アニメ「グレイプニル」6話感想!エンドゲームなニューチーム

漫画・アニメ・映画

アニメ「グレイプニル」観てますか?

 

グレイプニル

 

今回は修一とクレアが新たなチームに加入するお話。

 

そこのチームリーダーの紗耶香と、ちょっと変わったフルフェイスの少女、吉岡ちゃんに注目です。

 

 

スポンサーリンク

エンドゲームなニューチーム

 

 

修一とクレアが新たなチームに加入していましたね。

 

「我々は弱い」と堂々と言い切るチームリーダー、小柳 紗耶香……彼女達のチームがコインを集める目的は、宇宙人の馬鹿げたゲームを終わらせること。

 

なぜ終わらせたいのかまでは不明だけれど、今のクレア達にはとにかく共に戦う仲間が必要なことは間違いない。

 

ただ、このチームが気に入らない三部は残念ながら未加入……彼が命を賭けるのはあくまでも修一とクレアの二人のみ。

 

よって、クレアは三部のことは秘匿したままチームに加入しようとするわけですが……このチームのリーダーの紗耶香も一筋縄ではいかなさそう…。

 

とはいえ、前回真っ二つにしたヤツに比べれば、まだまだ理性的なチームであるとはいえるでしょう……あくまでも第一印象ですけど。

 

 

スポンサーリンク

動物好きの吉岡ちゃん

 

 

このチーム……一人変な少女が混じってましたね……フルフェイス被った動物好きの吉岡ちゃん。

 

クレアが脱いだあとの抜け殻……じゃなくて修一に興味深々の吉岡ちゃん。

 

自称、動物の声が聞こえるとのことで、ワンちゃん着ぐるみの修一のことを痛くお気に召したようで。

 

質問したり、ナデナデしたり、密着して座ったりと、一人アゲアゲ状態だった。

 

そんな吉岡に気があると思われる池内は……終始嫉妬に狂ってた。

 

一方、吉岡に構われまくる修一はというと……動物扱いされることに不満を漏らしつつも、まんざらでもなさそうだった。

 

そりゃそうですよね……吉岡ちゃん、全然悪気ないんだもん。

 

それに修一の優しさを瞬時に見抜くだけでなく、吉岡もまた修一と同類の優しさを持つなど、否が応でもシンパシーを感じてしまうのはある意味必然ともいえる。

 

この二人……意外と相性いいように思えますね。

 

 

スポンサーリンク

ほんとは儀式なんていらないよね?

 

 

チームリーダーの紗耶香はかつて秘密を破られたがために、愛する人を失った過去があったんですね。

 

そのため相手に秘密を守らせることを徹底するようになり、その結果得たのが髪で編んだチョーカーの能力。

 

このチョーカー相手合意の上で、このチョーカーを首に巻くと……以後、秘密を破った瞬間に首を落とすというとんでもないの能力なんですよね。

 

なんか「HUNTER×HUNTER」の念能力みたいだな…。

 

紗耶香いわく、イメージが完璧であればあるほど、変身後でも人型を保っていられるとのこと……逆にイメージが不確定だと、自分の欲望が変身後の姿に反映されてしまうらしい……。

 

ただし、対クレアの場合だと自らの欲望にとても忠実だったと思う。

 

仲間になる儀式と称して、突然服を脱ぎだしたり、クレアの体を好き放題愛撫したりと、明らかに全然関係ないことしてましたからね……。

 

絶対、儀式とかいらんやろ…。

 

クレアがとっさに機転を利かせなければ……ちょっと危なかったかも。

 

とりあえず、クレア、ギリギリセーフ。

 

 

スポンサーリンク

全裸でお邪魔します。

 

 

吉岡ちゃんが修一の中に入ってましたね……しかも全裸で。

 

修一は吉岡が落とした個人情報入り財布を探しに、一緒に山に探索にいくのですが……修一的には吉岡ちゃん、とっても足手まといなんですよね。

 

体力なくてちょっと運チ疑惑のある吉岡ちゃん……これでも実は変身した姿だったらしいのですが……フルフェイスの下から出てきたのはなんとケモミミ。

 

修一が思わず「あざとい!」とツッコんでしまうくらい、しっかりとあざとかったです。

 

動物の声を聞きたい、という彼女の願望をそのまま具現化したかのようなあざといケモミミ……たぶん修一こういうの好きやで(予測)

 

どっちにしても財布探索には足手まといにであることには変わりないんだけどね…。

 

高い身体能力を見せつける修一に対し、吉岡は着ぐるみの中に入ると提案。

 

汚れるからよせ、という修一の注意を受けるも、吉岡はクレア顔負けの脱ぎっぷりを見せつけ、半ば強引に入っちゃった。

 

しかも全裸で。

 

吉岡のパ○ツを見て、修一はちょっとキレ気味に注意するも……一心同体な吉岡には、修一の本心がダダ漏れとる……ほんとはとても喜んどる。

 

そして、その様子を顔面カメラでずっと盗撮し続ける池内……涙流して悔しがっていたけれど……この構図、なんか妙に面白い。

 

ちなみに吉岡ちゃんの財布は、エレナの仲間にしっかりと拾われていた……ダメじゃん。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「グレイプニル」第6話「収集者」を視聴した感想について書きました。

 

前回のお話でせっかく三部が仲間になったというのに、今回はまったく別のチームに仲間入り……ちょっと期待していた展開とは少々違ってはいたものの……今回登場した紗耶香のチーム、これはこれでなかなか個性的な面子が揃っているようでしたね。

 

その中でも特に目立っていたのがリーダーの紗耶香と、ケモミミの吉岡ちゃん。

 

紗耶香とクレアの緊張感ある会話と、修一と吉岡ちゃんの緊張感のない会話……とくに吉岡ちゃんの場合は全裸で着ぐるみにお邪魔するなど、意外とアグレッシブな一面を見せていましたね。

 

口では嫌がっても、心では喜んでしまう高3男子……修一、もっと素直になろうぜ。

 

次回もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「グレイプニル」第6話の感想でした!

 

アニメ『グレイプニル』感想一覧 2020年4月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント