「ソマリと森の神様」12話(最終回)感想!永遠の親子に涙

漫画・アニメ・映画

アニメ「ソマリと森の神様」観てますか?

 

ソマリと森の神様

 

今回は最終兵器お父さんが超暴走……正直かなりヤバいです。

 

ソマリとゴーレムの旅はこれからも続くのか? ……必見の最終回です。

 

 

スポンサーリンク

最終兵器お父さん

 

 

制御を失ったゴーレムお父さんの最終兵器っぷりがヤバかったですね。

 

ケーキのごとくソマリをバラバラに解体しようとする人狩り達に対し、暴走状態と化したゴーレムお父さんが容赦なく反撃に転じるわけですが……一歩間違えばソマリをも傷つけかねない暴れっぷり。

 

恐れをなした人狩り達はそのヤバさに一斉に逃げ出すものの、主犯格であるローザおばさんは逃げ切ることがかなわず……ガクガク震えながら反省の弁を述べるももう遅いわ!

 

間一髪のところで、追いついたヤバシラが体を張ってゴーレムを止めようとするも、最終兵器お父さんにめちゃくちゃぶっ飛ばされていた……ええ~ヤバシラに暴力ふるっちゃダメでしょう。

 

とはいえ、今のお父さんはそんな呑気な状態ではなく……最終的にお父さんの前に立ちはだかったのはやっぱりソマリちゃんだった。

 

はっきりいって、最終兵器なゴーレム父さんはソマリでさえも怖がるレベル……けれどもソマリはそんな事以上にお父さんのことを信じている。

 

そしていつものようにお父さんは撫でてくれると強く強く信じた結果、ゴーレムはソマリの頭を撫で、ようやく自我を取り戻してた。

 

それにしても、人狩り達の襲撃でまさかここまで恐ろしい事態を引き起こすことになろうとは……ゴーレム父さんのダメージを見る限りでは、今後の旅に支障をきたしまくること間違いなしですよ。

 

個人的には人狩り達にきっちりと落とし前をつけて欲しいところでしたが……おそらくはそのまま何もすることなく解放したと思われる。

 

とはいえ、今はそんな些細なことよりも、ゴーレム父さんの状態の確認とソマリの精神的なケアが重要……つくづくシズノとヤバシラが同行してくれていて本当に良かったと改めて実感しました。

 

 

スポンサーリンク

残された活動時間…不明

 

 

今回の暴走によるダメージはゴーレム自身でさえも正確に把握しきれず……残された活動時間についてもとうとう計算できなくなってしまった。

 

それに、今回のような制御不能状態に陥ってしまった場合、ソマリを守るどころか傷つける恐れすらある……こんな状態ではソマリを人間達のもとへと送り届けることなど到底できない。

 

そんなゴーレムの悩みを唯一知るのはシズノだけなのですが……二人の会話の様子を見ていると胸が締め付けられるような息苦しさを感じてしまう。

 

おそらくゴーレムのあとはシズノが引き継いでくれることになってるんだろうけど……そんな未来、悲しすぎて寂しすぎてとてもじゃないけど想像できない。

 

今回の人狩り事件の代償はとてつもなく高くついてしまったなぁ……しばらく柴田理恵を冷静に見ることができないかもしれない(風評被害)

 

 

スポンサーリンク

ソマリを甘やかせ!

 

 

新しくたどり着いた町はちょうど収穫祭の真っ只中……ということで、それに便乗刷る形でゴーレムお父さんがソマリを甘やかしていましたね。

 

特に食べてもののこととなると冷静さを欠くソマリちゃん……夕食の際にはシズノと一緒に姉妹よろしく魚をパクパクぱくつきすぎて喉を詰まらせそうになるなど、なかなかに危なっかしい感じだった。

 

でも収穫祭の際には、ソマリが欲しがる食べ物を次々と買い与え、ソマリ自身から「過保護だぞ」と申告を受けるほどの甘やかしっぷり……。

 

とはいえ、ソマリもそんな過保護な状況にまんまと乗っかって、満面の笑みを浮かべて楽しそうにするもんだから、もう空気が甘々の甘々状態……ソマリかわいい。

 

ただ、こういういつもと違う行動を見てると、別れの予感に寂しさを感じさせられてしまうものがあるなぁ…。

 

 

スポンサーリンク

悲しすぎる選択

 

 

ゴーレム父さんの下した選択がなんとも悲しかったですね。

 

シズノだけは事情を聞かされていたので、即座に状況を察していたけど……楽しい祭りの真っ只中に姿を消されてしまうのはあまりにも酷なんじゃないでしょうか。

 

シズノとヤバシラの会話がまともに聞き取れなくなる演出……痛いほどにソマリの混乱している様子が伝わってきましたね。

 

もちろんソマリは全力でお父さんを探しに追いかけるわけですが……お父さんのたどり着いた先に広がる湖の光景がもうアカン……こんな選択寂しすぎるわ(泣)

 

とはいえ、ゴーレム父さんにとってはこれが最善の選択であることは間違いない……ただし自らの「気持ち」を考慮しなければ、ですが。

 

あまりの急展開に見ているこっちの感情も追いつかず……ただただソマリ同様、混乱するばかりでした。

 

 

スポンサーリンク

永遠の親子に涙

 

 

ソマリとゴーレムお父さん……二人の会話にとても胸を打たれるものがありました。

 

ソマリは途中諦めそうになりながらも、お父さんからもらった組紐を見て、再び走り出し、ついにゴーレムお父さんのもとへと追いつくんですね。

 

ゴーレム父さんはソマリに近づくなと制止をするも……そこからのソマリの言葉の数々がゴーレム並びに視聴者の心を激しく揺さぶる。

 

今までゴーレムお父さんがソマリにしてくれた数々のことを、ソマリはひとつひとつ丁寧に一生懸命話していくわけですが……このシーン、今までの旅の様子をずっと見てきた私にはたまらないものがありましたね。

 

ゴーレム父さんも最初は自分に感情はない、としながらも、ソマリの話を聞く内に自分の中にある感情について自覚していくんですね……そして初めて流すであろうゴーレムの涙。

 

ついにゴーレムは自らの感情を素直に認め、以前は果たせないと思っていた約束をしっかりと結び直すんですね。

 

そんな気持ちを町では否定していた「魂」という言葉を使って表す様子は、ただただ胸が熱くなるばかり……ソマリの泣き顔が笑顔に変わる瞬間もまたたまらなく愛おしい。

 

一分でも一秒でも……そしてたとえゴーレム父さんが動かなくなっても……きっとその「魂」はソマリとともに永遠にありつづけるのでしょうね。

 

森の神様からソマリの父へ……永遠の親子の物語、とにかく最高でした。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「ソマリと森の神様」第12話(最終回)「心繋ぎ合う親子」を視聴した感想について書きました。

 

人狩り達からソマリを守るためにとんでもない姿となって暴走したゴーレムお父さん……そのときのダメージは予想以上に大きいもので、ソマリとの旅を断念せざるを得ないほどに、ゴーレムに苦悩をもたらしたわけですが…。

 

結果的には、ソマリとさらに深い親子の絆を結ぶこととなり、ソマリとゴーレム父さんの旅は続行……シズノとヤバシラという心強い旅の仲間の助けもあって、親子の旅はまだまだこれからも続いていく……そんなステキな締めくくりに思わず安堵のため息が漏れました。

 

第2期が制作されるのかどうかはわかりませんが、ぜひともこのステキな親子の物語の続きを見たいものですね。

 

以上、アニメ「ソマリと森の神様」第12話(最終回)の感想でした!

 

アニメ『ソマリと森の神様』感想一覧 2020年1月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント