スタジオガイナ「トップをねらえ3!」制作決定!今度はノノ帰還か?

2018年9月7日、スタジオガイナから新作オリジナルアニメーション「トップをねらえ3!」を制作することが発表されましたね!

初代「トップをねらえ!」が制作されたのは1988年。

全6話のOVA作品としてリリースされたのですが、発売当時のメディアはなんとVHS。

時代を感じさせられますね~。

2作目の「トップをねらえ2!」は2004年11月~2006年8月にかけて、OVA作品として制作されました。

前作から1万2千年後の世界を描いた作品となっています。

どちらの作品も私にとってとても思い入れが深い作品なのですが、特に初代「トップをねらえ!」の最終話は、私の中ではずっとトップであり続けています。

もう、あれを超えるエンディングに出会える気がしません。

しかし、今回新たに制作が発表された「トップをねらえ3!」。

まさかの新作です。

どんな内容になるのかは皆目見当がつきませんが、とにかく楽しみでなりません。

というわけで、今回は「トップをねらえ3!」がどんな内容の作品となるのか?勝手に予想してみました。

スポンサーリンク

ひょっとして「NeXT GENERATION」?

トップをねらえ!NeXT GENERATION1~最新巻(電撃コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

じつは「トップをねらえ!」には「1」と「2」との間にある「空白の1万2千年」を描く予定だった「NeXT GENERATION」という作品があるんですね。

小説版やコミック版などで作品が発表されたものの、完結することなく半ば企画倒れのような状態のまま現在に至っています。

名目上は完結に向けて再始動中と謳ってはいたのですが、ほぼ放置状態にあり、私もすっかり忘れてました。

ただ、個人的にはこの作品を「3」として扱うには違和感を感じるので、できれば「NeXT GENERATION」は「3」とは別口で進めてほしいと願っています。

ノノが帰還する可能性は?

第1話 お姉さまと呼ばせてください!

「トップをねらえ2!」で多元宇宙の彼方へと姿を消してしまったノノ。

「トップをねらえ!」では1万2千年後の地球へと帰還したノリコとカズミ。

ノリコとカズミはちゃんと帰ってこれたんだから、できればノノにも帰ってきてほしい。

だから、私としてはぜひ「トップをねらえ3!」でノノの帰還を描いてほしい、という淡い期待を抱いてたりします。

だって「1」と「2」のラストでは、ノリコとカズミの帰還を描いてくれたじゃん。

だったら「3」はノノの番じゃん。

と私は思うんですよね。

ノリコとカズミは出てくる?

トップをねらえ! Blu-ray Box

宇宙怪獣との戦いを終え人類を救った英雄、ノリコとカズミ。

この二人は「1」と「2」のラストでそれぞれ帰還するシーンが描かれています。

しかし、地球に降り立ってからの様子は描かれていません。

「1」と「2」はそれぞれ最高のエンディングだったと思うので、特にこの二人の帰還してからの様子については特に描く必要はないのかな?とは思っていました。

しかし「3」が制作されるのであれば、話は別です。

なんとか声優さんが元気なうちに再びノリコとカズミを登場させて欲しい。

回想シーンだけでもいいから。

ダメですかね?

また1万2千年後かな

第6話 果てし無き、流れのはてに・・・

「トップをねらえ!」と「トップをねらえ2!」の間には、約1万2千年という年月が経過しています。

同じノリでいくと、「2」と「3」の間には、また1万2千年という月日が流れる、という可能性もあり得るのではないでしょうか。

あるいは2万4千年、3万6千年、4万8千年とか。(なぜか1万2千年単位)

なにせ「トップをねらえ!」ってスケールが大きいから。

今度は宇宙怪獣サイドか?

宇宙怪獣

「トップをねらえ!」「トップをねらえ2!」においてずっと戦い続けている相手、それが「宇宙怪獣」。

この「宇宙怪獣」についてはまだまだわからないことが多く、いくつか諸説があります。

  • 人類という「バクテリア」を排除するための銀河系の免疫機能=宇宙怪獣
  • 他所の星のトップレスがあがりを迎えなかった姿=宇宙怪獣

もしも後者のような理由から「宇宙怪獣」が誕生するのであれば、「トップをねらえ3!」ではこの「宇宙怪獣」そのものについて描かれる可能性もあるような気がします。

それこそ「宇宙怪獣」側の視点で。

フリクリとのつながりは?

FLCL Blu-ray BOX

「トップをねらえ2!」と別作品である「フリクリ」では、いくつか共通する言葉が出てきます。

フラタニティ

「フリクリ オルタナ」に登場するハルハラ・ハル子は自らを「光域宇宙警察フラタニティの捜査官」と名乗っています。

一方「トップをねらえ2!」における「フラタニティ」はトップレスと呼ばれる能力者達とバスターマシンで宇宙怪獣と戦う組織として描かれています。

エキゾチック

「フリクリ オルタナ」では「エキゾチック反応」として、「トップをねらえ2!」では「エキゾチックマニューバ」として、「エキゾチック」という言葉が共通して登場します。

どのような形でつながりがあるのかはわかりませんが、ひょっとしたら「トップをねらえ3!」で明確な関連性がわかるかもしれませんね。

ただこれについては可能性は薄いと思いますが。

まとめ

スタジオガイナが制作発表した「トップをねらえ3!」がどんな作品になるのかについて、勝手に予想を書きましたが、いかがだったでしょうか?

まさか続編が作られるなどとは予想だにしていなかったものですから、ちょっと混乱しながらも、あれこれと思いを馳せながらどんな作品になるのか好き勝手に予想しちゃいました。

私の中での「トップをねらえ!」シリーズの最重要項目はずばり「エンディング」です。

「1」も「2」もとても印象に残る感動的なラストだったため、「3」でもやっぱりエンディングには期待してしまいますね。

「1」のエンディングに至っては、今だに思い出すだけで鳥肌がたつくらいですから。

「トップをねらえ3!」は、まだどのようなメディアで登場することになるかまでは発表されていません。

個人的には「アニメ映画作品」として劇場公開して欲しいですね。

宇宙怪獣を劇場で観たら間違いなく超ド迫力でしょうから。

ああ~「トップをねらえ3!」楽しみだなぁ~。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク