アニメ「呪術廻戦」1話感想!OPめっちゃカッコいい!

漫画・アニメ・映画

アニメ「呪術廻戦」観てますか?

 

呪術廻戦

 

「呪術廻戦」は2018年から週刊少年ジャンプで連載中の漫画を原作としており、2020年10月現在での累計発行部数は850万部の人気作品。

 

タイトルからも察せられる通り、本作はゴリッゴリのダーク・ファンタジー作品なんですよね。

 

個人的にダーク・ファンタジーといえば真っ先に「鬼滅の刃」や「鋼の錬金術師」といった作品が上げられるのですが……これらの作品はいずれもアニメの出来が素晴らしい。

 

そして今回の「呪術廻戦」も……嬉しいことに出来が素晴らしいんですよ。

 

というわけで、今回はアニメ「呪術廻戦」第1話「両面宿儺」を視聴した感想について書きますね~。

 

 

スポンサーリンク

OPめっちゃかっこいい!

 

 

アニメ「呪術廻戦」のOP……めちゃくちゃカッコいいですね。

 

Eveが歌うOPテーマ「廻廻奇譚」の軽快なメロディに乗せて、キャラがとにかく動く動く動く。

 

何せキャラデザがとにかく秀逸……動かし方もとても丁寧で、ちょっとした仕草だけでも思わず何度も見返したくなる。

 

特に釘崎……OPでは短いカットしか登場しないものの、振り返る仕草や指の動きがやたらカッコいいんですよ。

 

次々とキャラクターたちがリレーされていくんですけど……これがまたイチイチ様になっている。

 

また、CGを駆使した呪霊の完成度がやたら高くて……これがキレイに動くんですわ。

 

TV放映時にツイッターでトレンドに上がってたのも頷けるわこのOP。

 

 

スポンサーリンク

オカ研の愉快な先輩と、陸上部の問題教師

 

 

オカルト研究会の先輩・佐々木と、陸上部の問題教師・高木がとても印象的でしたね。

 

主人公の虎杖は、オカ研に所属しているつもりなのに、実際には教師・高木に入部届けを書き換えられた結果、なぜか陸上部に所属してることになっている。

 

でも虎杖はオカ研の先輩たちとコックリさんにいそしんでる……そりゃじいちゃんも「部活しろ」っていいたくなるわな。

 

ただ、このオカ研の先輩たち……佐々木と井口の両名はなかなかにキャラが立っている。

 

特に佐々木……オカ研なのに虎杖なしには心霊スポットにも行けないヘタレ女子である一方で、好きなオカルトについて語るときの彼女はとってもキラキラ輝いている。

 

そして堂々と不正を行う問題教師の高木先生……いかついゴリラのような風貌で、虎杖の運動能力を高く評価、入部を賭けて自らの得意競技での勝負に持ち込むも、虎杖の人間離れした能力の前に茫然自失になっていた。

 

ちなみに生徒会長からは生徒以上の問題教師として認識されている(わかる)

 

もうこの部室でのやりとりだけでも十分楽しい……いっそ呪霊と戦わない作品でもいいんじゃないかと思うくらい。

 

この作品、キャラの一挙手一投足がどれも魅力に溢れてる。

 

 

スポンサーリンク

さよなら、じいちゃん

 

 

虎杖のおじいさんがお亡くなりになってましたね。

 

CVが千葉繁ということと、作画がやたらキレイなこともあってか、このおじいさんの存在感はなかなかのものがあった。

 

いかにも頑固爺といった風貌ながらも……人生の年輪を重ねたじいちゃんの顔は、緻密な線で描かれたシワが妙にカッコよく映る。

 

孫に対する言葉遣いはきついものの……最期に遺したじいちゃんの言葉は、虎杖の心の中に強い芯としてしっかり根付いてたように思います。

 

でも、亡くなったとわかるまでの沈黙の間……あの緊張はあんまり経験したくない類のものでしたね。

 

 

スポンサーリンク

特級呪物「両面宿儺」

 

 

今回の第1話では、虎杖が特級呪物「両面宿儺」を喰らうところまでが描かれているのですが……そこに至るまでの展開がかなり見応えありましたね。

 

もともと虎杖は呪力なしでも高い身体能力を有しており……砲丸をピッチャー投げで30メートル以上飛ばし、50メートルは3秒台で走り抜ける……そして学校の4階の窓にも地上からひとっ飛び。

 

そんな虎杖が呪霊と戦う中で、特級呪物「両面宿儺」を呑み込んでしまう。

 

伏黒の予想は最悪の形で的中……人間の体を受肉した両面宿儺は、女を欲し、楽しげに「鏖殺」と口にする。

 

けれども虎杖の精神は特級呪物に屈するどころか、むしろ抑え込む勢いの強さだった。

 

特級呪物「両面宿儺」の力はたしかにスゴイ……けれども、虎杖のこの以上な強さはいったいどこから来るんだろう?

 

いろいろとわからない点や気になる部分はあるけれど……今回の第1話は、とにかくキャラと呪霊の動きにただただ圧倒されるばかりだったように思いますね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「呪術廻戦」第1話「両面宿儺」を視聴した感想について書きました。

 

個人的にはアニメ「呪術廻戦」はほぼノーマークだったのですが……OPがツイッターのトレンドで話題になっていたことから、とりあえず観てみたところ……一気に持っていかれてしまいました。

 

それくらい呪術廻戦のOPはかっこいい。

 

また、本編で生き生きと動くキャラの姿がたまらない……アニメ「呪術廻戦」はキャラデザの秀逸さと動きの巧妙さが見ていてとてもクセになる。

 

次回もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「呪術廻戦」第1話の感想でした!

 

アニメ『呪術廻戦』感想一覧 2020年10月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント