「本好きの下剋上」21話感想!マインとロジーナの最適解

漫画・アニメ・映画

アニメ「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」観てますか?

 

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません

 

今回はマインの新たな側仕えとしてロジーナとヴィルマが増員されるお話。

 

マインが試行錯誤しながらロジーナとの最適解へと至る過程に注目です。

 

 

スポンサーリンク

お姉ちゃんは絵本を作りたい

 

 

マインの母エーファが懐妊していましたね。

 

お姉ちゃんになるマインは下の子のために絵本を作ることを決意……そのため絵が描ける側仕えを工面するべく神官長に相談するのですが……神官長は下の子の存在がマインの弱点になるという。

 

マインは以前、家族を守るために神殿長を魔力で殺しかけたことがあり、それ以降神殿長に敵視されている……もしも子供が生まれることを知られたりしたら……きっとろくなことにならない。

 

マインは隠し事が下手ですしね……神官長、よくわかってらっしゃる。

 

それにこの世界での本は貴族しか所有できないくらいとても高価なものだから……はっきりいってプレゼントとしてのハードルはかなり高い。

 

しかもこの世界には「絵本」という概念がまだ根付いておらず……おそらくベンノも黙っちゃいない……多分ゲンコツくらうパターン。

 

けれどもマインの絵本をあげたいという気持ちはとても尊いものだと思う。

 

この新たな目標に向けてマインがどのような行動を起こしていくのか……とても興味深いところですね。

 

 

スポンサーリンク

音楽を嗜むでござる

 

 

この世界では貴族は音楽を嗜むもの……ということマインも例に漏れず音楽の練習をさせられることに。

 

楽器がない、と言い訳すれば楽器が届き、手本を見せて、といえば神官長自ら楽器を弾いて歌って聞かせる……そして音楽を教える側仕えとしてロジーナが新たに付くこととなり、完全に外堀を埋められてしまった。

 

ただ、マインの場合、前世での知識と経験があることから、それなりにアドバンテージはある……これも絵本を作るため。

 

ただし、本を読む時間だけは譲れない…ということで神官長のお手伝いの時間を削るあたり、マインも随分と強かになってきたものですよね。

 

小さなガッツポーズが妙にツボだわ。

 

 

スポンサーリンク

マインとロジーナの最適解

 

 

マインに音楽を教えるため、ロジーナという側仕えが新たに加わったわけですが……彼女の前の主人というのが少々特殊だったようで、さっそく軋轢が生じていた。

 

「働かざる者食うべからず」……マインの元で働く人たちにとって今やしっかりと定着したルールなのですが……ロジーナの中では別のルールがあるんですね。

 

灰色巫女でありながら、まるで貴族のように振る舞い、楽器を弾くこと以外の事を一切しようとしない……そして本人の中ではそれが当たり前だと思ってる。

 

マインも神殿入りしたばかりの頃はこの常識の違いに随分と苦労してきましたからね……それに前回のルッツの家族の件もありましたしね。

 

今回のマインはそれらの経験を活かして、ロジーナ本人だけでなく、周囲の意見にも耳を傾け、お互いの着地点を模索するなど、ある意味神官長以上に柔軟な対応をしていたと思う。

 

また、ロジーナ自身も同じ境遇だったヴィルマからの説得を受け、自らを見つめ直すなど、お互いに少しずつ歩み寄った結果、最適な着地点を見出していた。

 

ここに至るまでの過程はとても地道なものだったけど……アニメでこういったシーンがしっかりと描かれている作品はそんなに多くないと思うんですよね。

 

そしてロジーナからフェシュピールを教わった結果……神官長から及第点をいただくことがかなった……これはもう申し分のない結果といえるんじゃないでしょうか。

 

マインとロジーナの最適解……とても勉強になりました(真面目)

 

 

スポンサーリンク

ヴィルマが男性不信になった理由

 

 

絵本の絵を描くためにマインの側仕えとなったヴィルマ……ロジーナ曰く、彼女はある事をきっかけに男性不信になったとのこと。

 

建前上は孤児たちの面倒を見るため、という理由だったものの、ロジーナの話では過去に青色神官達によって「花捧げ」なるものに連れ出されたことが原因らしい。

 

「花捧げ」……もうこの字面からしてろくでもないことが想像できるな。

 

青色神官ってほんとろくなヤツがいないのな……全員○勢してしまえばいいのに……とくに神殿長とか。

 

孤児達と笑顔で接するヴィルマの姿を見ていると……余計にその思いが強くなる。

 

果たしてマインは彼女の心を解きほぐすことができるのか……その手腕にぜひとも期待したいところです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」第21話「新しい側仕え」を視聴した感想について書きました。

 

今回はマインの新たな側仕えとして、ロジーナとヴィルマの二人が加わったわけですが……各々それなりの事情持ちということで、なかなか一筋縄ではいかない感じでしたね。

 

ロジーナに関してはお互いに納得の行く最適解へとたどり着いたものの……ことヴィルマの件に関しては、なまじ内容がセンシティブなだけに、今のマインを持ってしてもかなり難易度高めと思われる。

 

けれども期待せずにはいられない……とにかく次回が楽しみです。

 

以上、アニメ「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」第21話の感想でした!

 

アニメ『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』感想一覧 2019年10月~12月/2020年4月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント