2018年10月ドラマ「下町ロケット」追加キャストは次期社長含む7人

2018年10月から放送開始されるTBSの日曜劇場ドラマ「下町ロケット」の新たなキャスティングが発表されましたね!

今回発表されたのは、帝国重工の次期社長候補や、佃製作所の取引先、そして殿村の父親など。

「意外だな」と感じるキャスティングが多く見受けられますが、言いかえるとそれだけ役柄に寄り添って厳正に選んだ結果なんだと思います。

それだけにドラマへの期待がよりいっそう高まる、というものです。

というわけで、今回は2018年10月放送開始のドラマ「下町ロケット」の新たなキャスティングについて書きますね~。

スポンサーリンク

神田正輝【帝国重工次期社長候補:的場俊一 役】

帝国重工の次期社長候補・的場俊一を演じるのは俳優の神田正輝さん。

神田正輝さんといえば、石原プロモーションに所属されていて、かつては取締役も務められていましたね。

今回演じる的場俊一という役は、現社長・藤間秀樹と宇宙航空部長・財前道生が推進する「スターダスト計画」を廃止させようとする、いわば「敵」役。

的場は、徹底した合理主義により不採算部門を切り捨てるその手法により、めきめきと頭角を表してきた超やり手。

今回の下町ロケットにおいて、まさに「台風の目」ともいえる重要なキーマンとなっています。

誰が演じるのかとても気になっていたのですが、まさに予想外の配役。

神田正輝さんがどのような的場俊一を演じられるのか?とても興味をそそられます。

坪倉由幸【「ヤマタニ」調達部長:蔵田慎二 役】

佃製作所の大口取引先のひとつ「ヤマタニ」の調達部長・蔵田慎二を演じるのは、お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さん。

お笑いタレントでありながら、多数のテレビドラマに出演されている坪倉さんですが、私も「天皇の料理番」で演じているところを拝見したことがあります。

とてもナチュラルな演技をされていて、役柄の良さもありとても好印象でした。

調達部長・蔵田は佃製作所にとっては、大切な取引先窓口の一人。

原作「ギア・ゴースト」ではそれほど出番は多くありませんでしたが、坪倉さんを起用するということは、何か大きな意味があるように思えてなりません。

いずれにせよ楽しみなキャスティングですね。

馬場徹【「ギアゴースト」社員:柏田宏樹 役】

馬場 徹 写真集 徹-Tetsu-

「ギアゴースト」の調達担当社員・柏田宏樹を演じるのは、若手実力派俳優の馬場徹さん。

馬場さんといえば、

  • ルーズヴェルト・ゲーム(1994年)
  • 99.9 -刑事専門弁護士- SEASON Ⅰ(2016年)
  • 陸王(2017年)
  • 99.9 -刑事専門弁護士- SEASON Ⅱ(2018年)

など、TBS日曜劇場のドラマに多数出演なさっていますよね。

いずれも視聴したことがあるので、馬場さんのことも知っていますが、とてもいい役者さんですよね。

特に陸王で演じられた銀行マンの大橋役は、原作からのアレンジもあり、かなりの好印象でした。

馬場徹演じる柏田弘樹役に関しても、原作からのアレンジが加わるような予感がして、とても楽しみです。

中村梅雀【「ギアゴースト」顧問弁護士:末長孝明 役】

冬の日 [DVD]

ギアゴーストの顧問弁護士・末長孝明を演じるのは歌舞伎役者の中村梅雀さん。

中村梅雀さんといえば、歌舞伎役者でありながらも、数多くのドラマや映画にも出演されていて、時代劇、現代劇問わず、とても役の幅が広い超ベテラン俳優でもありますよね。

今回演じられる末長という男は、下町ロケットにおいてはズバリ「悪役」。

とても贅沢なキャスティングだと思うのですが、それだけ末長という役どころの重要性を物語っているともいえますね。

末長がどのような「悪役」っぷりを見せてくれるのか、とても楽しみです。

内場勝則【「ケーマシナリー」知財部長:神田川敦 役】

シネマワイズ新喜劇 vol.5「大阪好日」 [DVD]

大手トランスミッションメーカー・ケーマシナリーの知財部長である神田川敦を演じるのは吉本新喜劇のスーパー座長・内場勝則さん。

2017年に放映されたTBS日曜劇場のドラマ「陸王」にも出演されていました。

吉本新喜劇においても様々な役柄を演じられていることから、その演技力を評価されて今回の下町ロケットでも白羽の矢が立ったのでしょうね。

内場さん演じる神田川敦がどのようなキャラクターになるのか?気になりますね。

六角精児【「大森バルブ」営業部長:辰野 役】

石ころ人生

大手バルブメーカー・大森バルブの営業部長・辰野を演じるのは、演技派俳優の六角精児さん。

六角さんは池井戸潤原作のドラマ「ルーズベルト・ゲーム」や「民王」などにも出演されていましたよね。

個人的にはNHKドラマ「真夜中のパン屋さん」で、パン屋の客・斑目祐也役がお気に入りです。

今回演じる辰野は「悪役」ということもあり、六角さんの演技を見るのがとても楽しみです。

山本學【殿村の父:殿村正弘 役】

佃製作所の経理部長・殿村の実家で農家を営む殿村の父・殿村正弘を演じるのは、ベテラン俳優の山本學さん。

山本學さんは、80歳を超える高齢ながらも、今尚ドラマや映画に出演し続けているエネルギッシュな俳優さんです。

私が最近見た作品では「撃てない警官」で主人公の義父役で出演されていましたが、その毅然とした姿はとてもかっこよかったです。

そんな山本さんが演じる殿村の父・正弘は、今回の下町ロケットにおいてもとても重要な人物のひとりでもあります。

殿村親子でどのような会話が交わされるのか?とても楽しみです。

まとめ

2018年10月スタートのTBS日曜劇場ドラマ「下町ロケット」で新たに発表されたキャスティングについて書きましたが、いかがだったでしょうか?

個人的には誰一人予想が当たらず、意外なキャスティングのように感じられはしましたが、池井戸潤原作ドラマの今までの実績を考えると、厳正に選ばれた上でのキャスティングなんだと思います。

実際に2015年の「下町ロケット」においても、キャスティングについてはずいぶんと話題になりましたが、いざ観てみると、はまり役のオンパレードでした。

今回もそうなることを期待しつつ、10月の続編ドラマ「下町ロケット」を楽しみに待ちたいと思います。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク