「炎炎ノ消防隊」4話感想!第5特殊消防隊・プリンセス火華登場!

漫画・アニメ・映画

アニメ「炎炎ノ消防隊」観てますか?

 

炎炎ノ消防隊

 

前回のタマキに引き続き、今回も新たなキャラクターが登場。

 

いつもの高いクオリティを維持しつつ、今回もコミカルかつシリアスに魅せてくれますよ。

 

 

スポンサーリンク

プリンセス火華、登場

 

 

今回は第5特殊消防隊の大隊長、プリンセス火華が初登場しましたね。

 

隊員達により構成された椅子にドンと座り、隊員達を踏みつけながら歩く姿は、プリンセスというよりは女王様に近いかも。

 

火華はシンラやアーサーと同じ第三世代能力者。

 

どのような能力なのかまでは一度見ただけではよくわかりませんでしたが、一瞬にしてシンラを無力化するシーンはかなりインパクトがありましたね。

 

『舐めろ』は少し引きましたけど。

 

火華は第8の桜備隊長と違って、共感できる理念ではなく、その圧倒的な実力で隊員たちを従えているように見えました…「S」と「M」の関係のほうが強いかもしれませんけど。

 

そんな火華が擁する第5特殊消防隊、バックにいるのは灰島重工。

 

灰島重工といえば特殊消防隊の装備のすべてを開発・納入している巨大企業ですね。

 

しかし火華は「しゃべる」焔ビト回収の件では、灰島重工からの指示を無視して、自分の判断を優先…彼女には何か別の思惑があるようです。

 

その点については、桜備隊長と利害が一致するところもあり、人体発火の秘密を解明する、という方向性においてのみ、桜備と火華は案外近いものがあるのかもしれません。

 

またクセが強いのが出てきたな~、というのが正直な感想です。

 

 

スポンサーリンク

灰の正体

 

 

消防官新人大会で乱入してきたジョーカーの一件は、マスコミに取り扱われることなく完全に隠蔽された。

 

いっぽう、ジョーカーが使っていた灰について解析したところ、焔ビトの死体から作られたものであることが判明……なんか某賢者の石を彷彿とさせるものがあるな。

 

桜備は顔にこそ出さなかったけれど、ぎゅっと握りしめられた拳からは強い怒りが感じられましたね。

 

ジョーカーと焔ビトとの関連性や目的については、いまのところまったくの不明。

 

ひとつわかっているのは、シンラの能力に興味をしめしている、ということでしょうか。

 

いずれにせよ、焔ビトの灰をこのように使うのは間違いなく間違っている。

 

 

スポンサーリンク

悠木碧がうぇーいされてた。

 

 

無差別殺人を起こした元消防官の影響により、大学生たちに「うぇーい」された結果、木の上にワッショイワッショイされてしまったまもる君。

 

まもる君、こんな声してるんだ、とふとエンドロールを確認してみたら…CV・悠木碧で驚いた。

 

まるでボイスチェンジャーを通したかのような無機質な声質がとても印象的だったものですから、誰が声当ててるんだろう? とふと気になったんですよね。

 

思わぬ形で風評被害にあってしまった悠木碧、もとい、まもる君。

 

これからも頑張ってほしいところです。

 

 

スポンサーリンク

頼りにはならないけど、愛すべき先輩・マキ

 

 

ゴリラサイクロプスこと筋肉ポニーテールの先輩マキ。

 

無礼な電話対応をするアーサー王の脳天を叩き割る怖い一面はあるものの、事務処理が苦手なシンラとアーサーに気分転換に犬の救助に向かわせるという、市民や後輩への優しい一面もある。

 

しかし、緊急出動の際にはタケヒサにビビって、シンラとアーサー不在の理由を言い出せなくなるヘタレっぷりも披露…かんにんやで。

 

対焔ビト戦では、プスプスコメットさんを蹴殺され、チーン。

 

このままではゴリラサイクロプスの面目丸つぶれ…と思っていたんですけど心配いらなかった。

 

桜備隊長を馬鹿にする第5特殊消防隊隊員・トオル岸理に対しては、怒りで詰め寄るシンラ、アーサーをなだめるフリをして、コークスクリューブローで鎮魂。

 

適切な場面で、適切な暴力を。

 

密かに頷き合うタケヒサとマキの二人に思わずニヤリとしてしまった。

 

頼りにならないこともあるけれど、マキは愛すべき先輩ですね。

 

 

スポンサーリンク

アホの子・アーサーは今日も元気です。

 

 

消防官になった理由は「騎士だから」。

 

答えになってない答えを100%の自信を持って言い切るアーサーは、ほぼ同類のシンラをイラつかせるほどに今日もアホでした。

 

見事な電話対応でマキに頭を割られ不貞腐れたり、犬の救助で事務仕事から解放され喜ぶ姿は、まるで小学生を見ているみたい。

 

元連続殺人犯の焔ビトに対しての怒りのポイントも少しずれてるところが、いかにもアーサーらしい。(むしろ、そこがいい)

 

しかし、その強さは本物。

 

エクスカリバーがなくても、アホの子・アーサーは素手でも強い。

 

裏拳で焔ビトを軽々と吹き飛ばすバカ力。

 

アドラバーストを駆使したシンラのヒーローキックにも、身体能力のみで難なく合わせてしまう。

 

今回はエクスカリバーの出番はなかったけど、純粋な肉弾戦だけでもかなりの強さを見せつけていましたね。

 

ほんと、元気な少年だわ。

 

 

スポンサーリンク

雨ニモマケズ…シンラは怒りに燃える

 

 

今回のシンラは、第5特殊消防隊のプリンセス火華に苦渋を舐めさせるものの、焔ビトや5thエンジェルス3に対しては、持ち前の能力で圧倒的な力を見せつけていました。

 

焔ビト戦では、蹴り上げた車を、空中から蹴り落とすという豪快さを見せつけ焔ビトを圧倒…その姿はまるで悪魔のようだった。(本人はヒーローと主張)

 

5thエンジェルス3には雨の中取り押さえられるも、アドラバーストの圧倒的な火力で3人をはねのけ怒る姿は、これまでのシンラとは明らかに違うものがあった。

 

豪雨の中で見せる炎の描写は、わかり易すぎるほどにシンラの怒りを表していましたね。

 

桜備大隊長の教えが息づいている証でしょうか。

 

今後の成長が楽しみでもあります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「炎炎ノ消防隊」第4話「ヒーローと姫」を視聴した感想について書きました。

 

今回は第5特殊消防隊の大隊長・プリンセス火華の登場ということで、第8特殊消防隊とはまた違った思惑で動く勢力の描写がとても新鮮に感じられました。

 

火華はかなりクセの強そうなキャラクターですけど、彼女には彼女なりの思惑があるようで、個人的にはかなり期待感がありますね。

 

彼女の第三世代能力がどのようなものなのかも気になりますし。

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「炎炎ノ消防隊」第4話の感想でした!

 

アニメ『炎炎ノ消防隊』感想一覧 2019年7月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント