アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」2話感想!【現代風】蜘蛛の巣マイホーム

漫画・アニメ・映画

アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」観てますか?

 

蜘蛛ですが、なにか?

 

前回の第1話ではこれでもかというくらい、悠木碧がしゃべりまくっていましたね。

 

もちろん今回もしゃべりまくりの戦いまくりの強くなりまくりですよ。

 

 

スポンサーリンク

イジメっ子とイジメられっ子

 

 

蜘蛛子さん、転生前は地竜のフェイにいじめられていたんですね。

 

とはいえこの事については蜘蛛子の記憶の中ではそれほど重要ではなく……どちらかというといじめた側であるフェイのほうに苦い記憶として残っているようだった。

 

フェイの周りの転生者は基本的に「人」でしかも王族や貴族といった上流階級がほぼ大半を占めている。

 

そんな中、フェイだけ人外の地竜であるという状況に、彼女は転生前の自分の行いが原因なんじゃないかと考えているわけですが……。

 

その理屈でいくと蜘蛛子さんはどうなるんだ。

 

彼女は特になにか悪い行いをしたわけでもない……ただのゲーム好きな陰キャなだけ。

 

家庭の事情も複雑なようで、学校だけでなく家でも居場所がなかったらしいし……そんな彼女の転生先が「蜘蛛」とか、あまりにも理不尽すぎる。

 

その点フェイは王子である転生者にぬくぬくと保護されているわけですから、洞窟内でサバイバルを繰り広げている蜘蛛子に比べれば天と地ほどの差があるでしょ。

 

しかも種族が「竜」ですからね……生態系的にも勝ってるやんけ。

 

この両者、果たしてどのような形で出会うことになるのか……個人的にとても気になるところです。

 

 

スポンサーリンク

【現代風】蜘蛛の巣マイホーム

 

 

洞窟内でのサバイバルの中においても蜘蛛子さんのマイペースさはとどまるところを知りませんね。

 

前回の1話目では生き抜くことへの強い渇望を見せていたわけですが……今回は前世では得られなかったくつろぎのマイホームをなんちゃって再現していましたね。

 

水のでない蛇口、何も映らないテレビ……これに一体何の意味があるんだろう?

 

とはいえ、蜘蛛の糸製ベッドに関しては文句なくふかふかだったようで……そこについては純粋に羨ましいと思った。

 

ただそんな安寧のひと時は人間の手で一瞬で終わってしまうのですが。

 

 

スポンサーリンク

もっと強くなれ! 蜘蛛子さん!

 

 

 

スモールレッサータラテクトの蜘蛛子さん……「スモール」で「レッサー」なだけあって、ステータスも「弱い」んですよね。

 

毒ガエルや石化トカゲにはかろうじて勝つには勝つのですが……いつも満身創痍だったりする。

 

レベルアップ時の全快がなければ、いつまでも外傷が残り続けとんでもない姿になっていると思われる。

 

ゲジゲジモンスター相手に蜘蛛の糸での先制攻撃を実践したところ、有効であることを確認するも……ゲジゲジの大群の前には為す術もない。

 

土竜の卵を取り返しに来た人間達相手では逃げることしかできず、悔しい思いをした蜘蛛子はより強くなるべくレベルアップに励むのですが……レベル9の格上大蛇相手に逃げずに挑むのは無謀過ぎると思いましたね。

 

大蛇の腹に毒牙を食い込ませ、どちらが先に力尽きるかの我慢くらべ……蜘蛛子さん、転生前の姿とは裏腹にめちゃくちゃド根性キャラなんですよね。

 

幸い、大蛇との戦いに勝利を収め、その結果レベルは一気に10まで上昇。

 

数え切れないほどのステータスアップを獲得し、さらには「進化」まで果たしてしまう。

 

レッサースモールタラテクトからより上位種であるスモールタラテクトへの進化……果たしてどのような外見へと変わるのか…?

 

そしてどれくらい強くなれるのか?

 

非常に気になるところです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」第2話「マイホーム、炎上?」を視聴した感想について書きました。

 

今回は蜘蛛子の転生前の様子についても少し描かれてましたが……転生前と転生後とではまるで別人(別蜘蛛?)のような印象を強く受けましたね。

 

きっと転生前も心の中ではとてもにぎやかだったのでしょうね。

 

また、元々ゲームに打ち込んでただけあって、レベル上げの大切さをよくご存知でいらっしゃる。

 

蜘蛛子的には今の環境のほうが何かと性に合っているのかもしれませんね。

 

そしてそんな蜘蛛子が次回いよいよ初めての進化を遂げるわけですが……とても楽しみですね。

 

以上、アニメ「蜘蛛ですが、何か?」第2話の感想でした!

 

アニメ『蜘蛛ですが、なにか?』感想一覧 2021年1月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント