、先日の紅丸の聖陽教襲撃の一件が伝わることになるのですが……そこでも話題になったのが、やっぱり灰島重工だった。

 

灰島重工は東京皇国の全労働人口の約70%が働く超大企業……その中から伝導者一派の手がかりを掴む行為はまさに無謀としかいいようがない。

 

ノーテンキなアーサーは事も無げに灰島を調べればいいと豪語するも……シンラの物言いが入り、バカ騎士とバカ悪魔の口喧嘩が始まってしまった……。

 

でもよくよく考えると第8特殊消防隊も灰島の関連組織とも言えるんですよね……実際、彼らが装備している消防服も灰島製のはずですし。

 

おバカなアーサーは灰島への疑惑を自分自身にも向けていた……とりあえずリンゴでも食っとけ。

 

で、実際のところ、灰島と伝導者は思いっきりつながりがある……何せ烈火の焔蟲で覚醒した少年・ナタク孫で絶賛実験中ですからね。

 

ある意味、灰島は聖陽教以上に真っ黒でしょ。

 

 

スポンサーリンク

リヒトが危ない!

 

 

灰島重工の調査にうってつけの人物といえば……第8の科学捜査官のリヒトしかいないわけですが……。

 

リヒトの本来の任務は第8特殊消防隊のスパイ行為と、シンラ・日下部の監視にある。

 

けれども、リヒトはジョーカーと同様、世界の真実を追求するストイックな一面を持っており……今回持ち帰った中華半島での真実を記したリポートは、灰島の上層部を大いに刺激することになってしまった。

 

あのヒバナ大隊長ですら「消されるぞ」と警告するくらいですから……リヒトってかなり肚が座ってますよね。

 

で、実際のところヒバナの警告は当たっており……灰島の社長はシンラを連れてこさせたあとは、リヒトを殺害するよう命令していた。

 

おそらくリヒト自身はそんな事はお見通しだとは思うけれど……リヒト、果たしてどう動く?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」第13話「対の隻眼」を視聴した感想について書きました。

 

今回はジョーカーとバーンズの聖陽教時代の過去エピソードや、バーンズが独自調査で突き止めたラフルス一世の秘密など、興味深い新たな事実が次々と語られていたわけですが……。

 

個人的には、ジョーカーとバーンズ、二人が隻眼になったアドラリンクのエピソードがとりわけ印象的でしたね。

 

また、灰島重工を巡るリヒトの立ち回りも興味深く……今後のリヒトの行動如何で第8の今後の動きも大きく変わりそうな予感がします。

 

次回もとても楽しみです!

 

以上、アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」第13話の感想でした!

 

アニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』感想一覧 2020年7月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

アニメ『炎炎ノ消防隊』感想一覧 2019年7月~12月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント