「空挺ドラゴンズ」8話感想!決着!クィン・ザザvs巨大龍!

漫画・アニメ・映画

アニメ「空挺ドラゴンズ」観てますか?

 

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

今回は巨大龍とクィン・ザザの総力戦がとても熱い。

 

ジローとカーチャとの再会にも注目です。

 

 

スポンサーリンク

想定外すぎる街中での龍捕り

 

 

欲に目が眩んだ他船の龍捕り達の愚行により、巨大龍は街の真っ只中に墜落……カーチャ達がいた建物は崩壊……しかもすぐ近くには龍油工場がある最悪の状況。

 

毒で弱っているとはいえ、相手は過去最大級に巨大な龍……しかも地上かつ街のど真ん中ですからね……想定外すぎるにも程がある。

 

けれども、やるしかないんですよね……もしも龍油工場に引火でもしたら更に被害が拡大してしまう。

 

落下した巨大龍を見て、ジローが龍捕りの油断と奢りについて自戒するシーンがとても印象的である一方で、カーチャを見捨てるわけにはいかないという男気がなんともかっこよかった。

 

また、他の仲間たちも文句を言いながらもなんだかんだで覚悟を決めていたし、ミカに関しては言うまでもなく……いつも通り、獲って、解体して、食べる…その一念あるのみ。

 

大空とは大きく勝手の違った想定外すぎる龍捕り……もうワクワクするしかありませんよね(不謹慎)

 

 

スポンサーリンク

決着! クィン・ザザ vs 巨大龍

 

 

クィン・ザザと巨大龍の戦い……とても見応えがありましたね。

 

クィン・ザザ号の龍捕り達が総出で巨大龍に攻撃するものの、いかんせん相手がデカすぎるため、撃っても撃ってもまったく手応えがない。

 

銃では埒が明かない、ということでミカはボムランスを手に単身で乗り込み一撃を加えるも、暴れる巨大龍に吹き飛ばされ、頭から流血する羽目に。

 

巨大龍が例のソーラービームの体勢に入ると、今度はジローが単身で巨大龍へと食らいつき、弱点に見事な一撃を加えてた……ミカに似てきたというニコの一言が何気に嬉しい。

 

けれども、ジローの攻撃も致命傷には至らず……ソーラービームの光の集約はまったく止まる気配なし。

 

最後まであきらめずジローは足掻き続けるわけですが……いよいよ万事休すか……というタイミングでクィン・ザザが体当たり!

 

なんだこの演出……最高やんけ。

 

さすがの巨大龍もこの一撃はかなり効いた……一方でぶつけた張本人達はというと、早くも船体の心配をしていたな……クロッコの船への愛情がややこしすぎる。

 

とはいえ、この体当たりで流れは大きく変わり……あとはクィン・ザザの龍捕り達総出で一斉にランスを突き立て続け……ついに決着。

 

まさに総力戦といった様相を呈していた巨大龍との戦い……クィン・ザザ号の底力をたっぷりと堪能させていただきました。

 

 

スポンサーリンク

カーチャが無事でジローはホッ

 

 

カーチャが無事であることを目の当たりにしたジローさん……めちゃくちゃホッとしてましたね。

 

なんというかこの二人……見た目もよく似てるところはあるんですけど、心のあり方がとても良く似てるように思うんですよね。

 

お互いに顔を見ただけで通じ合ってるようにも見え、二人が何を考えているのか傍から見てても雰囲気が伝わってくるというか……とにかく二人はお似合いすぎる。

 

お互いに惹かれ合っていることを自覚しながらも、直接言葉に出すようなことはない……この絶妙な距離感がなんともたまらない。

 

特にジローが祭りの約束を口にしたときのカーチャの反応……思いっきり笑い飛ばしていたけれど、本心では涙を流さんばかりに嬉しかったんだと思う。

 

それにしても、さりげなくジローの背後に位置取るヴァナベルさんが妙に面白い……たぶん人の恋路が気になって仕方ないんだろうなこの人(笑)

 

ともあれ、ジローとカーチャ、二人が無事に再会できて本当によかった。

 

 

スポンサーリンク

これが真の商売人

 

 

リーの決断がとても素晴らしかったですね。

 

いつもはケチケチな言動が目立つものの、いざという時には本当の利とはなんなのかを瞬時に判断し、たとえ苦渋の選択であったとしても正しい決断を下すことができる。

 

リーは真の商売人ですよね。

 

リーのこの決断がなければ、クオーン市の住民達との対立はますます深まり、最悪の場合、共倒れする可能性すらあったと思う。

 

だったら、巨大龍をすべてクオーン市に譲渡すれば、お互いに遺恨を残すこともないし、最低限船の航行に必要となる補給や修理を担保できる。

 

もちろん、これには他の捕龍船の同意も必要になるんだろうけど……幸いなことに、バカな船員達の船長は至極全うな感覚の持ち主だった……めちゃくちゃガラは悪いけど。

 

それにクロッコ船長代理の回答も、船さえ直ればそれでいい、と実にシンプルなものだったし。

 

街の人たちの被害を考えると、リーの決断は最高に利にかなったものだったと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「空挺ドラゴンズ」第8話「暴れ龍捕獲作戦」を視聴した感想について書きました。

 

今回は恐るべきソーラービームを持つ巨大龍との対決がとても見応えありましたね。

 

他船の龍捕り達は結局いらんことばっかりしてくれやがってましたけど……クィン・ザザ号がきっちりと尻拭いを果たし、なんだか誇らしい気持ちになりました。

 

そして、無事に再会を果たしたジローとカーチャ、二人のエモい空間に少し当てられて妙な気持ちがこみ上げてきましたが……とりあえずそっと胸にしまっておきました。

 

個人的にはリーが下した決断が称賛ものだったかな……この人いざという時には本当に頼りになるのな…。

 

次回もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「空挺ドラゴンズ」第8話の感想でした!

 

アニメ『空挺ドラゴンズ』感想一覧 2020年1月~

コメント