ドラマ「半沢直樹(2020年版)」8話感想!半沢の敗北

ドラマ

ドラマ「半沢直樹(2020年版)」観てますか?

 

ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス: 2020年7月スタートドラマ「半沢直樹」原作

 

今回は敵の本丸、箕部幹事長と直接対決。

 

半沢と大和田の呉越同舟、東京中央の生き字引、そして黒崎検査官に注目です。

 

 

スポンサーリンク

ついに掴まれた宮野真守

 

黒崎の部下として注目を集めていた古谷役の宮野真守……ついに黒崎に掴まれていましたね。

 

黒崎に代わって前に立ちすぎたせいで上司の怒りを買った結果、背後から思いっきり股間を掴まれ、得意の顔芸を思う存分披露してた(笑)

 

まさに「待ってました」のシーンでしたね。

 

セリフの数も登場シーンも少ないけれど…………あの濃いい黒崎と半沢が同席する場面において、あれだけ確かな存在感を出せれば申し分ないんじゃないかな。

前回の生放送特番では股間に保護具を入れてるそうなので、たぶん宮野さんのアソコもしっかりと守られたものと思われる……真守だけに。

 

 

スポンサーリンク

世界で一番嫌いなモノ

 

 

半沢と大和田……この二人、もうほんと仲悪いですよね(笑)

 

今回の「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」ではたびたび共闘する場面があった両者ですが……大和田にとっての半沢は世界一嫌いなモノに分類されてるんですね。

 

でも紀本副頭取を追い落とすためには、半沢の協力は必要不可欠なんですよね。

 

上から目線で高圧的に半沢に協力を取り付けようとするも……逆に半沢からは人にモノを頼むときの7文字の言葉の催促が……おお、見事なブーメラン。

 

大和田はあまりの悔しさに「オナシャス」などと、アドリブらしいセリフを吐いて、半沢にしっかりツッコまれてた……本当は仲いいんじゃないの?

 

ようやく「お願いします!」と逆ギレ気味に言ったときの大和田の顔がとにかくスゴイ。

 

さらに、お互いに握手しに歩み寄るシーンがあるんですけど……この演出、どこまで筋書き通りなんだろ?

 

お互いが歩み寄るまで長い長い……でも握手自体は驚くほどに短かった(笑)

 

二人のこういう関係性……個人的にはとても好きです。

 

 

スポンサーリンク

東京中央の生き字引

 

「東京中央銀行の生き字引」こと検査部の富岡が新たに登場していましたね。

 

演じるのは浅野和之さんということで、一癖も二癖もありつつも、とても味わい深い大先輩といった風貌がとても板についていて。

 

半沢だけでなくあの大和田でさえ駆け出しの頃にはお世話になったという、かなり重要な役どころだったりするんですよね。

 

残念ながらそんな大先輩の所属する検査部は……出向待ちの社員たちが集まる掃き溜めのような部署だったりする。

 

このことから、おそらくこの富岡も半沢と同じように、自分なりの高い矜持を持って仕事に取り組んできたんでしょうね。

 

そして「生き字引」と言われるだけあって、半沢の求める資料のありかについてもすぐに心当たりをつけてしまうものの……結果的には、捜索不可能なことがわかっただけにとどまるのですが。

 

ただ、富岡先輩の登場は、半沢にとっても非常に心強いものがありますね。

 

 

スポンサーリンク

2013年版から久しぶりの再登場

 

2013年版から久しぶりに福山が登場していましたね。

 

トレードマークのタブレットPCも相変わらず健在で……それ以上に特徴的なあのうざい喋りも輪をかけてひどくなってた。

 

伊勢島ホテル編では、半沢にボコボコにヤラれたこともあり、今回味方として出てきたのは全くの予想外ではあったものの……今回は大和田と共闘しているということもあり、敵の敵は味方的でちょうどいい感じでしたね。

 

それに元々実力者ということや、同じ旧S出身ということで、今回の旧Tの連中を相手取るには、福山のような人材は案外好都合なのかもしれない。

 

とはいえ、個人的にはそれほど思い入れがある人物でもないので、途中脱落したところで何とも思わないんですけどね(笑)

 

 

スポンサーリンク

牧野副頭取と新山智美

 

中野渡頭取のかつての上司、牧野副頭取が今回の話のキーになっていたわけですが……そこに料亭の女将・新山智美も絡んできていましたね。

 

自殺した牧野副頭取には、箕部への不正融資の疑惑がかけられており、その証拠となる情報を遺書に残したと思われていたのですが……実際には智美さんへの感謝が綴られていたんですね。

 

その人格は今の中野渡頭取を彷彿とさせるものがあり、話の流れを見る限りでは、どうも紀本と箕部、この二人にスケープゴートとして都合よく利用されてしまったようなんですよね。

 

結果、牧野副頭取はすべての責任を一人でかぶり「自殺」へと追い込まれてしまったわけですが……半沢がそんな事をまともに受け止めるわけもなく。

 

思わぬ形で牧野副頭取の弔い合戦のような流れになるものの……いかんせん、相手が箕部ではさすがの半沢も分が悪すぎる。

 

何せ、あの大和田ですら命の危機を感じる相手ですからね……大和田は弱者よりも強者を嗅ぎ分ける嗅覚に長けてるからなぁ……そのあたりは半沢も少しは見習ったほうがいいのかもしれない。

 

ここにきてようやく新山智美の関係も明らかになったけれど……彼女が抱え続けてきた闇は想像していた以上に深く、今までとはかなり違う種類の戦いになりそうな予感がしますね。

 

 

スポンサーリンク

半沢の敗北

 

ついに半沢と箕部が直接対決してましたね。

 

牧野副頭取の一件で白黒はっきりつけようと、半沢と大和田は箕部の元へと呼び出されるわけですが……。

 

半沢が執拗に食い下がる一方で、大和田は早々に泣きが入るなど、両者の生き方の違いが妙な形で浮き彫りになっていた。

 

ただ、牧野副頭取の口座における不正取引の記録に加え、金融庁に圧力をかけての銀行取引停止を前には、さすがの半沢でさえも最後まで抗いきることはできなかった。

 

半沢がここまで成すすべもなく、深々と頭を下げるシーンなんて、今までなかったんじゃないかな……?

 

この悔しさはぜひとも「倍返し」して欲しいところです。

 

 

スポンサーリンク

さらば黒崎

 

 

黒崎が一気に男を上げていましたね……いや上がったのはオネエのほうか?

 

立場は違えど、黒崎もまた半沢と同じく箕部のことを調べ続けていたわけですが……残念ながら力及ばず、黒崎は検査官の職を辞すこととなってしまった。

 

黒崎は日頃からパワハラ(セクハラ?)が目立ってたものの……実際には部下たちからの信頼はとても厚く、検査官を去るときには全職員から別れを惜しまれるなど、まるで検査官版の半沢直樹でも見てるような気分だった。

 

また、そんな黒崎の辞職を知った半沢が顔色を変えて駆けつけるシーンは、感慨深いものがあった。

 

なにせ黒崎は半沢が苦手とする数少ない人物の一人ですから……裏を返すと半沢がそれだけ黒崎のことを買っていた、という証左でもある。

 

別れ際、黙って一例する半沢を見て、黒崎も少しは思い残すことが減ったんじゃないでしょうか。

 

半沢ならばきっと箕部を追い詰められる。

 

黒崎にはできれば今後も登場する機会があることを期待したいですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ「半沢直樹(2020年版)」第8話を視聴した感想について書きました。

 

今回はタスクフォースの出番はほとんどなく、東京中央銀行内部の過去の負の歴史を巡る気の滅入るような展開が続きましたね。

 

とはいえ、半沢と大和田の演技合戦は相変わらずの高温度だったし、新たに登場した「生き字引」こと富岡や、2013年版から久々に福山が登場するなど、気がつくと旧S陣営の総力戦のような展開になっていて、ちょっとテンション上がりましたよ。

 

ただし、中野渡頭取的には旧Tと旧S陣営の派閥争いは望むところではないでしょうけどね。

 

でも、一番の問題はやはり箕部幹事長の存在でしょう。

 

あの黒崎でさえも辞職に追い込まれてしまったこともあり、今回の相手は今までとは別格であることを改めて実感させられました。

 

次回がとても気になります。

 

以上、ドラマ「半沢直樹(2020年版)」第8話の感想でした!

 

ドラマ『半沢直樹(2020年版)』感想一覧 2020年7月~
↓↓「半沢直樹(2020年版)」を見逃した方は↓↓
Paraviで今すぐチェック!

コメント