アニメ「炎炎ノ消防隊」13話感想!賢いシンラとおバカなアーサー

漫画・アニメ・映画

アニメ「炎炎ノ消防隊」観てますか?

 

炎炎ノ消防隊

 

今も昔も浅草の混乱はまだまだ続く…今回は久しぶりに活躍するシンラとアーサーに注目です。

 

 

スポンサーリンク

シンラとコンロ、命の価値観

 

 

コンロとシンラ、二人の命に対する価値観は言葉は違えど本質は同じだと思った。

 

コンロにとっての紅丸は自分の命を投げ出すだけの価値がある大事な存在。

 

一方シンラにとっては、命の優劣は関係なく、すべての命が大事だという。

 

もしコンロが命を賭けなければならない場面には、自分を使ってほしい、というシンラのアピールは、おそらく第8全体の意志でもあると思う。

 

みんなを助けるヒーローになりたい…第8自慢のヒーローの言葉はコンロの心を軽くする効果があったんじゃないかな。

 

第7と第8はやっぱりとても相性がいい…そう思います。

 

 

スポンサーリンク

良いバカと悪いバカ

 

 

浅草各地で発生した「見間違い」現象は、伝導者たちによるものだったわけですが、なぜかヒナタとアーサーの二人は即座に偽物を見破っていた。

 

そもそもヒナタと偽ヒカゲによるポカポカとした殴り合い(?)は、本物とか偽物以前にどっちがヒナタでどっちがヒカゲかすらわからなかった…双子だし声も一緒だからね。

 

ヒナタに関しては双子だからこそわかる部分があるんだろうけど、意外だったのはアーサー。

 

偽ヒカゲを「小さなおっさん」と即座に断定していましたからね…とはいえ周りの理解を得る前に幼女に攻撃をしたのはまずかった。

 

まさかの第8でリンチ発生…しかも大隊長ががっしりと羽交い締めにするという…これがチームプレイと言うやつか。

 

ちなみに第8内部においてアーサーは「良いバカ」として認定されていた模様…危うく「悪いバカ」になるところだった。

 

でもなぜ偽ヒカゲを見破ることができたのかは謎のまま…バカにしか働かない第6感的なものがあるのでしょうか?

 

アーサーもけっこう謎が多いな…。

 

 

スポンサーリンク

シンラの分析能力が高い、賢い

 

 

シンラって戦闘時における分析能力が非常に高いですよね。

 

アローの射撃ポイントを的確に把握するだけでなく、次の移動ポイントまで即座に予測…しかも炎の矢の進路を変えることができないことについてもすぐに気づいていた。

 

アローを守るように立ち回るハランとの連携を逆手にとり、アーサーと即席の連携を組むくだりでは少し苦労していたものの、最終的には息もピッタリあっていた。

 

シンラの能力ってどちらかといういと単独行動向きだと思ってたんですけど、意外とリーダー向きなのかも。

 

シンラの強さの秘訣は案外この分析能力の高さに裏打ちされてるのかもしれません。

 

シンラは賢い子なんやねぇ。

 

 

スポンサーリンク

考えずに感じるままに…それでもアーサーは強い

 

 

右と左がわからないバカ・アーサー。

 

いつも早々と思考を放棄して、空っぽの頭で感じるままに行動しているように見えるんですけど…それでもアーサーは強い。

 

純粋な攻撃力という点においてはシンラを凌駕してるんじゃないでしょうか。

 

シンラでさえ進路をそらすことを諦め、マキですらギリギリのところで防いだ「炎の矢」…それがアーサーのエクスカリバーにかかるといともカンタンに撃墜されてましたからね。

 

何も考えてない分、炎の密度が高いのかな。

 

おそらく実力的にはシンラと互角なんでしょうけど…他の隊だったら中隊長クラスに相当する実力くらいはあるんじゃないでしょうか。

 

Don’t think feel…だからこそアーサーは強いんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

鎮魂の作法…桜備の気遣いにリスペクト

 

 

桜備大隊長の第7に対する気遣いっぷりって、逆に尊敬に値すると思う。

 

浅草はあくまでも第7の管轄ということで、何をするにしても常に第7に伺いを立てるし、鎮魂の作法についても十分にわきまえている。

 

紅丸と相対する時もちゃんと原国風に名乗っていましたしね。

 

アポなしで突然押しかけたり、伝導者達の策略のせいで不本意な衝突はあったものの、桜備ってとにかく礼儀正しいんですよね。

 

これもキチンと相手をリスペクトする心を持ってるからこそできること…そんな気遣いができる桜備こそ尊敬するに値する人物だと思います。

 

 

スポンサーリンク

紅丸の優しさ

 

 

登場したばかりのころの紅丸は随分と強面のイメージがあったものの…コンロが話してくれた過去や、町中での住民たちとの触れ合いを見ているうちに、いつの間にか「優しい人」としての印象のほうが強くなってた。

 

実際、焔ビトを鎮魂するときの紅丸って特に優しさが溢れてるというか…自らの手で弔うことにとても強いこだわりを持ってるのはその優しさからなんでしょうね。

 

第2世代と第3世代の能力を併せ持つ「煉合消防官」の紅丸は、本質的には、まったくの能力を持たない「無能力者」桜備にもっとも近い性質を持ってるようにも思う。

 

今回の一件の誤解さえ解ければ、紅丸と桜備は最高の盟友になれるんじゃないでしょうか…オラわくわくすっぞ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「炎炎ノ消防隊」第13話「仕組まれた罠」を視聴した感想について書きました。

 

コンロが話してくれた過去話は、シンラを始めとする第8との新たな絆を紡ぐいいきっかけになってくれた。

 

みんなを守るヒーローになりたい…そんなシンラの純粋な青臭さはコンロの心を随分と軽くしたようですし、第7と第8にとってはいい架け橋になるエピソードだったように思います。

 

伝導者一派が浅草で何を目論んでいるのかは今のところわかりません…幸いなことに今回は第8特殊消防隊が浅草に来てますからね。

 

このように浅草編はまだまだ見せ場が続きそうです。

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「炎炎ノ消防隊」第13話の感想でした!

 

アニメ『炎炎ノ消防隊』感想一覧 2019年7月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント