「ダンまち2」12話(最終回)感想!カームとブリギットの愛に感動

漫画・アニメ・映画

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち2)」観てますか?

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ

 

アニメ「ダンまち2」もいよいよ今回の第12話で最終回。

 

予想外な感動ストーリーに思わず涙してしまいました。

 

 

スポンサーリンク

カームとブリギットの愛に感動

 

 

今回はアレスが攻めてきた流れから一変して、随分と雰囲気の違うストーリー展開になったわけなんですけど…カームとブリギットのエピソードはとても良かった。

 

カームが何か訳ありのような表情でヘスティアを見つめる描写に少し不安感はあったものの、カームが語る昔話のエピソードを聞いてストンと腑に落ちました…いい人でよかった。

 

カームを見てるとなんだか「未来のベル君」みたいな印象を受けますね。

 

カームとの出会いはベル君にとっては渡りに船…というよりも必然だったように思えます。

 

今まさにヘスティアとちょっとややこしい事になってましたからね。

 

生涯を通じてブリギットに想いを捧げるカームの生き様は、今後のベル君とヘスティアの関係に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

 

また、ブリギットとヘスティアが親友だったという点も印象深かったですね。

 

たぶん知り合いなんだろうなぁ、という気はしていたけど。

 

ヘスティアはブリギットのことを随分と茶化していたように見えましたけど、きっとこの二人そっくりな性格してるんだと思う。

 

カームは天に召された後、ブリギットに「会えない」ことも「会う」ことも恐れていましたけど、どんなに確率が低くともブリギットはきっとカームを見つけ出すことでしょう。

 

だってヘスティアもベル君を絶対に見つけ出すと言ってたから…だからブリギットも絶対に見つけ出すはず。

 

なんせカームはブリギットが命を賭けてまで助けたかった男なんだから。

 

神と人間では生きる時間が違うかもしれない…しかしカームとブリギットのエピソードはそんな不安な気持ちとしっかりと向き合える、とてもいいお話だったと思います。

 

 

スポンサーリンク

村娘アイズと村娘ヘスティア

 

 

村娘スタイルに着替えたアイズとヘスティアが良く似合ってたな~。

 

特にアイズたん…いつもの凛々しい戦士スタイルもいいけれど、こういうたくさん着込んだ村娘風の服装もかなり合いますね。

 

ヘスティアもいつもの際どい服装よりも、こっちの服装のほうがマジメに見えていいかもしんない。

 

カームの義理の娘・リナの格好もなかなかいい感じだったし…定期的にこういう服を着てみせるのも案外いいと思う。

 

というか希望する。

 

 

スポンサーリンク

黒竜のメリット・デメリット

 

 

世界三大クエスト最後の魔物・黒龍は世界を滅ぼすといわれる存在…けれども今回お世話になった村での扱いは少し違う。

 

黒竜が落とした巨大な鱗のおかげで、この村は近隣のモンスターから守られている…だから村人達にとっての黒竜は神様みたいなもの。

 

もしも黒竜が英雄に討伐されてしまったとしても…その後もこれまでと変わらずたてまつり続けるんでしょうね。

 

ただ、村人達は実際に黒竜の姿を目にしたわけではないので、黒竜がどういった存在なのかということをよく知らない。

 

いっぽう、アイズは黒竜の鱗に対して、普段はあまり見せることがない憎しみの表情を浮かべていましたね。

 

黒竜となにか深い因縁があるんでしょうね…気になるなぁ。

 

もしもベル君が最後の英雄とやらになった暁には、アイズと一緒に黒竜討伐に向かうことになるのかな?

 

実際のところ、黒竜ってどんな存在なんでしょうね?

 

非常に気になります。

 

 

スポンサーリンク

ベル君と神様

 

 

今回のベル君、なんだか煮え切らないモヤモヤをずっと抱えてるように見えましたね。

 

ヘスティアとの関係について明確な答えを見いだせずにいるようでしたけど…カームとブリギットの一件でかなり前に進んだような気はします。

 

逆にヘスティアのほうはさすが神様だけあって、人間と神の生きる時間の違いについてしっかりと受け入れているし、意外なほど落ち着いていましたね。

 

といってもヴァレン某の前ではみっともないくらいに取り乱してましたね…ベル君=ウサギ説には激しく同意してましたが。

 

でも、ベル君がヘスティアとの関係を躊躇するのって、結局はヘスティアのことを心の底から大切にしているからこそなんですよね。

 

人間であるベル君が先に死んだあと、その悲しみをずっと背負い続けるヘスティアの事を慮ったからこそ、あえて距離を取ろうとした…ベル君、ほんと優しいな。

 

ヘスティアはそいういった事もすべてひっくるめた上で、全力でベル君を受け止めようとしてくれている…ほんといい関係築いてんな、この二人。

 

今後どのように進展していくのか? とても楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ ~第3期は2020年夏!~

 

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち2)」第12話(最終回)「女神と眷属(アイノウタ)」を視聴した感想について書きました。

 

第2期も今回で最終回ということで、なんだかあっという間の1クールでしたが、早くも第3期が2020年夏に放送決定し、とりあえずホッと一安心。

 

アポロン・ファミリアとイシュタル・ファミリアを壊滅させてからの、アレス進軍という唐突な流れに少し戸惑いを覚える中…まさか今回のような心に沁みるお話で締めくくってくるとは思いもよりませんでした。

 

個人的には今回のようなお話はとても好きなので無問題…とはいえ最後に登場した謎の少女のことはしっかりと気になってます…誰?

 

早くも第3期がとても楽しみです。

 

以上、アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち2)」第12話(最終回)の感想でした!

 

アニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ(ダンまち2)』感想一覧 2019年7月~9月
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント