「ハイスコアガールⅡ」17話感想!沼田と遠野のストリートファイト

漫画・アニメ・映画

アニメ「ハイスコアガールⅡ」見てますか?

 

前回はハルオの部屋で緊迫の空気が流れたところでチャレンジングな幕引きをしてましたが…今回はまさにその続きからスターティン。

 

大野と日高のいじらしさ、そして渋谷に注目…驚くべきサプライズが待っています。

 

 

スポンサーリンク

宮尾と真がこわれた

 

 

大野と日高が醸し出す濃密な空気に絶えきれず、宮尾と真が壊れてましたね。

 

それにしても宮尾、「帰るます」ってなんやねん…発案者が真っ先に退場とかありえんでしょ…といいつつもこれは仕方がないことなのかも。

 

ハルオ、日高、大野の三角関係をもっともよく理解している第三者は宮尾だけですからね。

 

一方、真はというと日高のことについての情報が皆無ながらも、その野性的な勘で「胸がキュ~」っとなってた…さすが年長者。

 

といっても、残念ながら真は恋愛「超」初心者……今回のようなドロドロのグチョグチョにはとても耐えられない…自己防衛本能により幼児退行した後、ハルオママと「オゲレツシリトリ」の続きをやることに(笑)

 

こうして真は女子大生も無駄づかいしていくのか…この人本当に大野のお姉さんなのかな…?

 

ということで、開始早々、二人の人間が壊れることになったとさ。

 

 

スポンサーリンク

勃発! 大野アキラ vs 日高サラ

 

 

さすがの鈍チンのハルオもこの異様な空気には気づいたようで…ただし恋愛的な部分ではなく、ゲーセン的な部分でしたが(バカ)

 

そして日高の提案により勃発したバーチャ2対決…大野アキラがパッドで日高サラがジョイスティックという超絶なハンデマッチ…通常ならありえないですよね。

 

でも第1セット目は大野が完封勝ち…ハイスコアガールとしての貫禄をしっかりと見せつけていました。

 

第2セットはかろうじて日高が勝利するも、お互い負けた後は黙るガチ展開…大野はいつも黙ってるという心のザンギエフの指摘が素敵。

 

凄かったのが第3セット目…パッドで崩撃雲身双虎掌を繰り出すという離れ業…まさに「アキラスペシャル」…大野がアキラを選んだ理由は名前が一緒だからなのかも…?

 

いつものキャラ選択基準でいけば、ジェフリーかウルフを選ぶだろうに。

 

言い出しっぺの宮尾もまさか自分が逃げたあとで、こんな対決が勃発してるなんて思いもしなかっただろうなぁ…ある意味「帰るます」して正解だったかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

乙女チック踏み踏み

 

 

帰り際にハルオの足を踏む大野…なんとも乙女チックでしたね。

 

本来ならば、一人で帰ってくるであろうハルオをワクワク待ち構えていたんだろうに…実際には日高と宮尾が同伴していたという…不意打ちするはずが完全に不意打ちくらっとる。

 

しかもドロドロとグチャグチャの空気からのバーチャ2対決まで…本来ならハルオと二人きりで対戦したかっただろうに…なぜこんなことになってんの? って思ったことでしょうね。

 

しかもゲームとは言え日高に「いつか勝ってみせたい」とか言われるし…。

 

その原因であるハルオは相変わらず何もわかってないようだし…そりゃ踏んづけたくもなりますよ。

 

ハルオには難解すぎるかもしれないけれど…ぜひ大野の乙女心を解明していって欲しいものです。

 

 

スポンサーリンク

好きな子にイジワルする日高

 

 

日高がハルオへのイジワルをこじらせてましたね…。

 

思春期の男子が好きな女子にイジワルしたくなる例の現象でしょうか…今回のケースでは完全に男女逆転してますが。

 

ただ、今回の場合は溝の口勢の殺伐とした雰囲気にアテられてしまったところもあったと思う…これは日高とハルオの両人ともに。

 

といっても溝の口勢はおもしれぇヤツばっかりだったけど…パンチ力60kgがどうした。

 

日高さん、格ゲーしすぎてドS化してる疑惑(by二子玉フェリシア)もあるものの、個人的にはこういうイジワルな日高も嫌いじゃないです…むしろ好き。

 

 

スポンサーリンク

ハルオ@渋谷勢

 

 

ゲーマーは孤高であるべき…だけど寂しい…そんな矛盾を抱えたハルオさん、気がつくと渋谷勢になっちゃってましたね。

 

きっかけとなった格ゲー「カイザーナックル」のジェネラルシーンも原作どおり見事に再現されてた…これは嬉しい。

 

あまり褒められた戦法とは言えないかもしれないけど…大野の意志を継がんとするハルオが何ともいじらしかった…ジェネラルのはめ殺し、お見事でした。

 

ハルオはこのことがキッカケでいつの間にか渋谷勢に組み込まれてしまうんですね…個人的には負けてくすぐられるハルオも見てみたかった…渋谷勢、意外とマイルド。

 

もらった服ですっかり渋谷風のハルオだったけど、ダライアス外伝に興じる様子は平常運転そのもので宮尾も安心の安定感。

 

一緒に来てた土井はエアーマックスとジーパンと食べかけのガリガリくん狩られてて少しだけ可哀想でしたが。

 

ともあれ、ハルオ@渋谷勢は思っていた以上にしっくりと来るものがありましたね。

 

 

スポンサーリンク

沼田と遠野のストリートファイト

 

 

中学時代にお世話になった沼田先生と遠野先生が久しぶりに登場してましたね。

 

しかもまさかのストリートファイト(バーチャファイト?)してました。

 

残念ながら沼田先生はルーズソックスの女子高生になすすべもなくKOされてしましたが…逆にJKは見事なコンビネーションでした…まさにバーチャファイター。

 

一方、あとから登場した遠野先生は目にも見えない早業でJK3人をまとめてKOするという離れ業を見せていました…元担任つええ。

 

遠野先生は口ではけっこうキツイこと言うんですけど、歴代の先生達の中では一番ハルオのことを理解してくれてるとてもいい先生なんですよね。

 

ちなみにこのエピソードは原作コミックスの5巻の「SPECIAL-CREDIT」に収録されています。

 

まさか渋谷編で組み込んでくるとは…やっぱりアニメ版は油断できない…嬉しい。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「ハイスコアガールⅡ」第17話「ROUND17」の感想について書きました。

 

宮尾発案によるおしゃべり会は、大野と日高の重苦しい空気により、ドロドロのグチョグチョになった挙げ句、宮尾と真の2名が退出…大野と日高のバーチャ2対決という思わぬ流れに発展していましたね。

 

その後もドロドロ、グチョグチョな流れが続き、あれよあれよとハルオが渋谷勢になってしまう様子がとてもおもしろかったです。

 

特に沼田先生と遠野先生のエピソードをぶっこんでくれたのが個人的にすごく嬉しかったですね…今後もこういうのちょいちょい挟んでってほしいです(希望)

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「ハイスコアガールⅡ」第17話の感想でした!

 

アニメ『ハイスコアガール』感想 2018年7月~9月(第1期)、OVA
アニメ『ハイスコアガールⅡ』感想 2019年10月~

コメント