お散歩ですか?駅のホームで異常なまでに歩くのが遅い人たち

私は日頃からよく電車を利用するのですが、最近とくに気になることがあります。

それは、駅のホームでノロノロと歩く人たちです。

私が言うノロノロと歩く人たちは、お年を召された方や、足の具合が悪い、といった方たちではなく、いたって普通に見える人たちのことです。

見れば見るほど謎なノロノロ歩く人たち。

ときどき本気で散歩しにきてるのかと思うほどです。

というわけで、今回は駅のホームで異常なまでに歩くのが遅い人たちについて書いてみました。

スポンサーリンク

駅のホームで歩きスマホでノロノロ歩く人

最近の駅で一番よく見かけるのが、歩きスマホでノロノロと歩く人たち。

しかも通勤ラッシュの時間帯で。

まわりに人がごった返している中で、歩きスマホでノロノロと歩く人たちは、いったいどのような思考回路をしているのでしょうか?

私は逆に人混みの中でスマホを見ながら歩く勇気など持てないですし、しようとも思いません。

実際に駅のホームで歩きスマホに夢中になっている学生が列車とホームの間に挟まれて死亡しているケースもあります。

スマホを見ながら予測不能な方向にノロノロと歩き続ける、という行為は自らが被害者になる可能性があるだけでなく、逆に加害者になる可能性もあるため、両方の意味で大きな危険をはらんでいます。

いくらこちらが避けても、ぶつかる時はぶつかりますからね。

これはほんとやめて欲しいです。

牛歩戦術で通勤する女性

駅のホームで私の前を歩いているOLらしき女性で、異常なまでに歩くのが遅い人がいたのですが、その速度たるや国会の牛歩戦術といい勝負ができるくらいのスピードだったんですね。

特に体の具合も悪くなさそうですし、歩きスマホをしているわけでもない。

普通に歩いているように見えます。

恐ろしく遅いそのスピードを除けば。

朝のラッシュの時間なので、おそらくは通勤で駅に来ているのでしょうが、その歩みでは会社にたどりつくことは不可能だと思うんだけど。

会社に行きたくないのかな?

集団で広がってノロノロ

集団で広がった状態でノロノロと歩く人たちも時々見かけます。

彼らはたいてい大声でキャッキャと会話しながら歩いていることが多く、その存在感はなかなかのものがあります。

周囲の様子など全く目に入らない彼らは、ある意味駅のホームで最も手強い存在かもしれません。

可能であれば速やかに離れることをおすすめします。

電車に乗り込むときにノロノロ

異常に歩くのが遅い人たちは、電車に乗り込むときもノロノロしてることが多いです。

扉が開いてもなかなか歩き出そうとしませんし、歩いたところでノロノロしています。

そして電車に乗り込んでも奥まで詰めずに、扉付近で立ち止まることが本当に多い。

まるで周りに人なんていないかのような振る舞い。

そう、後ろにいる私は空気のようなものなんです。

一方、となりの列に並んでいた人たちは、どんどんと電車に乗り込み、次々とベストポジションをキープしていきます。

そして後ろに並んでいる人たちからはどんどんとプレッシャーをかけられるハメに。

ノロノロしている本人はどこ吹く風ですから、困ったものです。

ある意味うらやましい性格をしてますよね。

電車から降りるときもノロノロ

彼らは電車から降りるときもノロノロすることを忘れません。

後ろで電車から降りる人がたくさん控えているにもかかわらず、本人はゆっくりと時間をかけて、優雅に電車から降りていきます。

これをされると降りる人が困るだけでなく、次に乗ろうとする人も困るんですよね。

いやほんとに。

改札でもノロノロするよ

ノロノロ歩く人は、改札でももちろんノロノロしちゃいます。

人によっては、改札前に来てから思い出したかのように切符や定期、ICカードを取り出すこともあります。

自分がどこにいるのかもわからなくなってしまったのかもしれませんね。

そんな彼らがどこへ向かおうとしているのか?

もはやここまできたら、後ろをついて行きたいくらいです。

というかノロノロと移動することそのものが目的のように思えてなりません。

つまり目的地がない。

彼らの周りの気にしなさは異常(逆にうらやましくもある)

ノロノロとあるき続ける彼らに共通していえるのは、とにかく周りのことを全く気にしている様子がない、ということです。

それも異常なレベルで。

思わず「自分んチか!」とつっこみたくなるくらいです。

私の場合は駅などの人が多い場所では、歩くルートや速度、位置取りなど、常に周囲を気にしてしまいます。

周りを気にしない彼らの姿を見ていると、逆にうらやましくなってしまうこともあります。

といっても、彼らのように振る舞うのはまず不可能ですが。

まとめ ~自分の心にゆとりがないことが原因~

駅のホームで異常なまでに歩くのが遅い人たちについて書きましたが、いかがだったでしょうか?

時間に余裕がない時や、一刻もはやく自宅に帰りたいときなどに、駅でノロノロと歩く人に遭遇すると、思わずイライラしてしまうことが多いのですが、逆に言うと自分の心にそれだけゆとりがない、ともいえますよね。

歩くのが速い人、遅い人、さまざまな人がいる中で、自分の主張だけを押し通すのは無理がありますしね。

かくいう私もそれほど歩くスピードが速いほうではないので、よく追い抜かされることが多いです。

ノロノロビームを浴びたひとたちにイライラしないために、一番大切なのは「心にゆとりを持つ」ということなのかもしれませんね。

でもいくら「心にゆとり」を持っていても、周りの状況を無視した行動をするのは許されないと私は思います。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク