アニメ「うちのメイドがウザすぎる!」5話までの感想!クセが強いな

アニメ「うちのメイドがウザすぎる!」観てますか?

「うちのメイドがウザすぎる!」は、中村カンコ先生による同名マンガを原作としているのですが、コンセプトは「ほっこりしない系ホームコメディ」。

  • 幼女大好きな筋肉バキバキの元女性自衛官・鴨居つばめ
  • 亡くなったロシア人の母のDNAを色濃く受け継ぐ美少女・高梨ミーシャ

この二人が繰り広げる「ほっこりしない系ホームコメディ」は、テレビで放送するにはいろんな意味でギリギリ過ぎる気がするのですが、実際に放送しちゃってるから多分大丈夫なんでしょう。

というわけで今回はアニメ「うちのメイドがうざすぎる」を1話~5話まで視聴した感想について書きますね~。

スポンサーリンク

「ウザすぎるメイド」のクセが強すぎる

妖精のような美しさを持つロシア系小学生・高梨ミーシャの家でメイドとして雇われることになった元・航空自衛官の鴨居つばめ。

このメイドさん、とにかくクセが強すぎる。

  • 全身の筋肉はバキバキ
  • 右目に謎の眼帯
  • ガチすぎるレベルの幼女好き(初潮過ぎた時点でアウト)

元自衛官というよりは、犯罪者予備軍のような個性を持つメイド・鴨居つばめですが、メイドとして雇われるにふさわしい能力も持ち合わせているんです。

  • 家事全般オールOK(特に料理が得意)
  • 裁縫が得意(人形の洋服をオークションで売って月50万稼ぐほど)
  • サバイバル能力に長けている(野外でのキャンプで大活躍)

変態レベルのロリコンという性格には難があるものの、スペックとしてはとても高いものがあります。

また、基本的には性格は善良で、とても礼儀正しくもあるので、ロリコンというところを除けば素晴らしい人格者とも言えなくはありません。

しかし、変態レベルのロリコンであることには変わりなく、

白人美幼女に

私の作ったフリフリのお洋服を

とっかえひっかえ着替えさせて

キャッキャウフフする

ことが目的ですから。

ロシア系美少女・高梨ミーシャは格好のターゲット、というわけですね。

中身が残念すぎる美少女

変態ロリコンメイド・鴨居つばめをとにかくウザがっているのが、まだ小学生のロシア系美少女・高梨ミーシャ。

母親をなくしてからは、血のつながりのない父との二人暮らしで、学校にも行かず、部屋に引きこもって、ずっとゲームばかりしているんです。

まさに中身が残念すぎる美少女。

「可愛らしい小学生」というよりも「鬱屈した引きニート」と言ったほうがいいかもしれませんね。

ゲームとネット三昧の日々を過ごしているため、ITリテラシーはとても高く、思考も他の小学生に比べると大人びていて、意外にも将来の人生設計はしっかりしてたりします。

しかし、美少女という観点からすると、やっぱり中身が残念であることには変わりないのかな?

原作、アニメ、ともに作画レベルが高いしテンポもいい

うちのメイドがウザすぎる!

原作コミックスはアニメ化する以前から画力の高さに定評があったのですが、アニメ化に際しては少し心配する声も上がっていました。

しかしながら、アニメ「うちのメイドがウザすぎる!」は、作画レベルも高く、キャラの動かし方もキャラクターの特徴を殺すことなく上手に活かしているので、はっきりいってクオリティは高いです。

また、原作にはないシーンをこまめに追加するなど、補足の仕方も絶妙ですね。

特にミーシャに泥水をかけられてから、手尺でミーシャを測定するシーンは、アニメならではの表現でとても面白いアレンジを加えてましたしね。

また、ミーシャが見せる子供らしい仕草や、表情に関しては原作マンガ以上に表現豊かに描かれているようにも思えます。

全体的な話のテンポも良く、ストレスなくサラサラっと視聴できるので、お手軽な感じがとてもいいですね。

OPとEDはクセが強い

OPとED、ともに高梨ミーシャ(CV:白石晴香)と鴨居つばめ(CV:沼倉愛美)の二人が務めているのですが、これがけっこう頭に残ります。

OP、EDともに「ウザさ」を全開でアピールする内容となっています。

躍動感のある動きで「ウザさ」をアピールするOP、そしてなぜかミーシャとつばめが筋トレに励むED。

私は特にEDがツボにはまってます。

ガチで筋トレするメイド・つばめ、ヘロヘロになりながら筋トレするミーシャ、なぜか二人して筋トレに励むこのEDは、いつも飛ばすことなくしっかりと最初から最後まで観てしまうんですよね。

クセが強い。

でもなぜ筋トレをチョイスしたんだろう?

気になるな。

今のところ原作を忠実に進行中

「うちのメイドがウザすぎる!」

多少のアレンジやカットはあるものの、1話から5話まで視聴した感じ、原作マンガを忠実になぞりながら進行しているようですね。

1話目(前半) コミック「一戦目!」 うちのメイドがウザすぎる! : 1 (アクションコミックス)
1話目(後半) コミック「二戦目!」
2話目(前半) コミック「三戦目!」
2話目(後半) コミック「四戦目!」
3話目(前半) コミック「五戦目!」
3話目(後半) コミック「六戦目!」
4話目(前半) コミック「七戦目!」 うちのメイドがウザすぎる! (2) (アクションコミックス(月刊アクション))
4話目(後半) コミック「八戦目!」
5話目(前半) コミック「九戦目!」
5話目(後半) コミック「十戦目!」

この記事を書いている時点(2018年11月7日時点)で発売済みの原作コミックスは第3巻まで。

2018年11月12日には第4巻が発売されます。

今のペースでアニメ放送が進むめば、おそらくはコミックス第3巻のラストまで描かれるんじゃないでしょうか?

原作の刊行ペースによっては、第2クールも意外と早くに放送されるかも?

まとめ

アニメ「うちのメイドがウザすぎる!」第1話~第5話までを視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか?

際どいテーマを扱ったある意味チャレンジ精神にあふれた作品、「うちのメイドがウザすぎる!」ですが、視聴した感じでは原作の雰囲気を大切にしながらも、適切にアレンジを加え、とても丁寧に作られている印象を受けました。

人によって好みは分かれるところもあるかもしれませんが、個人的には2018年秋アニメのコメディ作品としては、かなり面白い部類に入ると感じています。

というわけで、次の放送も楽しみ楽しみ。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク