「防振り」11話感想!最強の盾、最強の矛、最強の奇襲

漫画・アニメ・映画

アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」観てますか?

 

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

 

今回は、メイプルとミィの【最強の盾】と【最強の矛】バトルからのホットスタート。

 

さらには【集う聖剣】のペインとの戦いも勃発するなど、見逃せない一話になっています。

 

 

スポンサーリンク

最強の矛 vs 最強の盾

 

 

【炎帝ノ国】ミィと【楓の木】メイプルの戦いは、まさに【最強の矛】と【最強の盾】の戦いでしたね。

 

個人的には数々の悪質なスキルを持つメイプルが終始圧倒するものと思っていたんですけど、ミィの火炎魔法の応用力が予想以上に高く、蓋を開けてみると、かなりの接戦となっていましたね。

 

【炎帝ノ国】は【集う聖剣】と並ぶ大規模ギルドなだけあって、結成したばかりの【楓の木】とはそもそも戦いの練度が違う。

 

メイプルとマイ&ユイに比べると、ミィとマルクス、ミザリーの3人の連携は攻守ともにバランスがよく、メイプル達に付け入る隙きをほとんど与えていなかった。

 

メイプルはというと、マイ&ユイを守ることだけで精一杯……協力な火炎魔法のノックバックでちょいちょい分断されるなど、ほとんどペースをつかめない。

 

結局、マイ&ユイは巨大化シロップの上に避難させられることに……やっぱりヘイトは盾職の仕事でしょ。

 

とはいえ、ミィも魔力に限りがあることから、ずっと責め続けるわけにもいかない。

 

仲間と力を合わせて勝負の大技を繰り出すことになるのですが……メイプルも封印していた例のアレを解禁することに。

 

【最強の矛】と【最強の盾】のバランスが崩れる瞬間ですね。

 

 

スポンサーリンク

理不尽な機械神に泣かされるミィ

 

 

あまりにも理不尽なメイプルの機械神に、ミィが完全にやられていましたね……そしてガン泣き。

 

ミィの大技の火炎の牢獄に閉じ込められ、じわじわとHPを削られる中……メイプルはスキル【機械神】を解禁することに。

 

デウス・エクス・マキナ・メイプルのフルバーストな攻撃は、マルクスとミザリーの二人を仕留め、地面を広範囲に渡ってエグるなど、はっきりいって人に向けて放つ攻撃ではなかったと思う。

 

そんな攻撃を受けつつも、ミィは二人にかばわれることでかろうじて生き残ったわけですが……メイプルのあまりの理不尽さに怒り心頭。

 

このまま撤退することをヨシとせず、メイプルを道連れにせんと自爆魔法を決行するわけですが……結局メイプルを仕留めるには至らなかった。

 

メイプルは恐ろしい目に会いつつも、しっかりちゃっかり生き残り……雨降ったから濡れちゃった♪ みたいな感じでとってもライト。

 

一方で、自爆したミィは一定時間が経過し復活を遂げるものの……メイプルが生き残ったことを知りショックを受ける……仲間の前だというのに我慢しきれず…逃げ出しながら泣いていた。

 

とはいえ、ミィとしてはリベンジに燃えているようなので、メイプルとは近い内に再戦するのかも知れない。

 

個人的には素のミィをもう少しオープンにしてくれると嬉しいんだけど……大規模ギルドのマスターである手前、なかなか難しいところではあるんでしょうね。

 

がんばれ、ミィ。

 

 

スポンサーリンク

最強の奇襲

 

 

【集う聖剣】が少数精鋭で【楓の木】に攻め込んできましたね。

 

大規模ギルドだからと進行速度が遅いと踏んでいたものの、メイプル攻略を熱望するペインたっての希望で、【集う聖剣】は精鋭の幹部達のみでの大胆な奇襲作戦を敢行。

 

【楓の木】本拠地での戦いは、メイプル達のほうが人数では勝るものの、【集う聖剣】の幹部達は一人ひとりが超強い。

 

サリーやカスミ、クロムといった玄人プレイヤー達でさえも、防戦一方に追い込まれるなど、ギルドとしての格の違いをまざまざと見せつけていた。

 

とはいえ、個人的には普段出番少なめのイズやカナデがオーブ防御の要として、しっかりと使命を果たす描写があったのはなにげによかった……特にカナデが日頃から蓄積した魔法が解放される様はビジュアルも凝っていて見応えがあった。

 

一方で、【身捧ぐ慈愛】や【悪食】を早々に使い果たしてしまったメイプルは、最強の聖騎士・ペインと一騎打ちとなるわけですが……メイプルの鉄壁の防御を持ってしてもペインの攻撃を防ぐことは叶わず。

 

それどころかみるみるとHPが激減するほどの大ダメージを受けることに……こんなメイプルはじめて見た。

 

炎帝のミィとの戦いでもそこまでダメージを受けることはなかったのに……。

 

ペイン……噂に違わぬ…いや、それ以上の強さを持っているようですね。

 

いくら奇襲で準備不足だったとはいえ……ここまで一方的にやられてしまうほどの力の差があったとは。

 

果たして、メイプルは生き残ることができるんだろうか…?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」第11話「防御特化と強敵。」を視聴した感想について書きました。

 

今回は大規模ギルドの二人のマスター、【炎帝ノ国】のミィと【集う聖剣】のペインとの連戦が見ものでしたね。

 

特にミィとの戦いで見せた機械神メイプルの暴虐ぶりは、並々ならぬ作画と演出ということもあり、とてもインパクトが強かった……ミィも泣いてたし。

 

そして第四回イベントの生き残りギルドの中では、唯一【楓の木】だけが小規模ギルドということで、すでにリタイアしたプレイヤー達からは応援の声が上がり始めるなど、いよいよイベントも佳境に入ってきた。

 

そんな盛り上がりの中、このままペインに敗北して終わり……というのはあまりにも悔しすぎる……メイプルにはなんとか生き残ってもらって、なんとかペインに一矢報いて欲しいところ。

 

次回がとても気になります。

 

以上、アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」第11話の感想でした!

 

アニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』感想一覧 2020年1月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント