めっちゃ残念!黒曜燐「ネト充のススメ」連載終了!

comico連載の人気マンガ「ネト充のススメ」の連載が2018年6月30日に終了することが正式に発表されました。

「ネト充のススメ」の作者は黒曜燐さん。

「ネト充のススメ」は作者の体調不良ということで、2015年7月からずっと休載状態にありました。

2017年10月にはアニメ化もされ、「いよいよ作者の復活の目処がたったか?」と個人的にはかなり期待していたのですが、残念な結果となってしまいましたね。

連載終了はとても残念ですが、逆にちょっと安心した、というかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

生きててくれて良かった

ネト充のススメ 1 (MFC comicoシリーズ)

「ネト充のススメ」連載終了にあたって、作者の黒曜燐さん本人からコメントが発表されました。↓↓

「ネト充のススメ」読者の皆様へ

ご無沙汰しております。黒曜燐です。

今日は皆様へお知らせがありこのようなメッセージを出すことにさせていただきました。

体調の回復を第一に努力を続けてまいりましたが、

自分の思うように回復が進まず、

連載再開が難しい状況が続いておりました。

また、取り巻く環境の変化の影響もあり、

担当さんと話し合いを重ねた結果、

このたび連載を終了させていただく事と致しました。

休載時に連載再開を皆様にも約束してきた中で、

身勝手な振る舞いを重ねてしまい、

そんな中でも温かい言葉をかけてくださった皆様と、

作品のキャラクター達にもゴールを作ってあげられず、

申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私は引き続き療養に入ることになりますが、

皆様もどうかお身体にはお気をつけください。

これまでたくさんのご声援、本当にありがとうございました。

連載再開を心待ちにしていた私は、残念な気持ちにはなったものの、作者本人からの発表ということで、ほっと安心する気持ちにもなりました。

生きててくれて良かったな、と。

ネットでは根も葉もない噂も流れていたため、勝手によくない想像をしていた私が悪いだけなんですけどね。

でも「ネト充のススメ」の完結を見られないのはとても残念

ネト充のススメ2 (MFC comicoシリーズ)

「ネト充のススメ」は読んでいてとても心地良い作品なんです。

連載の最新話ではリアル(現実)での人間関係の進展などもあって、先の展開がとても気になるところだったんですよね。

TVアニメでは原作にはない解釈での結末が描かれていて、それはそれでとても良かったのですが、やはり原作ならではの結末も見たかった!

内容うんぬんは置いといて、TVアニメ化を聞いた時点で、次のような黒曜燐復活ストーリーを勝手に描いていました。

私が勝手に思い描いた「黒曜燐・復活ストーリー」

TVアニメ「ネト充のススメ」ディレクターズカット版Blu-ray BOX

以下が私が勝手に思い描いた「黒曜燐・復活ストーリー」です。↓↓

黒曜燐の体調回復!

comicoでの連載再開!

完結に向けて順調に連載!

ふたたびアニメ化!

アニメ終了と同時に原作完結!

完全描き下ろしでアニメ映画化!

そして新連載開始!

残念ながらこのような流れにはなりませんでしたが、いつかきっと復活してくれるものと信じています。

とはいうものの、そういった気持ちが作者の重圧になって療養の妨げにはならないでほしい、という気持ちもあるわけです。

それは、多くの「ネト充のススメ」ファンの方も同じかと。

人生なんてなるようにしかならない!とにかく自分を一番大事にして欲しい!

あなたと俺とキミとわたしと

おそらく作者の黒曜燐さんは、次のようなあせりや苦悩の中で毎日過ごされているんだと思います。(私の勝手な想像ですが)

  • 一刻も早く体調を回復させなければいけない!
  • 連載を再開しなければいけない!
  • これ以上ファンを待たせてはいけない!
  • これ以上周りに迷惑をかけてはいけない!
  • いつまでもこんな状態では生活していけない!
  • そんな状況を招いている自分が許せない!

連載休止をしてからおよそ3年間、それはもう苦しい日々だったのではないでしょうか?(今ももちろん苦しいでしょうが)

すべての人に当てはまる、というわけではありませんが、正直なところ「人生なんてなるようにしかならない」と思うんですよね。

上記のようなネガティブな苦悩を抑えてポジティブなことだけ考える、なんてことはそうそうできるものではありません。

好きなだけ「苦悩」すればいいし、

好きなだけ「療養」すればいい、そして

好きなだけ「自分のやりたいこと」をしてほしい。

とにかく今は「自分を一番大事」にしてほしい、と私は思います。

というわけで、私も自分を大事にするために、好きなことをしたいと思います。

それは「ネト充のススメ」をもう一度見直すということ。(何度目やねん)

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク