ハイスコアガールをもっと楽しく!ピコピコ少年で背筋を伸ばして!

アニメ「ハイスコアガール」観てますか?

アニメから原作に入る人も少なからずいらっしゃることと思いますが、実は「ハイスコアガール」には兄弟作品といっても過言ではない作品があるんですよ。

ハイスコアガールでなんともいえない不思議な心地よい「モヤモヤ」感を味わっている人にはうってつけの作品となっています。

今回はそんな押切蓮介のハイスコアガールの兄弟作品(私が勝手にいってるだけですが)について紹介しましょう。

スポンサーリンク

「ピコピコ少年」シリーズ

「ピコピコ少年」シリーズは作者の押切蓮介の子供時代の実体験をマンガにした作品です。

作者と同じ年代を過ごした人にとっては「あるある~!」と言いたくなるようなシチュエーションが多数あり、私なんかは押切蓮介に勝手に親近感を抱いています。

また「ピコピコ少年」は「ハイスコアガール」とも緩やかながらも関連があるのでこれを見逃さないわけにはいきません。

ピコピコ少年

ピコピコ少年

あの頃ゲームがなければ、死んでいたかもしれない。今だから語れる、自伝的ゲーム青春グラフィティ!●ファミコン中毒のきっかけとなった少女との淡い出会い「初恋少年」●ユートピアだったあの駄菓子屋は今?「駄菓子屋少年」●FFⅤ発売を待つ列の先頭での恐怖の一夜「行列少年」●俺のBrand New Heartはどこに?「センチメンタルハート少年」●雨の日に最高に贅沢にプレイする方法「秘密の城少年」……みんな実話です!!(amazonより引用)

ピコピコ少年TURBO

ピコピコ少年TURBO

あの頃、ゲームが宝石に見えた。大好評ノスタルジック青春グラフィティ、待望の新シリーズ登場!/風邪で学校休んだら家でゲームやり放題「病欠少年」/ゲームしすぎて帰り道の交通費がなくなる「出張プレイ少年」/遊園地に男女10人で行ったのに1人ゲームコーナー状態「今日は華のある日だ少年」/因縁のクラス女子とぷよぷよ対決「愛しさと切なさと憎たらしさと少年」/18歳はゲーセン仲間の輪が一人ずつ減っていくお年頃「失楽園少年」……やっぱりみんな実話です!!(amazonより引用)

ピコピコ少年SUPER

ピコピコ少年SUPER

いつだって、ゲームがあった。
大定番ノスタルジック青春グラフィティ、渾身の最新シリーズ完成。

●MMORPGの恋人とリアルで会う恐怖の瞬間「MMO少年」
●今日は俺たちがゲームの主人公になる…!!「川下りだ少年」
●コミケ後はみんなでドリキャス、のはずが…「アウェイ少年」
●ゲームに負けたら好きな人の名前を女子の前で告白「純愛少年」
……そうです、みんな実話です!!(amazonより引用)

「ハイスコアガール」の原点ともいえるような作者の数々のエピソードは、読んでる内にその時代のさまざまな記憶が呼び起こされる、そんな「あるある」な楽しくもほろ苦い話が収録されています。

押切蓮介と同年代に人なら、間違いなくきっと共感できるはず。

この作者はふとした拍子にしか思い出すことが出来ないような「感覚」を切り取って作品にするのことに本当に長けているんだな~といつも感心させれてしまいます。

ゲームにまつわるマンガなら、間違いなく押切蓮介は日本一だと個人的には思います。

猫背を伸ばして

猫背を伸ばして 新装版 (メテオCOMICS)

『ハイスコアガール』『ピコピコ少年』の押切蓮介が、幼少期から現在に至るまでつねに「俺クオリティ」=何をやっても自分ばかりいつも上手くいかないどんくさい日々を独特の虚脱タッチでゆる~く綴った絶品“苦”笑エッセイ。入手困難となっていた旧版(Bbmfマガジン刊)に、押切蓮介史上初となる、自身の恋愛エピソードを赤裸々におっぴろげて語った描き下ろし18Pを追加した 待望の新装版にして、これぞ決定版!!(amazonより引用)

ほんとにここまで描いて大丈夫なの?と見ているほうが少し心配になってしまうくらい、赤裸々にマンガにしてしまっている作品となっています。

これ、私なら絶対に描かないな(というか描けないな)というような、ちょっとあまり思い出したくないような内容のエピソードが収録されているのですが、読んだあとはなぜか清々しい気持ちになれます。

まさに押切蓮介ワールド全開ですね。

まとめ

ハイスコアガールを見て、なんとも言えない不思議な「モヤモヤ」した気持ちになった人におすすめしたい、押切蓮介のコミック作品について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

懐かしのゲーム部分に関しては「ピコピコ少年」シリーズを。

ちょっとした恋愛要素や苦くも懐かしい思い出に関しては「猫背を伸ばして」を。

これらの作品は間違いなく「ハイスコアガール」と密接な関係にある、と読めば納得の内容となっていますので、超おすすめです!

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク