アニメ「呪術廻戦」13話感想!真人の生得領域インパクト強っ

漫画・アニメ・映画

アニメ「呪術廻戦」観てますか?

 

呪術廻戦

 

今回は1クール目最後を飾るにふさわしい、真人との激しいバトルに注目です。

 

 

スポンサーリンク

リンチ・リンチ・リンチ

 

 

虎杖と七海が真人をボコボコにリンチしてましたね。

 

七海の七三攻撃は残念ながら真人には効かないものの、動きを止める分に関しては問題ない。

 

一方で、虎杖の攻撃は真人に効くわけですが……真人はそんな虎杖に対し改造人間をあてがうことで戦線から遠ざけるよう仕向けるんですね。

 

改造人間は異形ながらも呪霊ではなく元人間……「正しい死」に強い思いを持つ虎杖にとっては、かなり厳しい試練、もとい「すり合わせ」となってしまったわけですが……いつの間にやら虎杖に対する七海の信頼感はとても高いものになっていた。

 

「すり合わせ」を済ませた虎杖は七海と合流すると、二人して真人をリンチ・リンチのタコ殴り。

 

真人が悪さをする隙を一切与えず、ボコボコにする様子は亡き順平の弔い合戦にようにも思えましたね。

 

もちろん、このまま安易に決着する、というようなことはなかったわけですが……個人的には今回のお話の中では一番スカっとするシーンだったと思います。

 

 

スポンサーリンク

真人の生得領域インパクト強っ

 

 

真人の領域展開がインパクトありましたね。

 

人間の恐れから生まれた特級呪霊ということで、真人の生得領域「自閉円頓裹(じへいえんどんか)」は人間の手が幾重にも畳み掛けるものなんですね。

 

人の魂を弄ぶいかにも真人らしい生得領域……まるで悪夢でも見せられているようだった。

 

しかもターゲットは虎杖ではなく七海ですからね……一瞬、七海今回で死ぬん? と絶望しかけてしまいましたよ。

 

幸い、真人の生得領域は外部からの攻撃には弱く、虎杖の乱入により七海が死ぬことはなかったので、とりあえず一安心。

 

真人は生まれてまだ間もない特級呪霊とのことなので……そのうち生得領域も手だけでなく、様々な部位が展開されることになるのかな?

 

 

スポンサーリンク

両面宿儺はやっぱり別格

 

 

同じ特級呪霊でもやっぱり両面宿儺は別格の存在なんですね。

 

現時点での両面宿儺の総呪力量は、「指8本分」の漏瑚に劣るものの……その唯我独尊的な存在感は、真人ですら「死」を感じさせられるほどに圧倒的なものだった。

 

虎杖が真人の攻撃の作用を受け付けないのは、きっと内にいる両面宿儺の影響によるものなんでしょうね。

 

実際、真人が虎杖の中に侵入しようとした途端、一瞬にして致命傷を負わされていましたからね。

 

ただ、そんな宿儺が唯一関心を寄せているのが伏黒だというのですから、なんとも興味をそそられますよね。

 

もしも真人と伏黒が戦っていたら……それはそれで違った結果が生まれていたかもしれない。

 

ともあれ、両面宿儺は呪力の総量とはまた別の特別な何かを持っているのでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

社会人時代の七海

 

 

ほんの少しですが社会人時代の七海の過去が描かれていましたね。

 

七海は頼れる大人に見せかけて、実は「労働はクソ」と断言する社会不適合者的な一面を持っているわけですが……社会人時代の七海は投資関係の会社に在籍しており、若い内に稼ぎまくってアーリーリタイアを目指していたんですね。

 

よって当時考えていることはお金のことばかり。

 

七海が生来もつストイックさは、知らず知らずのうちに七海の精神を疲弊させていくことになるわけですが……そんな中でのパン屋の女性との会話がとても新鮮に響くんですよね。

 

いつも同じパンを買う七海は、その女性にとっていつも顔をあわせるお得意さん……一方で七海はその女性に下級の呪霊が憑いていることを知りつつも、無害であると判断して必要以上に干渉しようとしない。

 

ただ、女性が疲弊した七海を気遣った一言をきっかけに、七海は下級呪霊を祓うこととなる……七海はこうして自分の「生きがい」を見出すことになったんですね。

 

その女性が大声で感謝の言葉を述べる様子がなんとも心癒やされる……と同時にその後の二人がどのような関係になったのかがとても気になるところでしたね。

 

 

スポンサーリンク

意外とまともな教師だった

 

 

順平のイジメを見逃していた教師が意外とまともな対応していましたね。

 

イジメの主犯格は幸い命をとりとめたものの……順平にやられた手はもう二度と動かない様子だった。

 

ただ、順平をイジメていたことについての反省はまったく見られず……一方で担任の教師は意外にも順平のイジメの件について保身に走ることもなく、しっかりと受け止めているようだった。

 

特に順平の心を殺した、という下りには、この教師の悔恨の念も感じられ、主犯格の生徒にかけた言葉も辛辣ながらも、自身を含めて責任を全うしようとする強い意思も感じられた。

 

ただ、この責任感……順平が真人と出会う前に発揮してもらいたかったなぁ…。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「呪術廻戦」第13話「また明日」を視聴した感想について書きました。

 

今回の第13話は1クール目ラストを締めくくる節目のお話ということもあり、ハードな展開も去ることながら、いつも以上に作画に力が入っているように感じられました。

 

また、今回の真人の事件は、虎杖にとっても大きな試練となったわけですが、修行だけでは得られなかった大きな経験を得ると同時に、「人を殺した」という事実が重くのしかかり……残念ながら引き返せない領域に踏み入れてしまうことにもなってしまった。

 

次回からは京都校との交流会編に突入ということで、最近出番の少なかった伏黒や釘崎の活躍や、まだ見ぬ京都校の強者達の登場に期待が高まります。

 

以上、アニメ「呪術廻戦」第13話の感想でした!

 

アニメ『呪術廻戦』感想一覧 2020年10月~2021年3月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント