2018年10月ドラマ「下町ロケット」吉川晃司「財前」続投決定!

2018年10月から始まる「下町ロケット」の続編ですが、財前役の吉川晃司の続投が決定しましたね。

財前は「下町ロケット」全編において重要な役割を果たす人物。

前作のドラマでは、吉川晃司が存在感のある財前を見事に演じられていました。

少し前にも8人のキャストの続投が発表されたばかりですが、財前役の吉川晃司の続投については何も発表がなかったものですから、実は心配してたんですよね。

なぜ発表が8人のキャストよりも遅れたんでしょうか?

スポンサーリンク

吉川晃司のスケジュールの都合?

続投発表が遅れる理由のひとつとして真っ先に考えられるのが、吉川晃司のスケジュールの都合。

吉川晃司の公式サイトでスケジュールをチェックしてみたのですが、長期にわたって掛り切りになるようなスケジュールは特に見当たりませんでした。

WOWOWの連続ドラマW「黒書院の六兵衛」に主演されているようですが、放送開始は2018年7月22日(日)、全6話、とのことなのでスケジュール的には特に問題はなさそうですね。

ギャラの問題?

前作のドラマでも相当な意気込みで財前の役作りに徹した吉川晃司。

役柄の評判も良く、視聴率も高かったことから、前回よりもギャラが高騰した可能性も考えられます。

しかし、吉川晃司が演じる財前は主役ではありません。

主役を演じる俳優の1話あたりのギャラの目安は50万~60万程度といわれています。

ただし、長期にわたってシリーズ化されているような作品だと、だんだんとギャラも高騰し、中には1話あたり300万~500万もの出演料になることもあるそうです。

ただ、吉川晃司さんの場合、自分自身で設立した個人所属事務所ですから、そこまで高額なギャラを要求する可能性は低いんじゃないか?と個人的には思います。

制作サイドとのトラブル?

あまり考えたくないのが吉川晃司と制作サイド間でのトラブルの可能性。

しかし財前役の続投発表にあたりプロデューサーの伊與田英徳(いよだひでのり)さんからは次のように断言しています。

「下町ロケットシリーズは、吉川さん演じる財前なしには始まりません。」

ほんと、そのとおりだと思います。

前作でも財前役に並々ならぬ情熱を注ぎ、しっかりと役を作り上げた吉川さんですから、逆に制作サイドとはより強固な絆が築かれていることでしょう。

遅れた特に理由はない?いいや、狙ってたのさ!その理由とは?

続投の発表が遅れた理由についてあれこれと邪推しましたが、「特に理由はない」という可能性も考えられます。

しかし、わざわざ財前役の吉川晃司だけの続投発表を理由もなしに行うものでしょうか。

ドラマの放送開始は10月からですが、2ヶ月以上も前からまわりの盛り上がりを見せている「下町ロケット」。

テレビ局側としてはこの盛り上がりをできるだけ持続したいと考えているはずです。

そしてドラマ放送開始直前にはさらに大きな盛り上がりを演出すると思われるので、おそらくは今から少しずつ情報を小出しにしていくことでしょう。

というわけで、今回の吉川晃司の続投発表はあえて「狙っていた」タイミングだったのではないでしょうか。

まだ新キャラクターのキャスティングが発表されてませんしね。

でも、続投発表のタイミングは実は次の「別の理由」で狙いすましていた可能性が一番高そうです。

「下町ロケット」への吉川晃司の続投が発表されたのは、8月17日。

そして吉川晃司の誕生日は8月18日

そう、なんと誕生日と1日違い!

おそらくは吉川晃司の誕生祝いを兼ねた粋な計らいなんでしょうね。

すでにおなじみの佃製作所メンバーは続投決定済み

吉川晃司演じる財前は帝国重工宇宙航空開発部・部長ですが、佃製作所のメンバーはどうなっているのか?

これまたひそかに心配していたのですが、下町の工場「佃製作所」のおなじみのメンバーについては、すでに続投が決定しているようです。

立川談春【殿村直弘(とのむらなおひろ)役】

安田顕【山崎光彦(やまさきみつひこ)役】

和田聰宏【江原春樹(えばらはるき)役】

今野浩喜【迫田滋(さこたしげる)役】

中本賢【津野薫(つのかおる)役】

多摩川ノート 土手の草花

谷田歩【唐木田篤(からきだあつし)役】

まとめ ~吉川晃司の威風堂々たる財前が楽しみ~

2018年10月スタートの「下町ロケット ゴースト」で財前役の吉川晃司の続投が決まったことについて書きましたが、いかがだったでしょうか。

WOWOW版の「下町ロケット」に登場する財前は渡部篤郎が演じていて、その柔軟な演技に唸らされたものですが、TBS版の「下町ロケット」の吉川晃司演じる財前は、いかにも「帝国重工!」という感じの大企業の部長としてふさわしい威風堂々たる姿を見せてくれました。

どちらの財前も好きな私ですが、10月からまた吉川晃司の財前を見られるとあって、今から期待しまくってます。

「下町ロケット ゴースト」の財前は大きな苦境に立たされますが、ゴーストの続編でどのような決着が付けられるのか?非常に楽しみです。

10月までの間、新しい情報を貪りながら、復習・予習をして備えておきたいと思います。

とりあえず「下町ロケット ゴースト」読み返そうかな。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク