「ソマリと森の神様」5話感想!ウゾイとハイトラと人間の血

漫画・アニメ・映画

アニメ「ソマリと森の神様」観てますか?

 

ソマリと森の神様

 

今回は、お世話になったアリの穴街のキキーラたちとお別れし、いよいよオオスナ砂漠へと入ってきます。

 

そこで出会ったウゾイとハイトラと一緒に旅をすることになるんですけど……はやくもソマリが危険で危ない。

 

助けてっゴーレムお父さん。

 

 

スポンサーリンク

キキーラとの別れ

 

 

いろいろとお世話になったキキーラたちとのお別れがなんとも寂しかったですね。

 

といってもソマリは案外平気そうでしたけど……キキーラがあんだけ泣きじゃくってるというのに(笑)

 

ソマリ的にはお父さんと一緒にさえいられれば満足なのかな……せめてもう少し別れを惜しんであげてほしかったところです。

 

でもソマリが別れを惜しんで泣きじゃくってる姿は正直あまり見たくないかも……前回も見ててツラかったし。

 

それに生きていれば、きっとまた会える……それまでずっと友達でいて欲しいと願わずにはいられませんでした。

 

ただ、ゴーレムとしてはムスリカの忠告の一件もあり、その胸中はかなり複雑なものはあるでしょうね…。

 

 

スポンサーリンク

砂漠は暑いよ、お父さん

 

 

ソマリとゴーレムはいよいよオオスナ砂漠へと足を踏み入れるわけですが……砂漠のあまりの暑さにソマリがずいぶんと参ってましたね。

 

ソマリは冷たい水を所望するも、持ってる水はとてもぬるく、オオスナ砂漠の暑さは幼いソマリにはかなり堪える様子だった。

 

けれども、立ち寄った街で冷たい水を飲めたときには「いきかえる~」と大げさな表現をしてゴーレムから冷静にツッコまれていましたね……ソマリってこういうとこ、あるよね。

 

この世界では冷たいものを長時間保管する技術がないようなので、オオスナ砂漠での旅はソマリにとってはかなりキツイものになりそうな予感がします。

 

ちょっと心配ではあるけれど……その都度「ぷはーいきかえるー」を聞かせてくれる分にはやぶさかではない(鬼)

 

 

スポンサーリンク

ウゾイとハイトラ

 

 

今回は新たな旅の道連れとして、ウゾイ(CV:早見沙織)とハイトラ(CV:小野友樹)が登場していましたね。

 

ウゾイはハラピュイア族の娘、ハイトラはファルコホル族との説明でしたが……ハイトラに関してはどうやらソマリと同じ人間らしい…秘密だけど。

 

最初はラスト1個のアイスクリームを巡って、幼いソマリと大人げないウゾイによるお子様バトルの様相を呈していたけれど……どっちも可愛かったからなんか途中からどうでもよくなってきた。

 

結局最後はソマリがアイスを食べることになってたので、おそらくウゾイもソマリの可愛さに気づいたんだと思う……と思うことにした。

 

ウゾイたちの旅の目的は、ハイトラの病を治す薬を探すこと。

 

けれども、病弱なハイトラと非力なウゾイの二人では、荷物の積み下ろしがとても大変……ということで、ソマリとゴーレムも砂漠越えの間一緒の荷馬車にて同行することになるんですね。

 

ソマリ達とは立場は違えど、この二人にはどこかシンパシーを感じるものがある……だからといってそれが必ずしも利害が一致するとは限らない。

 

とはいえ、旅の道中では、ソマリとウゾイはそれぞれお父さん大好き、ハイトラ大好きをアピールしあっておそろいな様子を見せるなど、それなりに仲は良さそうに見えたなぁ…。

 

ただし、好奇心旺盛なソマリの質問攻めにはいくらか辟易していたけど。

 

裏の意図があるウゾイ達との旅は多少の緊張感をはらみつつも、とりあえずは順調に進んでいるように見えました。

 

 

スポンサーリンク

人間の血

 

 

ウゾイが人間の血を求めてソマリに襲いかかっていましたね。

 

ハイトラは表向きは鳥の頭を持つファルコホル族となってるけど、実はソマリと同じ人間なんですね……そして隠した顔からはウゾイと同じような羽が生えている。

 

そして羽まじりの吐血をする姿から、かなりの難病に侵されている可能性が高い。

 

そんなハイトラの病気を治すため……ウゾイが求めていたもの…それは「人間の血」だったんですね。

 

でも「人間の血」だけなら、事情を話してソマリから少し分けてもらえば済みそうな気がするんですけど……どうやらそうでもないようで。

 

大好きなハイトラのために…ウゾイは葛藤する心を押し殺して、ソマリに襲いかかるんですね。

 

これまではなんだかんだでソマリの周りには、幸いなことにとてもいい人達ばかりが集まっていたけれど……今回のウゾイの一件……ソマリに暗い影を落とすことにならないか……とても心配ですね。

 

また、ハイトラの今に至る経緯についても気になるところ……真意を知ったゴーレムお父さんがどのような判断を下すのか……興味深いところですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「ソマリと森の神様」第5話「揺蕩いの鳥」を視聴した感想について書きました。

 

アリの穴街のキキーラ達とお別れし、いよいよオオスナ砂漠へと突入したソマリとゴーレム……今回新たに出会ったウゾイとハイトラの二人はこれまでに出会った人たちと違って、かなり特殊な事情を持っているようでしたね。

 

事情の特殊具合からいったら、はっきり言ってソマリとゴーレムのほうが上かもしれないけれど……今回の出会いは、ソマリとゴーレムの今後の旅を大きく左右しそうな気がしてなりません。

 

次回がとても気になります。

 

以上、アニメ「ソマリと森の神様」第5話の感想でした!

 

アニメ『ソマリと森の神様』感想一覧 2020年1月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント