アニメ「からくりサーカス」12話感想!三解のフェイスレスを見よ!

漫画・アニメ・映画

アニメ「からくりサーカス」観てますか?

 

前回の第11話では、しろがね犬のおかげで、ついに真夜中のサーカスの本拠地を突き止めることに成功し、選りすぐりのしろがね達と真夜中のサーカスの決闘がはじまりましたね。

 

中でも異様な存在感を放っていたのが「顔無し」ことフェイスレス司令。

 

バイ=ジン(白金)につづき、古川登志夫さんが演じていて、なんだかとても贅沢な感じ。

 

今回はタイトルも【「顔無し」司令】ということで、フェイスレス司令の活躍が存分に期待できそうです。

 

というわけで、今回はアニメ「からくりサーカス」第12話の感想について書きますね~。

 

 

スポンサーリンク

目指すはフランシーヌ人形

 

 

雑魚のしろがね-Oはオートマータ達にやられはしたものの、鳴海、ミンシア、ファティマの活躍により、序盤の決闘で勝利をおさめた「しろがね」達。

 

「落とされた」先の次のステージで待っていたのはフランシーヌ人形へと続く2つの扉。

 

ただし、本当に続くのはどちらか片方だけ、ということで「しろがね」たちは「フェイスレス班」と「鳴海班」の二手にわかれてフランシーヌ人形を目指すことになります。

 

 

スポンサーリンク

鳴海はやっぱりしろがねが嫌い

 

 

鳴海は今回はじめて別のしろがね達と行動をともにすることになるのですが、基本的に鳴海はしろがね達のことが嫌いです。

 

人間的な感情が欠落し、自らの命を粗末にした戦いを繰り広げた「しろがね-O」や、オートマータを追い詰めるために、ゾナハ病の子供達を尋問するギイやルシールのような「しろがね」たち。

 

そんな「しろがね」達の存在は、人間らしさを人一倍大切にする鳴海にとって、とても腹立たしく感じ、嫌悪の対象として映るようですね。

 

でも今回行動をともにすることになったロッケンフィールドやトーアは、ギイやルシールなどに比べるとまだまだ感情が豊かなように感じられます。

 

しろがねとしての年季が違うからなのかな?

 

一方、しろがね-Oのリィナは、いかにも「しろがね-O」だな~と感じさせる欠落っぷりが逆に心地よく感じられます。

 

鳴海とは合わなそうだわ~。

 

と感じさせておいて、実は意外と噛み合うんだな~これが。

 

みんな鳴海の人間臭さと熱さにやられるがいい。

 

 

スポンサーリンク

ただの変なおっさんじゃなかった!三解のフェイスレス!

 

 

前回の第11話で初登場となったフェイスレス司令は、つかみどころがない不思議なキャラクター、というかただの変なおっさん、という印象が強いかもしれませんが、今回のフェイスレスは一味違います。

 

サングラスを取るとそのキャラクター性が一変し、一気に味方としての頼もしさがアップ!

 

特にリィナが「三解のフェイスレス」について語るシーンにおいてのフェイスレスの活躍はかなりかっこいいものがありますね。

 

多数のオートマータ達を一瞬のうちに「分解」して歯車へと還すフェイスレスの姿は、「しろがね-O」達を束ねるリーダーとしての貫禄十分。

 

また「溶解」で壁を溶かし、自らの体を呈して、巨大なからくりの歯車を停止させる姿は、マンガではじめてみた時も衝撃的でしたが、アニメで動いているところを見ると、改めて衝撃を受けてしまいましたね。

 

私の頭の中にフェイスレス司令がしっかりと刻み込まれたシーンでもあり、からくりサーカスの中においても屈指の名シーンだと思います。

 

「分解」「溶解」ときて残りの一つは?

 

結局わからないままなんですよね~これが。

 

 

スポンサーリンク

阿紫花とジョージ、今回はお笑い担当か

 

 

前回の11話において、めでたく出会った阿紫花とジョージ。

 

ジョージ的には黒賀の里でもらうものをもらったら、阿紫花には用はなかったようですが、阿紫花的には退屈しのぎにちょうどいいってなもんで、ジョージにしっかりとついてくるあたり、阿紫花のおちゃめな一面を感じずにはいられません。

 

ジョージはジョージで、奇しくもゾナハ病に感染してしまった阿紫花に、病気の進行を食い止めるべく、指先の血を間違って阿紫花の鼻につっこんだ後、そのまま今度は口に突っ込むという荒業を披露します。

 

大粒の汗をかく阿紫花の後ろ姿もおもしろい。

 

今回はこの二人、それほど出番は多くはありませんでしたが、お笑い担当としてのお仕事をきっちりと果たしていましたね。

 

 

スポンサーリンク

アルレッキーノとコロンビーヌの声が聞きたい

 

 

今回もやはりハイペースで物語は進み、終盤には最古の四人、そしてフランシーヌ人形の元へとたどりつきます。

 

最古の四人のうち、パンタローネとドットーレについては、すでにいくつかセリフがあったので声を聞けているのですが、アルレッキーノとコロンビーヌの二人については、未だに声を聞けていません。

 

今回も残念ながらセリフがないまま終わってしまったのですが、次の回ではいよいよこの二人の声が聞けるのだろうか?

 

特に楽しみにしてるんですよね、アルレッキーノ(=福山潤)、とコロンビーヌ(=悠木碧)の二人の声。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「からくりサーカス」第12話【「顔無し」司令】を視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか?

 

今回の一番の見どころはタイトルにもある通り、やはりフェイスレス司令でしょうか。

 

メガネを取ったら美人だった!というわけではありませんが、サングラスを取ったフェイスレス司令はちょっと本気モードに入るせいか、普段のひょうきんな喋り口からは想像がつかないようなシャープな動きとかっこよさを見せつけてくれましたね。

 

藤田和日郎先生はこういうキャラクターの立たせ方が本当に秀逸だと思う。

 

もっとやって欲しいと思う。

 

終盤では阿紫花とジョージも真夜中のサーカスに到着したことですし、次回はかなり盛り上がる戦闘回になりそうな予感がします。

 

最古の四人、そしてフランシーヌ人形の言動も気になるところです。

 

以上、アニメ「からくりサーカス」第12話の感想でした!

コメント