アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」17話感想!熟練度アップの女性

漫画・アニメ・映画

アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」観てますか?

 

蜘蛛ですが、なにか?

 

今回は魔王アリエルの正体が一部判明したり、シュンたち一行がエルロー大迷宮を探索したり、「熟練度アップ」の中の人が夢の中で登場したりするお話です。

 

 

スポンサーリンク

魔王アリエルはタラテクトの種の頂点

 

 

魔王アリエルは「オリジンタラテクト」という、いわばタラテクト種における頂点の存在だったんですね。

 

アリエルが蜘蛛子を襲撃したのは、マザーからの救援要請を受けたから。

 

基本的にすべてのタラテクトはアリエルの命令には絶対服従……そんな中ひとり言うことを聞かない存在、それが蜘蛛子さんということか。

 

アリエルがタラテクト種である事実は、腹心のバルトですら知らなかった模様……どうやらバルトではアリエルの鑑定はできないらしい。

 

そしてクイーンタラテクトは、魔族の軍団にとっても驚異の存在みたいですね。

 

アリエルは蜘蛛子との出会いを懐かしみ、今は行動をともにする「白」を意味深に振り返る。

 

白=蜘蛛子であることはほぼ確定……あとはどのような経緯で今の関係になったのか?

 

とても興味深いところですね。

 

 

スポンサーリンク

熟練迷宮案内人バスガス

 

 

息子に代わってエルロー大迷宮の案内人を買って出たバスガス……予想していた以上の熟練っぷりを見せていましたね。

 

はやる気持ちを抑えられず「迷宮病」に陥りかけるシュンたちを大人の説得力で説き伏せ。

 

勇者としての責務に押しつぶされそうになっていたシュンの心を、今まで積み重ねた経験をもとに語って聞かせることにより、シュンの心を軽くするだけでなく、決意を新たにさせていた。

 

また、戦闘の際にはシュンたちほどのチートな戦闘力こそないものの、堂々とした立ち回りを見せるなど、冒険者としてもかなり熟練しているように見えた。

 

バスガスの豊富な経験は、若者だけで構成されるシュンたち一行に思わぬ恩恵をもたらしているようだった。

 

バスガス(爆発)っていかにも使い捨てっぽい名前の印象が強かったけど、全然そんなことなかったですね。

 

CV:斧アツシに納得ですよ。

 

 

スポンサーリンク

迷宮の悪夢の奇行

 

 

迷宮の悪夢こと蜘蛛子さんの奇行の数々……思わぬ形でバスガスに知られていましたね。

 

蜘蛛子の第一発見者であるバスガスは、かろうじてその場を生きながらえることができたわけですが……もともと蜘蛛子さんは人間に対して好戦的ではないんですよね。

 

あくまでも歯向かってきた相手を消極的に対処するだけ。

 

そうでない相手には、治癒魔法で怪我を治してしまうこともある。

 

また、地上に出た際にはときどき人助けをしたりもする。

 

迷宮の悪夢はクイーンタラテクトと並び称される恐怖の象徴で、その強さは神話級として語り継がれるほど。

 

この大きすぎるギャップがなんとも蜘蛛子さんらしい魅力でもあるわけですが……まさかバスガスがここまで詳しいとは思わなかった。

 

触らぬ神に祟りなし……蜘蛛子に対するバスガスのスタンスは非常に正しいと言えるでしょう。

 

ただ、そんなスタンスだからこそ、今回シュンがとった悪夢の残滓に対する行動は、看過できるものではなかったんですね。

 

もしも当時、蜘蛛子さんが人間とコミュニケーションを取ることができたなら……今とまったく違う展開になっていたんじゃないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

熟練度アップの女性

 

 

シュンが見た夢の中で、毎度おなじみの「熟練度がアップしました」の女性が登場していましたね。

 

彼女がどういった存在なのかはまったくの不明……エンドロールでもただ「女性」と書かれているのみでしたしね。

 

おそらく彼女は管理者Dとなんらかの関係がある存在なんだと思う。

 

また、ユーリが強く信仰する「神言教」で聞こえるとされる声も彼女のものなのでしょう。

 

彼女がなぜシュンの夢の中に登場したのかはわからない……シュンが転生者だからなのか、それとも勇者だからなのか。

 

一方で、蜘蛛子さんは日頃から彼女の声をよく聞いているけど……彼女の姿を見たことはない。

 

熟練度アップの女性の再登場に期待したいところです。

 

 

スポンサーリンク

チートなフェイ

 

 

光竜へと進化したフェイ……その力は勇者一行の中においても突出したものでしたね。

 

エルロー大迷宮で遭遇した竜は、素早さのステータスが3600もある強さだった。

 

フィリメスやハイリンスたちの攻撃が通用しない中、フェイは人間の姿のまま、素手だけで巨大な竜を殴り飛ばしてた。

 

たぶんこれでも全力じゃないんでしょうね。

 

トドメはシュンが勇者の力を発動させることで面目を保っていましたが……たぶんあのまま方っておいてもフェイなら簡単に片付けていたことでしょう。

 

そして光竜の姿に変身後は、パーティー一行を背中に乗せて、かつてクイーンタラテクトが空けた大穴から地上に脱出してた。

 

今のフェイのステータス……ひょっとするとアラバとかに匹敵するのかもしれない。

 

ただ個人的にはどうも釈然としないんですよね。

 

当時の蜘蛛子さんがあれほど苦労して強くなったのに対し、フェイはただ単純に光竜に生まれ変わっただけですからね。

 

とはいえ、今の状態で両者が戦ったところで、蜘蛛子さんこと白が圧勝することは間違いないでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

アリエルと体担当

 

 

蜘蛛子さんを一撃の元で屠った(つもりの)魔王アリエル。

 

今度はマザー本体を自ら助けにいったところ……絶賛攻撃中の並列意思のうち一人、体担当と鉢合わせていましたね。

 

蜘蛛子はちゃんと始末したはず……じゃあ、この並列意思はいったいなんだ?

 

その意味するところを悟ったアリエルは、蜘蛛子に驚異を覚えるんですね。

 

何よりも、この並列意思による攻撃はマザーだけでなくアリエルをも対象にしてしまっている。

 

いつも余裕の表情を浮かべていたアリエルがはじめて見せる驚愕の表情……どうやら並列意思による第2ラウンドが始まるみたいです。

 

次回がとても楽しみですね。

 

以上、アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」第17話「私、なにしてる?」を視聴した感想でした!

 

アニメ『蜘蛛ですが、なにか?』感想一覧 2021年1月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント