映画「散り椿」の感想!V6岡田と西島の殺陣そして最終決戦は必見!

漫画・アニメ・映画

V6の岡田准一主演の「散り椿」を鑑賞してきました。

 

別の映画を観に行ったときの予告編の映像でとても気になっていた作品です。

 

V6の岡田君といえば、やっぱりアクション、ですよね?

 

私も「SP」や「図書館戦争」などを観て岡田准一のアクションに魅せられた一人です。

 

「散り椿」を見に行く最大の理由も、もちろん岡田准一の殺陣が目的。

 

また今回は岡田准一に加えて西島秀俊という素晴らしいキャスティングもあって、劇場公開されるのをとても楽しみにしていました。

 

というわけで、今回は映画「散り椿」を観た感想について書きますね。

 

 

スポンサーリンク

亡くなった妻・篠の願いを叶えるため

 

 

故あって藩を出ることになった主人公・瓜生新兵衛(岡田准一)は、妻・篠とささやかな暮らしをおくっていたのですが、妻・篠は病に倒れ、そのまま亡くなってしまいます。

 

妻・篠は「故郷の散り椿をもう一度見たい」と願っていたのですが、とうとうその願いは叶いませんでした。

 

「自分の代わりに故郷の散り椿を見て欲しい」という篠の願いを叶えるために、新兵衛はふたたび故郷である扇野藩へと戻ります。

 

映画「散り椿」は亡き妻・篠の願いを叶えるための新兵衛の愛の物語なんですね。

 

 

スポンサーリンク

謎の刺客を退ける新兵衛の殺陣の説得力

 

 

新兵衛は故あって藩を追われた身。

 

故郷を捨てて静かに暮らしているにもかかわらず、新兵衛は物語の冒頭で謎の追手の襲撃を受けます。

 

凄腕の剣豪である新兵衛は難無くその追手達を返り討ちにするのですが、その時の岡田君の殺陣がかつての名優・三船敏郎を彷彿とさせるものがありました。

 

殺陣の説得力がすごすぎる。

 

また殺陣だけでなく、その立ち居振る舞いを見るだけでも、強者の風格がにじみ出ていることが感じられます。

 

 

スポンサーリンク

瓜生新兵衛(岡田準一)VS 榊原采女(西島秀俊)は必見!

 

 

扇野藩において「四天王」と称されていたのが次の4人。

 

  • 瓜生新兵衛(岡田準一)
  • 榊原采女(西島秀俊)
  • 篠原三右衛門(緒形直人)
  • 坂下源之進(駿河太郎)

 

その中でも特に飛び抜けて強かったのが、瓜生新兵衛と榊原采女の二人。

 

この二人はかつての親友であり、同じ女性・篠に好意を寄せていたライバルでもあったんですね。

 

当時は采女と篠が夫婦になるものと思われていたのですが、実際に篠が夫に選んだのは新兵衛。

 

しかし篠の「采女を助けてほしい」という遺言、そして采女と篠の間で交わされた手紙の内容を知った新兵衛は、その真意を確認すべく、采女に決闘を申込みます。

 

その時の決闘の一部が予告編での二人の殺陣のシーンなんですね。

 

岡田准一主演!映画「散り椿」予告

 

この殺陣シーン、本当に見応えがあります。

 

新兵衛(岡田)の下段狙いの攻撃をしっかりと見極めて受け止める采女(西島)。

 

二人共日頃から鍛錬し続けているだけあって、その身のこなしは他の俳優ではなかなか拝めない説得力に満ちあふれています。

 

現代風のワイヤーアクションを駆使した殺陣も見応えがあって好みなのですが、この「散り椿」のような本格的な時代劇で繰り広げられる殺陣は、独特の緊張感があっていいものですね。

 

特に新兵衛(岡田)の殺陣は、その一振り一振りから内に秘めた強い想いがほとばしるように感じられました。

 

お互いの太刀筋の違いも良かったです。

 

 

スポンサーリンク

怒りの最終決戦

 

 

ラストには扇野藩の過去の不正の黒幕との最終決戦が繰り広げられます。

 

時代は変われども、腐ってるヤツはどこにでもいるものなんですね。

 

その黒幕の悪辣っぷりには見ている私も怒りを掻き立てられるものがありました。

 

もちろん新兵衛(岡田)の怒りはその比ではないのですが。

 

その最終決戦での殺陣ですが、鬼の新兵衛が圧倒的な強さを見せつけます。

 

きっちりと落とし前を付けてくれるので、見ていてかなりスカッとしましたね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画「散り椿」を観た感想について書きましたが、いかがだったでしょうか?

 

V6岡田準一の殺陣見たさに劇場に足を運んだものですから、気がつくと感想も岡田君演じる新兵衛の殺陣ばかりとなってしまいました。(汗)

 

一部CGを使った表現などはあったものの、厳選されたロケーションによる、美しい風景も存分に楽しめて、まさに日本の時代劇にふさわしい作品でした。

 

ひとつだけ悔しく感じるのは、周りの観客のマナーがあまりよろしくなかったことでしょうか。

 

お年寄りが多かったのですが、なんで彼らは指定された席に座らないんだろう・・・。

 

上映中にもかかわらず普通にしゃべってるし。

 

もし観に行かれるのでしたら、そのあたりだけは覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

コメント