「恋する小惑星」3話感想!イノ先輩の「楽しい」のおすそわけ

漫画・アニメ・映画

アニメ「恋する小惑星(アステロイド)」観てますか?

 

恋する小惑星 Vol.1 [Blu-ray]

 

今回はみらん家で勉強会したり、スズヤベーカリーでアルバイトしたり、イノ先輩の宝探しをするお話です。

 

楽しいをおすそ分けするイノ先輩に注目です。

 

 

スポンサーリンク

楽しい勉強会

 

 

みらのお家での勉強会……とても盛り上がっていましたね。

 

といっても勉強しているというよりは、ただの女子会だったような気もします。

 

みらあおは放っておくと星の話題にうつつを抜かすため、すずちゃん監督の元勉強へ取り組むわけですが……みら家でのすずちゃんのマイホーム感がはんぱねえ。

 

みらの秘密の自作恋愛マンガの場所もバッチリ把握し、お土産のシュークリームも冷蔵庫に勝手にIN。

 

公式が覚えられないというみらのために、珍妙な公式の歌を披露するなど、もうほとんどみらん家の子みたくなってた……つまりやりたい放題。

 

みらすず、二人の珍妙な歌に冷静なツッコミを入れるあおはとても正常だから安心していいと思う。

 

珍妙な歌に誘われてみさ姉が登場すると、すずのテンションも一気に跳ね上がり、なんか歯止めが効かない状態になってたな…。

 

みさ姉あおの顔を見て、例の恋愛マンガの登場人物によく似ていることに気づき、あっさりとそのノートの場所を見つけ出す…。

 

みら家におけるみらのプライバシーはほぼゼロの模様……これが愛される者の宿命なのか(違う)

 

そしてみさ姉がモルモットあおの顔面を近距離で検分し実験していたところ……戻ってきたすずちゃんがガーン…! シュっシュークリームがっ! ……大丈夫だった。

 

でもハイテンションすずはどこへやら……珍しくプンスコ拗ねるすずがいつになく可愛らしかった……こういうの好きやで…。

 

だけどみらあおの誤解を招くような解釈はやめておいたほうがいいと思う……全然絶妙じゃないから。

 

尚、この勉強会で赤点を回避できるのかどうかは不明……むしろもっと赤くなりそうな気がする。

 

とりあえずあおは試験前日に星空を眺めちゃダメだ…。

 

 

スポンサーリンク

妹からの贈り物を神棚へ祀る姉

 

 

みさ姉が神棚工事してましたね……みらからもらった「はちまき石」を祀るため。

 

みさ姉は顔にこそ出さないものの、妹みらへの愛情はとても深い。

 

前回もみらを怒らせただけで崩れ落ち、すずにSOSを求めて、棚からぼたもちを提供していたけれど…。

 

今回は逆にドガガガと神棚を突貫で作り上げ、みらからの贈り物「はちまき石」をガッツリと祀ってとても満足そうでした……でも願い事はあくまでも妹メイン(涙)

 

そんな意味不明な行動もすずちゃんにとってもみれば神棚からぼたもちだったようで……需要と供給のバランスが絶妙に取れてるな…と改めて感じました。

 

 

スポンサーリンク

スズヤベーカリーでバイトするんじゃー

 

 

みらあおがスズヤベーカリーでバイトしてましたね。

 

みらの金欠戦隊「オカネナインジャー」のボケをあおの消極的ツッコミでかろうじて回収した後は、スズヤベーカリーの英国風メイド服に着替え、バイトにGO。

 

趣のある店内は常連客でごった返し、独特のネーミングセンスのパンは次から次へと売れていく…。

 

すずの放置&スパルタンなOJTのおかげで二人はめきめきとお店に馴染むも…まだまだスマイルが足りない。

 

なお、すずちゃんは常連客からは「モエモエ」で定着している模様…嫌がる素振りも見せずにしっかりと対応していた…0円スマイルで。

 

みらあおがスキル「0円スマイル」を習得した頃、すずの妹・芽(めぐ)が接客に加わるのですが…。

 

長身ショートカットの男装スタイルは破壊力抜群……みらはその衝撃を言語化できずにプルプルと打ち震えてた(笑)

 

「~ッス」という男っぽい口調ながらも、姉のことを気遣う繊細な一面を持っており、学校での姉の様子を気にかけてあおに質問する様子はとても好ましいものだった……もうあおも姉妹入りしちゃえばいいのに。

 

バイトも終わり、金欠戦隊「オカネナインジャー」の二人(一人?)は、クロワッサンとちょっと多めのバイト代を無事ゲット……無許可での隠し撮りモデルの代金はもしかしてすずちゃんのポケットマネーなのかな…?

 

ともあれ、みらあお、スズヤベーカリーでバイトする姿は学校では見られない、とても貴重なシーンだったと思います。

 

 

スポンサーリンク

イノ先輩の「楽しい」のおすそわけ

 

 

 

イノ先輩の趣味から高じた宝の地図イベントがとても良かったですね。

 

あくまでも自分の趣味と部活動を混同しようとしない律儀な一面を見せる一方で、子供の頃に味わった「楽しい」を忠実に追い求める姿には、イノ先輩のイノセンスさがジンワリにじみ出ていたと思う。

 

そんなイノ先輩の「楽しい」に素直に共感できるみらあおもとても素晴らしい……すずちゃんには若干の下心を感じるけれど(ごめん)

 

また、自分の趣味に突き合わせたお礼として、カフェ代をおごるなど先輩としての大人びた一面にも好感が持てる。

 

桜先輩のアドバイスを受け、イノ先輩が作成した宝の地図は、イノ先輩が普段どんなところに楽しさを見出しているのかがよくわかり、より一層イノ先輩の生態の尊さを感じさせた……特に最後のお宝にみんなと撮った写真を隠すとことか。

 

そんなイノ先輩すずちゃんがモエモエしすぎて半ば発狂してたな……もう地学部入っちゃえばいいのに。

 

地図が読める女、イノ先輩の宝の地図は、後輩たちにしっかりと「楽しい」をおすそわけしていたと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「恋する小惑星」第3話「思い出はたからもの」を視聴した感想について書きました。

 

今回も数々の尊いシーンのオンパレードでしたね。

 

みらん家での勉強会に始まり、スズヤベーカリーでのアルバイト、そしてイノ先輩の宝探しなどなど、とにかく心がホワホワするエピソードばかりだったと思います。

 

そしてさらには幸先生から夏合宿の提案も飛び出すなど、新生地学部、ますます盛り上がりそうな予感がしますね。

 

次回もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「恋する小惑星」第3話の感想でした!

 

アニメ『恋する小惑星』感想一覧 2020年1月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント