「とある科学の超電磁砲T」13話感想!万策尽きてからが策!逆転の食蜂操祈

漫画・アニメ・映画

アニメ「とある科学の超電磁砲T」観てますか?

 

とある科学の超電磁砲T

 

今回は三者三様の戦いのうち2つの戦いが決着。

 

黒子と食蜂……二人の捨て身の戦いっぷりに注目です。

 

 

スポンサーリンク

決着! これがジャッジメントですの

 

 

白井黒子と警策看取……二人のレベル4の戦いがついに決着しましたね。

 

それにしても黒子があそこまで苦戦させられることになろうとは…。

 

警策看取のレベル4の能力【リキッドシャドウ】は言うまでもなくすごいんですけど、彼女を本当に強者たらしめている理由はそれだけじゃないんですよね。

 

大会中継用カメラをハッキングする能力に加え、それを活用してリキッドシャドウの弱点である距離的な制約を克服……さらには黒子のテレポーターとしての弱点および心理を的確に読み取るなど、枚挙にいとまがない。

 

スペシャリストでありながらジェネラリストのような高い能力……まるで一人でジャッジメントの業務をこなしてるような印象さえ受けましたね。

 

さすがの黒子もこれはちょっと分が悪い……しかも元々手負いだし。

 

でも黒子には初春という優秀なハッカーと、目のつけどころが時々シャープな佐天がいる……ある意味今回の勝敗を分けた立役者ともいえるでしょう。

 

特に初春……佐天の情報をヒントにして超短時間で中継カメラをハッキングするだけでなく、黒子のダミー映像を合成するなど、そのぽわんとした見た目からは想像できないような仕事をしてのけていた……佐天さん、いっぱいあおいであげて!

 

とはいえ、一番体をはって頑張ったのはやっぱり黒子なんですよね。

 

特に地下で警策を追い詰めたときのあの戦い……個人的には今までの黒子のバトルの中でも上位にランクインすると思う。

 

投擲されたナイフをテレポートせずに掌で受け(痛い!)、掌底からの回し蹴り……最後はテレポートからのドロップキック。

 

あえてテレポートで避けない勇気……黒子からしたらまさに命がけの読みあいだったわけですが……警策にはこれくらい捨て身にならなきゃ勝てないと判断したんだろうなぁ……。

 

結果、黒子の勝利……というよりはジャッジメントの勝利、といったところでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

本当のみーちゃん

 

 

今回の黒子との戦いを通じて、警策看取は決して木原と同類の人間でないということがとてもよくわかりましたね。

 

黒子のフェイク映像を見せられた際には激しく動揺していたし、何より黒子にやられた時に浮かんだドリーの姿がもうすべての答えだったように思う。

 

警策看取……彼女こそ本当の「みーちゃん」だったのか……。

 

彼女が執拗に学園都市を憎む理由がとてもよく腑に落ちた。

 

木原と組んだのはその目的がたまたま合致したからだけだったんですね。

 

ドリーがあれだけ慕うくらいだったから……本来の警策看取はとても優しい心の持ち主であることが察せられますよね。

 

個人的には警策みーちゃんにはこのまま終わってほしくないなぁ……と思わずにいられない。

 

 

スポンサーリンク

万策尽きてからが策! 逆転の食蜂操祈

 

 

万策尽きた食蜂操祈……そこからが彼女の本当の策だったんですね。

 

木原がゲットしたリミッター解除コード……実は自壊コードだった……それこそが食蜂の策。

 

木原には陰謀力で勝てないと悟った食蜂は、多大なリスクを覚悟して、自分で自分にメンタルアウト……リミッター解除コードと自壊コードの認識を入れ替えていたんですね。

 

万策尽きて敗れ、リミッター解除コードを盗み出されることを想定しての捨て身の作戦……これ、思いついても絶対に実行しないヤツですよ。

 

これにはさすがの木原も完全にはめられた……老害が倒れゆく様がなんとも痛快。

 

それに今回の決着は食蜂にとっては一石二鳥……もともと食蜂はエクステリアを維持し続けることのデメリットを苦慮していたわけですからね。

 

リスクを取った甲斐があったというものですよ……とりあえず食蜂が無事でよかった。

 

彼女のこういった行動の原点は突き詰めると彼女本来の優しさにあると思う。

 

御坂妹のバグの心配や、今でも忘れられないドリーとの思い出の日々……彼女は常に誰かのために動いている……美琴に対してはちょっと微妙なところだけど。

 

そんな食蜂だからこそ、今回の逆転劇は生まれたんだと思う。

 

美しい逆転劇をどうもありがとう。

 

 

スポンサーリンク

高次元な御坂美琴が止められない!

 

 

レベル6への進化が進むにあたり、徐々にその姿を変容させていく御坂美琴……もう頭部が宇宙みたくなってしましたね。

 

学園都市第7位のレベル5、削板軍覇ですらもう太刀打ちすることが叶わず、上条当麻も防戦だけで精一杯……。

 

っていうか今回の変容した美琴を見てるとやたらと不安をかきたてられる……あきらかに高次元へとシフトしているように感じられるからかもしれない。

 

幸い、エクステリアが自壊したことにより、エネルギーの供給は終わったものの……己を取り戻した美琴ですら止められないなど、その状況は依然として変わらず。

 

やっぱり最後は上条だよりになっちゃうか……がんばれ上条当麻。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「とある科学の超電磁砲T」第13話「SYSTEM(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」を視聴した感想について書きました。

 

今回は黒子と警策、食蜂と木原の戦いに決着がついていましたね。

 

黒子と警策の戦いでは、黒子の捨て身の攻撃が見ものだった一方で、警策の「みーちゃん」としての過去が垣間見えるなど、とても興味深かったです。

 

そして食蜂と木原の戦いは……食蜂の万策尽きてからの策が見事にハマっていましたね。

 

まさか自らをメンタルアウトするなんて……食蜂のこういう戦い、決して嫌いじゃない……運チには運チなりの戦い方があるのだ。

 

そして残ったのは絶賛レベル6進化中の美琴さん……エクステリア自壊後も暴走が止まらないんですけど。

 

最後の希望は上条当麻のイマジンブレイカーただ一択……これは次回に期待ですね。

 

以上、アニメ「とある科学の超電磁砲T」第13話の感想でした!

 

アニメ『とある科学の超電磁砲T』感想一覧 2020年1月~

コメント