「約束のネバーランド(2期)」4話感想!さよなら地下シェルター

漫画・アニメ・映画

アニメ「約束のネバーランド(2期)」観てますか?

 

EPISODE2

 

今回はとても気になるウィリアム・ミネルヴァからの電話の内容があきらかに。

 

そして楽しく平穏な地下シェルターの日々も終わりを告げることになります。

 

 

スポンサーリンク

ジェイムズ・ラートリーからのメッセージ

 

 

エマ達の脱出に助力していたウィリアム・ミネルヴァというのは偽名で、本名はジェイムズ・ラートリーという人物だったんですね。

 

電話相手のミネルヴァことジェイムズの音声は残念ながら録音されたものだったわけですが、そのメッセージ内容は食用児たちの未来を心から憂うもので、ムジカ達から聞かされた1000年前の約束についても語られていた。

 

今のエマ達には2つの選択肢が用意されている。

 

一つはこのシェルターでずっとこの先も暮らし続けること。

 

そしてもう一つはペンに「FUTURE」と入力することで示される人間達のいる場所を目指すこと。

 

もちろん、エマ達が選んだのは後者。

 

とはいえ、その目的地を目指すためには、農園に残された子供達を助け出す必要があるし、そのためにはまずは今のシェルターである程度生活基盤を築く必要がある。

 

幸いこのシェルターでは自給自足に必要な設備と環境が整っているし、子供達もアップルパイやパンケーキといった嗜好品への健全な欲求も飛び出すなど、心の余裕も出てきてる。

 

ジェイムズ・ラートリーのメッセージはそんなエマ達に希望を抱かせるには十分なものだったように思えましたね。

 

 

スポンサーリンク

ヌルリン実食の巻

 

 

地上での狩りが不調の中、謎のお魚的生物「ヌルリン」を大量に捕獲していましたね。

 

地上に住まうヌルヌルボディを持ったお魚「ヌルリン」は、その特徴から子供達が勝ってに命名した謎多き生物。

 

あまりのヌルヌルっぷりに、捕獲するのに随分と苦労している様子だったわけですが……ダイレクトにカバンに放り込むことでヌルリンの大量捕獲に成功するんですね。

 

ただ、このヌルリン、何分食したことがないため、誰が毒味するのかが目下の問題になっていた。

 

くじ引きの結果ピアノが得意なナットが毒見役として選ばれるも……本人の強い拒絶反応と、ピアノが聞けないのは困る、ということで却下されてた……芸は身を助けるんですね。

 

ということで、ヌルリンの毒味役はトーマとラニオン、レイが志願……毒味というよりは単純に誰よりも早く食べてみたい、というグルメ的好奇心が勝っている印象を受けた。

 

幸いヌルリンに毒はなく……むしろトーマとラニオンはヌルリンの美味しさに辛抱たまらん様子だった。

 

他の子供達も気がつくとすでにパクついており、結果的にヌルリンは美味しい食材としてみんなに受け入れられた感じでしたね。

 

 

スポンサーリンク

農園からの追跡者! さよなら地下シェルター

 

 

ミネルヴァの地下シェルターでの安定した日々は残念ながら長くは続きませんでしたね。

 

突如として起きた爆発音とともに、地下シェルターへと侵入してきた追跡者達……戦闘服に銃を武装した成人男性相手では、さすがのエマ達でも相手どるのは難しく……。

 

アドバンテージがあるとすれば、地下道を遊び場にしていた子供達の土地勘くらい。

 

シェルターの出入り口が2つ、という既成概念に囚われた追跡者達の裏をかき、第3の出入り口から地上への脱出に成功するも……残念ながら地上にも追跡者達が待ち構えており、子供達は囚われる羽目になるんですね。

 

皮肉なことに、そんな状況を打破するきっかけとなったのは巨大鬼の襲撃だった。

 

追跡者達が次々と食べられる中、エマ達はふたたび鬼ごっこを強いられることになってしまうという……外の世界って本当に過酷ですよね。

 

また、エマ達が逃亡した責任で現在のイザベラは幽閉状態にあるわけですが……エマ達をふたたび捕まえ再出荷することを前提に鬼達から「ある条件」をされることにより、どうやらイザベラも復帰を果たす模様。

 

地下シェルターでの安寧な日々から一気に過酷な逃亡者生活が始まってしまいましたね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「約束のネバーランド(2期)」第4話「EPISODE4」を視聴した感想について書きました。

 

ウィリアム・ミネルヴァからの録音メッセージで、次なる目的地の情報は得られたものの……地下シェルターでの平穏な日々は終わりを告げ、再び逃亡者として追われる過酷な日々が再スタートしてしまいましたね。

 

追跡者達に見つかる前に、次の目的地が決まった点については不幸中の幸いだったかも。

 

とはいえ、準備不十分な状態での逃亡生活再開は、子どもたちにとってはなかなか心折れる状況だと思うんですよね。

 

特にお風呂……お湯に浸かるだけで涙が溢れるような生活を送ってきたわけですから……なんともいたたまれない気持ちになりますね。

 

次回がとても気になります。

 

以上、アニメ「約束のネバーランド(2期)」第4話の感想でした!

 

アニメ『約束のネバーランド(2期)』感想 2021年1月~
アニメ『約束のネバーランド』感想 2019年1月~3月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント