アニメ「からくりサーカス」23話感想!ジョージが最期に見た夢とは

漫画・アニメ・映画

アニメ「からくりサーカス」観てますか?

 

からくりサーカス

 

阿紫花とジョージ、二人のそれぞれの戦いには、どのような決着が待っているのか?

 

そして鳴海達は無事「ハリー」を守り切ることができるのか?

 

というわけで今回は、

 

アニメ「からくりサーカス」
第23話
「悪魔再び」

 

を視聴した感想について書きますね~。

 

 

スポンサーリンク

意外と負けず嫌い!阿紫花の意地の見せどころ

 

 

阿紫花はサハラ砂漠での真夜中のサーカスとの決戦時にパンタローネに「どけ」と言われてどいてしまった。

 

この事は阿紫花の中でずっと燻りつづけていた。

 

退屈は嫌いだけれど、割の合わない仕事はしない。

 

そんな阿紫花にも譲れないものはある。

 

パンタローネは今の阿紫花にとっては絶対に見過ごすことが出来ない相手。

 

今度はどかない。

 

意外と負けず嫌いの阿紫花、今こそ意地の見せどころですね。

 

 

スポンサーリンク

カールは地球大好き!人間嫌い!

 

 

すべてにおいてスペックを上回るカールの高速回転の前に歯が立たずボロボロにされてしまうジョージ。

 

髪の長さ(というか有無?)は違うものの、この二人けっこう似たもの同士だと思うのですが、カールはなぜフェイスレス側についたのか?

 

それは美しい地球が大好きだから。

 

そしてその美しい地球を穢すのはいつも人間。

 

フェイスレスの目的はエレオノール以外のすべての人間の抹殺。

 

あら不思議。

 

目的が一致しましたね。

 

つまりはそういうこと。

 

カールは地球大好き、人間嫌い、という残念なこじらせ系男子だった。

 

声がレイフ・バンハートとおなじ「てらそままさき」というのがまた皮肉ですよね。

 

スポンサーリンク

悪魔(デモン)さ…いや、鳴海は人間さ

 

 

ゾナハ病患者の子供たちを痛めつけるオートマータ達。

 

その時、子供達の前に再び悪魔(デモン)鳴海が現れる。

 

仮面をかぶったデモン鳴海はオートマータ達を次々と屠っていく。

 

仮面を取って「鳴海っす」と笑顔を浮かべる鳴海のギャップがすごい。

 

子供達が怯える中、ミス・ヘレンが「知ってるわ」といってくれたのが嬉しい。

 

鳴海は悪魔なんかじゃない。

 

人間だよ。

 

そのことはレイフ・バンハートも知っている。

 

子供達のためにただ一人本気で怒り、オートマータ達と戦った鳴海の姿は、しろがね嫌いのレイフの心も動かした。

 

そして「ハリー」は完成した。

 

急げ鳴海!

 

ハリーとレイフが待っている!

 

 

スポンサーリンク

阿紫花、一世一代の賭け!そしてエレオノールの命令発動!

 

 

パンタローネの「レ・マン・ヴェール・フォンセ」の前に為す術もない阿紫花、お腹に長ものの刃を刺され絶体絶命のピンチ。

 

殺す前に名前を聞いてくるパンタローネに対し、阿紫花は一世一代の賭けに出る。

 

「女を笑わすこと」という言葉に食いついたパンタローネさん。

 

そこからは入れ食い状態。

 

どこまでもフランシーヌ様を笑わせるという使命に忠実なパンタローネ、私は嫌いじゃないですよ。

 

サハラでジョージの血を飲まされた阿紫花の体内には、オートマータの毒となる血が流れている。

 

言葉巧みにパンタローネを騙し、阿紫花は捨て身でチャンスを掴む!

 

阿紫花の血がたっぷりとついたグリモルディの刃はパンタローネの腕を深々と斬り裂く!

 

こうかはばつぐんだ!

 

しかし、残念ながらパンタローネを完全に仕留めるにはいたらず。

 

死を覚悟した阿紫花にレ・マン・ヴェール・フォンセでとどめを刺そうとするパンタローネでしたが、ここでエレオノールの命令が発動!

 

エレオノール

これ以上、人間を傷つけることは許さない!

 

結果パンタローネの攻撃は阿紫花に当たらず。

 

阿紫花、命拾いしましたね。

 

 

スポンサーリンク

人間・ジョージが最後に見た夢とは

 

 

合理性を重要視するかつての自分そっくりなカールに、ボロボロのジョージはタバコを吸った後、嬉しそうな顔を浮かべてこう言います。

 

ジョージ

私はピアノを弾いてくれと言われたんだ

 

怯える子供達の前でピアノを弾いたことは、ジョージの中でとてつもなく大きなものを残してくれた。

 

子供達に「ピアノをまた弾いてね」と言われたことは、今のジョージにとって何よりも大切なこと。

 

カールを倒して、また子供達のためにピアノを弾く。

 

素晴らしい夢だと思う。

 

そんな夢を持ったジョージの「ボラ・ミステリオサ」はカールの「ヴンダー・クーゲル」の回転数を圧倒する!

 

ジョージ

私は言われたぞ!

あの子達は言ってくれたんだ!

 

リフレインする子供達の拍手。

 

ジョージ

お前には聞こえまい

お前の望む地球にはない

最高のミュージックだ

 

ジョージ、よっぽど嬉しかったんやな…。(涙)

 

ジョージ

さぁ…次は…あの子たちに…何を…弾いて…やろう…

 

阿紫花に看取られながら、空に向かってピアノを弾こうと腕を伸ばすジョージがめちゃくちゃ人間らしくて本当に好きだ。(涙)

 

石化したジョージに話しかける阿紫花の言葉が粋でこれまた泣ける(涙)

 

阿紫花

あんたのそんな悔しそうな面

はじめて見やしたぜ

 

ジョージ、安らかに眠れ。

 

 

スポンサーリンク

ハリーは渡さん!たかが人間かどうか思い知れ!

 

 

ハリーのもとへと駆けつけた鳴海とミンシアが見たものは、ドリルで串刺しにされたレイフ・バンハートだった。

 

「私達の勝ちだ」というレイフの鳴海への信頼感がすごい。

 

ドリル・セプテンバー

たかが人間二匹で俺らに勝とうだと?

 

ドリル・セプテンバーのふざけた言葉に、鳴海から悪魔の如き怒りのオーラがほとばしる。

 

鳴海

たかが人間かどうか思い知れ!

 

鳴海、めちゃくちゃ怒っとる。

 

ハリーは絶対に渡さん。

 

阿紫花とジョージの次はデモン鳴海とギイの出番、というわけですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「からくりサーカス」第23話「悪魔再び」を視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか?

 

パンタローネとの戦いでは阿紫花が命がけで男の意地を見せつけ、カールとの戦いではジョージの人間くささに涙。

 

子供達にまたピアノを弾いてあげたい。

 

そんなジョージの夢はきっと天国で叶うことでしょう。

 

いっしゃん
いっしゃん

そうでなきゃ

やってられん

 

そして「悪魔再び」ということで、仮面を被った鳴海が再び子どもたちの前で大暴れしてましたが、今回の子供達は前ほど怯えてなかった…と信じたい。

 

少なくともミス・ヘレンは喜んでくれたし、レイフは鳴海を信じてる。

 

鳴海の真の「悪魔」っぷりは、ドリル・セプテンバーとブロム・ブロム・ローに見せつけてくれることでしょう。

 

以上、アニメ「からくりサーカス」第23話の感想でした!

 

アニメ『からくりサーカス』感想 2018年10月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント