アニメ「聖女の魔力は万能です」4話感想!見て見ぬふりは致しません

漫画・アニメ・映画

アニメ「聖女の魔力は万能です」観てますか?

 

聖女の魔力は万能です

 

今回はセイがいよいよ聖女としての本領発揮。

 

セイが起こす温かい奇跡に注目です。

 

 

スポンサーリンク

国宝級の魔力付与

 

 

前回、エアハルトによって半ば強制的に行われたセイの魔力付与祭り……最後の最後に行った三重付与はやっぱりとんでもない事だったんですね。

 

その効果、国宝級。

 

この事実は国王の他、ヨハンとエアハルトの三人の間だけで共有されるのみ……肝心のセイ本人もこの重大さについてはまったく気づいていない状況なんですよね。

 

もしも本人がこの事を知ったら……心的疲労がとんでもないことになりそう。

 

さいわい、この国の国王は、アホな第一王子と違ってとても良識のある人物のようで……少なくとも今の時点ではセイにとって悪い結果にはならなそう。

 

実際、図書館でセイと遭遇した際には、親切にも聖属性魔法の本について教えてくれたし、またバカ息子の件でも丁寧に頭を下げて謝罪する様子を見せていましたしね。

 

おそらくこの国王となら、セイも良好な関係を築いていけるんじゃないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

もう一人の聖女の今

 

 

セイと同じくして召喚された少女・アイラちゃんの様子が少し語られていましたね。

 

セイが第三騎士団に1.5倍の呪いのポーションを届けた際、第二騎士団があるなら第一騎士団は? という話題が出るのですが……。

 

この第一騎士団はカイル王子のお守りに忙しく……そしてカイル王子は難易度ぬるめの東の森にてアイラの修行につきっきりとのこと。

 

一方で第三騎士団は第二騎士団と合同で、例のサラマンダーが出た西の森へ遠征を予定しているという。

 

同じ騎士団でもありながら、ずいぶんと任務内容に差があるんだな……。

 

それだけアイラが「聖女」として大切に扱われているとも言える。

 

ただ、アイラには「聖女」というほどの力は見られず……どちらかというとセイのほうが本当の「聖女」ではないか、という声も上がっているそう。

 

そりゃそうですよね、実際セイの作った1.5倍ポーションの効果を知る第三騎士団からしたら、セイのほうが遥かに聖女らしいですもんね。

 

上昇志向の強い人間ならば、その聖女としての能力を思う存分に利用して、富と権力を手に入れたいと望むのでしょうが……あいにくとセイにはそういった考えはまったくない。

 

できるだけ目立たず静かにスローライフを楽しみたい。

 

そんなセイだからこそ、純粋にアイラのことを心配できるのでしょうね。

 

少なくとも今のアイラは第一王子に大事に大事に保護されている。

 

とはいえ、もしもアイラに「聖女」としての力がないとわかったら……どうなるのかはわかりませんよね。

 

結局セイの心配は尽きることがなさそうですね。

 

 

スポンサーリンク

見て見ぬふりは致しません

 

 

セイの聖女としての力が炸裂していましたね。

 

1.5倍ポーションから始まり、国宝級の魔法付与ときて、今回はいよいよ聖魔法。

 

普段から仲良くしている第三騎士団……今回は第二騎士団と合同で西の森へ魔物討伐の任務へとあたっていたわけですが。

 

彼らの帰還後、さっそくお見舞いの品を持ってセイが訪れたところ……馴染みの騎士の一人が片腕を失っていた。

 

セイの前でいつもの調子で気丈に振る舞ってはいたものの……騎士へと復帰できない今、彼に残された選択肢は故郷に帰ることだけだったんですね。

 

家族のため、国のため、もっと騎士として働きたかった……そういって悔しそうにする姿を見せられてしまっては、見て見ぬ振りなんて絶対にできない。

 

コツコツと聖魔法の練習を積んできた結果、今のセイは魔法が使える。

 

ただし、セイが魔法を使うということは、もう今までの生活が送れなくなる、という可能性も秘めている。

 

でもそんなのかんけーねー。

 

覚悟を決めたセイのヒールは、欠損した腕を完璧に復元……あまりの奇跡に沈黙する男の姿が逆に胸を打つ。

 

男の感謝の言葉に対するセイの言葉は「どういたしまして?」と疑問形……これがいかにもセイらしい。

 

その様子を見ていた騎士たちはただただ唖然とするばかり。

 

乗りかかった船はとても大きい……でも覚悟を決めたセイはその船を降りず、むしろ全力で乗るスタイル。

 

大量の魔力ポーションを飲みながらすべての重傷者の治療を終えると、最後はお試しとばかりにエリアヒールですべての軽症者まで治してしまった。

 

これは陛下にも責任あるで……おすすめの本がとても役に立ったから。

 

そしてその様子をみていたヨハンとホーク。

 

ヨハンは、いつも大量のポーションを作るセイをやんわりと叱る場面が多いのですが……今回の盛大な「やらかし」についてはド直球に「よくやった」とねぎらっていた。

 

見て見ぬ振りをしないセイの善意が周囲に伝搬するような、そんな素晴らしいシーンだったと思います。

 

 

スポンサーリンク

聖女鑑定の時

 

 

ついにセイにとって恐るべき時が来てしまった感じでしたね。

 

聖女召喚の儀式以降、魔法師団長はずっと昏睡状態にあったわけですが……ついにお目覚めになられたとのこと。

 

モノの鑑定についてはエアハルトができるものの……こと人物に関する鑑定は師団長しかできないとのことで、聖女の真偽についてはいまだにわからないままだったんですね。

 

この鑑定の結果によっては、セイの今後の立場が大きく変わるかもしれない。

 

セイのスローライフがかかったこの鑑定……非常に気になるところですね。

 

また、初めての登場となる師団長がどのような人物なのか……?

 

次回がとても楽しみですね。

 

以上、アニメ「聖女の魔力は万能です」第4話「奇跡」を視聴した感想でした!

 

アニメ『聖女の魔力は万能です』感想一覧 2021年4月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント