「推しが武道館いってくれたら死ぬ」7話感想!舞菜の好きが止まらない

漫画・アニメ・映画

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」観てますか?

 

今回は長い長いえりぴよの骨折がようやく完治……タイトルどおり「舞菜のために走るんだ」。

 

約束を果たしたくまさ、後悔する基、そしてえりぴよと舞菜の二人の思いに注目です。

 

 

スポンサーリンク

復活のえりぴよ

 

 

えりぴよの骨折がようやく治ってましたね。

 

過労でフラフラのところをイノシシに轢かれた結果、骨折してしまったわけですけど……思っていた以上に骨折してる期間が長かった。

 

もう第1期終わるまでずっと骨折してるのかな? って思いましたもん。

 

だからこそ喜びもひとしお……特にくまささんに嬉しそうに報告するえりぴよの姿は見ていて微笑ましかったですね。

 

二人して「くっつける」という表現を使っているのも面白い……なんだかんだでこの二人、メンタリティがよく似てる…。

 

ともあれ、こうして骨をくっつけたえりぴよさん……ゆるオタから脱却し、舞菜の人気投票で積みまくるため、再びバイト三昧の日々を送ることが確定したようですね。

 

 

スポンサーリンク

迷走あーや

 

 

横田文ことあーやが迷走していましたね……キャラ作りで。

 

男性スキャンダルの誤解で人気急落中の空音にすら勝てない焦りと、ロリ枠の需要のなさに絶望した結果、あーやはロリ枠からの脱却を決意。

 

大胆なイメチェンで大人びた演出をするものの……イメチェンあーやは見ていて非常に痛々しかった。

 

特に胸の谷間を「描いて」表現する様は、ある意味眞妃への侮辱行為ともいえなくもない……でもこの行動力、嫌いじゃない。

 

結局あーやのイメチェンはファンの前でもダダ滑り……空気を読めない優佳にもはっきりと酷評された結果……あーやさん、ソッコーでイメチェンやめてましたね(はやっ)

 

ロリ枠あーやのセンター実現は難しいかもしれないけれど……ロリ枠はあーやにとっては絶対に手放してはいけない生命線のようなもの。

 

センターを目指す野心は悪くはないけれど……まずはロリ枠のファンを大切にするところから始めたらいいんじゃないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

裏目にしか出ないえりぴよ

 

 

骨折から復活したえりぴよさん……危うく同じ過ちを繰り返すところでしたね。

 

人気投票最終日に大量に積むべく、えりぴよは舞菜の握手をくまさに任せてバイトに励むんですけど……どこかで見たような光景だな。

 

舞菜のために働くえりぴよ、心配する舞菜……二人の思惑はまたしても思わぬ方へ作用する。

 

舞菜の「無理しないで」は、えりぴよにとってはドーピングみたいなもの……真逆の効果を発揮した結果、大量にバイトの予定を詰め込んでた(笑)

 

久しぶりに見るえりぴよのコッペパン返し…‥モチベーションはMAXだ!

 

マクロでミクロな経済思考で、えりぴよは舞菜と一緒に生きていく(間接的に)

 

そして他にもバイトを多数かけもちした結果……またしても過労状態に陥ってた…バカ。

 

またイノシシに轢かれるのか…と思いきや、今度は川の中へと転落し……どんぶらこ~どんぶらこ~と流されて、気がつくと日本○かし話状態になっていた。

 

親切なおじいさんとおばあさんが助けてくれたから良かったものの……これ一歩間違えてたら新聞に載る事態になってたと思う。

 

本人的には骨さえ折れてなければ大丈夫とのこと……それよりも問題なのは舞菜の人気投票!

 

舞菜をセンターにするべくえりぴよは全力で走るのでした。

 

えりぴよにはもっともっと働き方改革が必要だと思った。

 

 

スポンサーリンク

それでもえりぴよは積む

 

 

人気投票最終日……結局、えりぴよは間に合わなかった。

 

すべてはこの日のために…と頑張ってきたというのに。

 

けれども、えりぴよがスゴいのはここからなんですよ。

 

たとえ票にならなくても、えりぴよは舞菜のCDをすべて購入……とにかくえりぴよは舞菜のために積みたいだけ……どこかの基とは大違いだな。

 

そんなえりぴよの行動に心打たれたスタッフが、今回はいい仕事するんですよね。

 

えりぴよの一件をこっそりと舞菜に耳打ちして教えてあげるんですよ。

 

以前の短冊の一件では別のスタッフがやらかしていたけれど……今回のスタッフはえりぴよとは顔なじみということもあって対応もソフトランディング。

 

「いいファンを持ったね」の一言に思わずグッときた。

 

もちろん舞菜もグッときた。

 

アイドルは待つことしかできない、という鉄則を曲げて、えりぴよを追いかたところ、えりぴよのうしろ姿を発見。

 

たとえ人気投票できなくても……それでも舞菜のために積む。

 

そんなえりぴよの持つ箱の中には大量の舞菜のCDが……それを見て胸がいっぱいになった舞菜には、是非とも神対応をお願いしたいところです。

 

 

スポンサーリンク

果たされた約束

 

 

くまさとれお……二人がかつて交わした約束がしっかりと果たされていましたね。

 

自分の力で絶対にセンターにすると言っていたくまさ。

 

そんなくまさを信じると言っていたれお。

 

そして人気投票の結果、れおは1位を獲得し、正真正銘センターの座を手に入れた。

 

れおはもともとChamJamのセンターを努めていはいたものの……人気投票によって獲得したセンターは全くの別物。

 

ようやく約束を果たせた二人の間には、言葉にせずとも通じ合う深い深い絆があるようでした。

 

 

スポンサーリンク

後悔先に立たず

 

 

基が後悔してましたね。

 

基が空音の男性スキャンダルの誤解を解かず、独り占めしようとした結果、空音は人気投票で大きく順位を落とすことに。

 

空音はファン達の前でなんとか笑顔を取り繕うものの、そこには今までに見たことがないような憂いた表情が広がっていた。

 

そんな空音を見て、基ははじめて後悔をするんですね。

 

えりぴよやくまさと違って、基はいわゆるガチ恋勢。

 

空音の人気投票の結果を得て、基はようやく「僕だけの空音ちゃん」を追い求めたことの代償に気づいたのでしょう。

 

このあと基がどのような行動に出るのか……その行動いかんでゲス脱却の可否が分かれてくると思われます。

 

 

スポンサーリンク

舞菜の好きが止まらない

 

 

舞菜が今までに見せたことがないくらい、えりぴよへの好きが爆発していましたね……心の中で。

 

舞菜はえりぴよのことが大好きなんですけど、言葉が圧倒的に足りないもんだから、いつも塩対応として受け取られてしまうわけですが……今回はそうでもなかった。

 

というのも、えりぴよがめっちゃイイこと言ってくれたのが大きかった。

 

残念ながら舞菜は人気投票では最下位だった……けれどもえりぴよにとっての一位はずっと舞菜ただひとり。

 

そんな思いの丈を絶叫したえりぴよに、くまさも一人静かにウンウン頷いてたし……何より舞菜本人にもめちゃくちゃ届いてた。

 

舞菜にプレゼントするはずだったエンジェルな服も意外な相乗効果を発揮……気がつくとえりぴよと舞菜……二人の間には今までみたことがないくらい幸せなひとときが流れていましたね。

 

特に舞菜の「好き」という気持ちが溢れて止まらない感じが最高に良かった。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第7話「舞菜のために走るんだ」を視聴した感想について書きました。

 

今回はえりぴよが骨折から復活したこともあり、全力で舞菜のために積みに来ていましたね。

 

結局、過労でまたしても自爆してしまったわけですが……それでもなお積む姿勢には思わず胸が熱くなってしまいましたね。

 

また、今回はそんなえりぴよの思いが舞菜にもしっかりと届いたという手応えもかんじられたのが良かった……特に最後の溢れんばかりの「好き」が最高。

 

えりぴよと舞菜……二人の親密度がもっともっと上がることを期待して、次回を楽しみに待ちたいと思います。

 

以上、アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第7話の感想でした!

 

アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』感想一覧 2020年1月~

コメント