アニメ「約束のネバーランド(2期)」5話感想!ノーマン生きてた!

漫画・アニメ・映画

アニメ「約束のネバーランド(2期)」観てますか?

 

EPISODE2

 

今回は地下シェルターを追われたエマ達のその後の生活が描かれています。

 

厳しい鬼の世界での生活と、鬼の街の現状、そして思わぬ人物との思わぬ再会に注目です。

 

 

スポンサーリンク

厳しい生活

 

 

農園の追手に地下シェルターが見つかってから半年、エマ達の生活は厳しいものとなっていましたね。

 

冒頭では鬼達の街の様子が描かれていたのですが、その街では人間の子供と思われる体の各部位が液体に詰められて売られており、鬼達にとっては鳥や豚、牛と同じように人間も食料の一部なんだなぁ、と改めて実感させられましたね。

 

とはいえ、人間は庶民の鬼達にとっても高級食材という位置づけのようで、農園から脱獄したエマ達はその中でも最高級食材に分類されるとのこと。

 

そして今のエマ達は鬼達の街に変装して潜入し、生活に必要なものを手に入れているようだった。

 

それだけ今のエマ達の状況は切迫しているということですよね。

 

実際、エマ達の食料調達は決して順調とはいえず……子どもたちは常に腹をすかせている状況。

 

子どもたちはエマ達を責めることなど一切せず、みんなで分け与えれば大丈夫と健気な笑顔を向けてくれる。

 

けれども今のエマには、そんな子どもたちの優しさによりいっそう責任を感じてしまうんですね。

 

農園の外で生きることの厳しさを改めて実感させられましたね。

 

 

スポンサーリンク

邪血に祈るおじいさん鬼

 

 

エマ達の隠れ家に突如現れたおじいさん鬼にヒヤヒヤさせられましたね。

 

おじいさん鬼は盲目のため杖をついて歩いてきたわけですが……鬼にとって人間の匂いは強い食欲を掻き立てるんですね。

 

おじいさん鬼が鼻を引くつかせるたびにヒヤヒヤした……エマ達の匂い対策が功を奏したのか、あるいはおじいさんの鼻があまり効かなくなっていたのか、エマ達の存在は認識しつつも、幸い人間であることには気づかれることはなかった。

 

おじいさん鬼は邪血の鬼の像にお供えの果物を持ってきただけ。

 

あとは黙ってやり過ごすだけだったのですが……目が不自由なおじいさん鬼は果物を取りこぼしてしまう。

 

エマはつい無意識にお手伝いをしてしまうのですが……その都度、鬼が鼻を引くつかせるもんだから、見ていて気が気じゃないんですよね。

 

結果的には気づかれることはなかったけれど……エマはもう少し自分の行動の危険性を自覚するべきだと思う。

 

けれども、この優しさはエマの得難い美点でもあるわけで……今回は日頃の行いのよさが幸いしたのかもしれない。

 

結局のところ、鬼は人間を食う、という点さえ除けば、人間と同じように家族のことを大切に思う似たもの同士なんですよね。

 

今回の一件はその事実を知るいいきっかけになったように思います。

 

 

スポンサーリンク

鬼にとっての人間の本当の価値

 

 

今回は人間の肉を買い求める二人の鬼が登場していましたが……彼らの家族は鬼としての原型をトドメていられない病気にかかっているようでしたね。

 

鬼にとっての最上級食材は間違いなく人間ではあるものの……彼らは決して人間だけを食しているわけじゃないんですね。

 

街の露天には人間以外の食材も多数ならび、逆に人間を取り扱っている店舗のほうが少ない様子だった。

 

ただ、鬼にとって人間は美味な食材というだけでなく、鬼という種の原型を留めるために必要不可欠なものでもあるんですね。

 

もしも原型を留めることができなければ……今回の鬼の家族のように変形、もしくは野良と化す。

 

そして街の鬼たちの様子を見る限り、彼らも決して裕福な暮らしをしているというわけでもなさそう……。

 

やっぱりこの鬼の世界では人間はあくまでも食糧でしかありえない……そう実感させられるエピソードだったように思います。

 

 

スポンサーリンク

ノーマン生きてた!

 

 

ノーマンの登場には驚かされましたね。

 

街中で鬼に見つかり、エマとレイが囮となって逃走劇を繰り広げていたわけですが……幸い二人組の鬼はそれほど身体能力が高いわけじゃなく、農園で鍛えた二人の脚力と頭脳を前には歯が立たない様子だった。

 

ただ、他の子供達は見知らぬ鬼達によってどこかへと誘導された節があり……そしてエマ達もまたその仲間と思しき鬼たちの一行に取り囲まれてしまうんですね。

 

そんな中、撒いたはずの二人組の鬼が横取りするなと横やりするも……二人の鬼は切り捨てられてしまうという……同じ鬼によって。

 

そして鬼と思われていた相手……その正体は出荷されたはずのノーマンだった。

 

ノーマン、いつかは出てくるだろうと思ってたけど……まさかこんなに早く再会することになるなんて。

 

ノーマンがどのような経緯で今の場所にいるのかはわからないけど……この再会は非常に心強いですよね。

 

なんだか物語が一気に加速した感あるな……次回がとても楽しみです。

 

以上、アニメ「約束のネバーランド(2期)」第5話「EPISODE5」を視聴した感想でした!

 

アニメ『約束のネバーランド(2期)』感想 2021年1月~
アニメ『約束のネバーランド』感想 2019年1月~3月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント