アニメ「呪術廻戦」15話感想!虎杖vs東堂!究極の肉弾戦

漫画・アニメ・映画

アニメ「呪術廻戦」観てますか?

 

呪術廻戦

 

今回はいよいよ交流会開始。

 

東堂の化け物じみた戦いっぷりと、虎杖暗殺をめぐる京都校と東京校のせめぎあいに注目です。

 

 

スポンサーリンク

交流会、ぐっだぐだスタート

 

 

いよいよ東京校と京都校の交流会がはじまりましたね……歌姫さんのぐっだぐだなスピーチで。

 

本来ならば特級呪術師の五条が宣言するのが筋なんでしょうけど、一応は弱くても先輩ということで歌姫の顔を立てたのか、あるいはただの悪ふざけか。

 

五条のことだからきっと後者に違いない。

 

そんなめちゃくちゃな後輩に無茶振りされた歌姫さん……とっさのアドリブの弱さが露呈し、開会のスピーチはぐだぐだのぐっだぐだになってましたね。

 

この人こんなんで本当に担任務まってんのか?

 

でも個人的には五条と歌姫の組み合わせは、面白い空気が流れていてとても気に入っているんですよね。

 

できれば交流会の間はずっとこの二人が同室にいればいいなぁ、と思ってる。

 

そしてぐっだぐだなスタートを余儀なくされた両校の生徒達は……京都校はリアクションが薄くてあまり面白みはなかったものの……東京校は釘崎をはじめとする生徒達が少し残念そうな顔をしているのが妙に草生えた。

 

 

スポンサーリンク

東堂葵という男

 

 

東堂って保守派の京都校の中においてもかなり異質な存在のようですね。

 

保守派筆頭の学長による虎杖暗殺指令よりも、アイドルの高田ちゃんのリアタイ視聴を優先し。

 

交流会本番では他の生徒達とは連携を一切取らず、虎杖暗殺を巡っては逆に京都校を抑止していた。

 

それに何より、虎杖の女性の好みが「タッパとケツがデカイ女」で東堂のソレと完全一致したところ……なぜか謎の妄想シーンがそれなりの尺で展開され……気がつくと虎杖を親友と呼ぶまでに至ってた。

 

それまでは全力で虎杖をボコスカぶん殴ってたくせに……この男、思考回路がよくわからん。

 

そして親友という割には手加減は一切加えないという……東堂と親友でいるためには常に東堂以上に強くあらねばならんのか。

 

それにしても東堂、想像以上にフィジカル強いですね。

 

1級呪霊を術式なし祓えるだけのことはある。

 

伏黒いわく、肉弾戦においては虎杖が最強、とかいっていたけど……東堂との戦いっぷりを見る限りでは決してそうでもなさそうですよね。

 

反対に、東堂からするとパワーは虎杖のほうが上とのことらしい……確かに体の大きさの比率を考えるとパワー密度は虎杖のほうが確かに高いように思える。

 

ただ、虎杖の場合、まだまだ呪力の扱いが未熟なこともあり、東堂としてはそれが気に食わなかったりもする。

 

特に強くダメ出しされたのが時間差でダメージが遅れてくる「逕庭拳」

 

どうやら東堂のいうところの親友は現状に満足することが許されないらしい。

 

そしてもっと強くなりたい、と願う虎杖にとって、この東堂のダメ出しはプラス方向に作用することになるんですね。

 

東堂葵という男……今回の展開を見る限りでは、虎杖個人との相性はかなり良さそうな感じではありますね。

 

 

スポンサーリンク

虎杖暗殺? 東京校も黙ってないぞ

 

 

京都校の虎杖暗殺は幸い未遂に終わったものの……その動きをいち早く察知した伏黒をはじめとする東京校も決して黙ってはいなかった。

 

ふだんはあまり感情を覗かせず一見無気力に見える伏黒は、虎杖暗殺を察知してからは一転して険しい顔を覗かせていた。

 

東京校のリーダー格である真希先輩は姐さんらしく、仲間思いな一面を見せていた。

 

また、東京校随一の常識人ならぬ常識パンダは、京都校の真意を的確に言い当て、釘崎とタッグを組んで行動開始。

 

伏黒に撃墜された西宮を囲む二人が完全にイジメっ子のそれだった。

 

狗巻先輩は虎杖救出に同行できないのを最初は拒否していたものの……パンダ先輩の推察と作戦内容に納得すると、単独で呪霊狩りへと赴いていた。

 

狗巻先輩、すっかり虎杖のことを気に入ったようですね。

 

ただ、京都校も東堂を除く全員が虎杖暗殺に前向きなわけでもないんですよね。

 

京都校の三輪は元々虎杖の暗殺には消極的で、真希と対峙した際にはその心情を吐露していた。

 

またそれだけでなく、貧乏な家で弟二人を養う苦労人である三輪は、一刻も早く昇級して経済的安定のため頑張っている。

 

そんな彼女の事情を知った真希は、妹との摩擦を心配する一方で、手加減はしない、というスポーツマンシップを発揮……正直どちらにも負けてほしくない、と心底思いましたね。

 

 

スポンサーリンク

虎杖 vs 東堂! 究極の肉弾戦

 

 

虎杖と東堂の肉弾戦がかなり白熱していましたね。

 

会敵した当初は東堂の一方的な攻撃を前に虎杖もなすすべもない状態だったわけですが……。

 

京都校の暗殺が失敗に終わった後も、ガチンコ対決を続けていたところ……虎杖も戦い慣れしてきたのか、東堂と五分に近い状態で渡り合うまでに至っていましたね。

 

この両者の肉弾戦はとにかく一撃一撃が超重い。

 

力の密度の濃さが感じられる演出がとてもいい感じでした。

 

おそらく今回の戦いで、虎杖はまた一つパワーアップするのでしょうね。

 

どちらが勝利するのかはまだまだ未知数な部分はあるけれど……個人的にはこの戦い両面宿儺には絶対に介入してほしくない。

 

最後まで虎杖本人の力で東堂と戦い抜いて欲しいところです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「呪術廻戦」第15話「京都姉妹校交流会-団体戦(1)-」を視聴した感想について書きました。

 

歌姫先生のぐだぐだ開会宣言とは裏腹に、化け物感あふれる東堂の暴れっぷりで交流会は一気にヒートアップしていたように思います。

 

開始前は京都校の虎杖暗殺指令でかなりきな臭い雰囲気にはなっていたものの……東堂がいい意味でぶち壊した一方で、東京校も虎杖を守るべく、各自のポジションが最適化された結果、京都校とがっぷり四つで戦う展開になっていましたね。

 

個人的にはパンダ先輩がどのような戦いを見せるのか超気になる。

 

次回もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「呪術廻戦」第15話の感想でした!

 

アニメ『呪術廻戦』感想一覧 2020年10月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント