「ノーサイド・ゲーム」5話感想!佐々のプレイがマジスゴイ

ドラマ

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」観てますか?

 

今回はアストロズとサイクロンズの頂上決戦。

 

熱い熱いアストロズの選手たちに注目です。

 

特に佐々。

 

あと選手ではありませんが、霊長類最強女子・吉田沙保里。

 

 

スポンサーリンク

霊長類最強女子と君嶋

 

 

なぜかドラマ内にて霊長類最強女子・吉田沙保里とアストロズGMの君嶋の謎のレスリング対決が実現。

 

出演されることは事前に知ってはいたけれど、実際にご本人が登場されたときは、思っていた以上にテンション上がるものがありましたね。

 

現役引退されてから少しほっそりされたご様子でしたが、久しぶりに見たユニフォーム姿はやっぱりカッコよかったですね。

 

いっぽう、アストロズGMの君嶋はというと、アストロズの中でなぜか一人だけユニフォーム着用という可愛そうな状況となっていました。

 

そもそも選手じゃないから練習に参加する必要なんかないのに。

 

どうやら君嶋にとって佐倉の口は災いの元でしかないのかもしれない。

 

逆に羨ましいと思う人は死ぬほどいると思うけど。

 

個人的には君嶋だけじゃなくって、他の選手たちとも絡んでほしかったかな。

 

 

スポンサーリンク

闘志を燃やせ! 叩き潰せ!

 

 

アストロズとサイクロンズ、その実力差はあまりにも大きく、アストロズの勝ち目は限りなく低い。

 

今のプラチナリーグはサイクロンズの【1強】状態にあり、アストロズは【15弱】の中でかろうじて連勝出来たに過ぎない。

 

日本代表選手の数もアストロズは里村ただ1人だけなのに対し、サイクロンズは9人もいる。

 

リロードからの数的優位を利用したスピードラグビーに一縷の望みを駆けるものの、結局最後に物を言うのは気持ち。

 

けれども、サイクロンズ戦に挑むアストロズの選手たちは、そのプレッシャーから練習でもミスを連発する状況…。

 

そんな状況を打破すべく、君嶋はサイクロンズとの合同記者会見を提案し、マスコミが求めていた柴門と津田の対立構造を逆に利用するんですね。

 

そこで放つ柴門の言葉がとにかく強烈…なにせ格上相手に『徹底的に叩き潰す』ですからね。

 

ただ『勝つ』のではなく『叩き潰す』。

 

この様子を見ていた選手たちの闘志がバク上がりするシーン、恐ろしくテンション高かったですね。

 

特に浜畑が勝利以上のものを渇望する姿は、思わず鳥肌が立ちました。

 

まさか津田と柴門の絡みがここまでのド迫力シーンにつながるとは、思っても見ませんでしたね。

 

ドラマならではの素晴らしい演出だったと思います。

 

 

スポンサーリンク

試合前の円陣が最高

 

 

サイクロンズの試合直前にアストロズのメンバーで円陣を組むシーンがあるんですけど、この時、浜畑が君嶋にも円陣に加わるように言ってくるんですよ。

 

君嶋がGMに就任した当初は、誰よりも厳しく当たってきたあの浜畑が、今やそっと円陣を開けて君嶋を迎え入れてくれる。

 

そして柴門が選手たちに激を飛ばすんですけど、このときの言葉がまたホント熱くて素晴らしくて、選手も視聴者もテンションバク上がりですよ。

 

これ撮影当時かなりの熱気があったんじゃないでしょうか。

 

なんというかスポーツ選手ならではの本気の熱量が、画面を通じて伝わってくるような印象さえ受けました。

 

こんなシーン、ドラマの中ではなかなか見れないと思いましたね。

 

ドラマ史上最高の円陣かもしれない。

 

 

スポンサーリンク

佐々のプレイがマジスゴイ

 

 

今回、いつもアストロズのメンバーを裏から支えることが多かった佐々がついに試合に出場するんですけど、佐々一を演じる林家たま平の実際のプレイシーンがとても素晴らしかったです。

 

日本代表選手・里村の代わりにサイクロンズ戦の後半から出場するんですけど、佐々が唯一里村より勝っている部分は【パス】のみなんですね。

 

といってもその【パス】も状況に応じた柔軟なものではなく、佐々の場合どちらかというと豪速球しか投げられないピッチャーみたいなもの。

 

けれども、佐々はこのサイクロンズ戦にきっちりと仕上げてきた。

 

で、実際に試合中にプレイの起点となるような【パス】を次々と繰り出すシーンが映し出されるんですけど、さすが経験者だけあって、パスがキレイなんですよね。

 

自らボールを持って相手を交わすときもあれば、トリッキーなパスで相手の裏をかいたりと、合宿で「家族」となったメンバーとの「テレパシー」プレイも見事に発揮していましたね。

 

これまでの数々の練習もこのときのための伏線だったんだなぁ、とつくづく感心してしまいました。

 

 

スポンサーリンク

入社した七尾がちょいちょい分析しよる

 

 

七尾がようやくトキワ自動車に入社してくれました。

 

ただしラグビー部への入部はまだ…しかも、まわりの同僚には自分がラグビー選手だったことは内緒にしている状況。

 

だから、アストロズとサイクロンズとの試合は、観客席から見てるだけ…なんですけど、ちょいちょい試合状況を的確に分析しよるんです。

 

自分はもうラグビーはしないんだ、といいつつもアストロズやサイクロンズのことはちゃっかり情報収集してたら世話ないですよね。

 

隣の席で応援している熱狂的なアストロズファンの先輩、藤島レナはそんな七尾の姿を見てちょいちょいツッコミ入れたりするんですけど、残念ながら二人の絡みはまだ少なめでした。

 

でも、今回のような七尾が分析するシーンを挟んでくれたことで、アストロズ入部に至るまでのプロセスがよりドラマチックになりそうな気がしますね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第5話の感想について書きました。

 

残念ながらアストロズはサイクロンズに敗れてしまいましたが、最後の最後まで勝敗がわからない白熱した試合展開はとても見ごたえがありました。

 

今回はカザマ商事の買収話もそこそこに、ラグビー部分にウェイトを割いた甲斐あって、ずいぶんと胸が熱くなるシーンが多かったように思います。

 

テンポよく話を進めつつ、ラグビーシーンで見せるところはじっくりと見せてくれる…このあたりのバランスが今回もほんとに絶妙でしたね。

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第5話の感想でした!

 

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』感想一覧 2019年7月~9月
↓↓「ノーサイド・ゲーム」を見逃した方は↓↓

コメント