ドラマ「トクサツガガガ」1話感想!特撮の力の入れ方がガチすぎる

ドラマ

ドラマ「トクサツガガガ」観てますか?

 

原作は週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の同名マンガで、私も連載開始から読んでいる大好きな作品の一つでもあります。

 

 

2019年1月18日(金)の夜10時からめでたく放送開始となったわけですが、まさかのNHKでの放送に驚かれたかたも多いんじゃないでしょうか。

 

お気に入りのマンガ作品のドラマ化は賛否両論分かれることが多々ありますが、「トクサツガガガ」に関して言えば、ドラマとの親和性はむしろ高いと思うんですよね。

 

というわけで今回は、

 

ドラマ「トクサツガガガ」
第1話
「トクサツジョシ」

 

を視聴した感想について書きますね~。

 

 

スポンサーリンク

特撮パートがガチすぎる

 

 

「トクサツガガガ」には作中オリジナルの特撮作品が描かれているのですが、その中でたびたび登場するのが「獅風怒闘 ジュウショウワン」と「救急機エマージェイソン」の2作品。

 

今回のドラマ冒頭では「ジュウショウワン」のシシレオー、トライガー、チェルダが大暴れしまくるのですが、ドラマ内特撮であるにもかかわらずクオリティーがガチすぎる。

 

特撮スーツも作り込まれ、爆発やCGなどのエフェクトもバンバン入る。

 

スーツアクターのアクションの殺陣もしっかりと振り付けされていて、あまりの完成度の高さとガチ度に見ていてニヤケが止まらん。

 

また「エマージェイソン」もガチで作り込まれたスーツだけでなく、ロボットならではの動きを再現するなど、知らない人が見たら本当に放送されていた作品なんじゃないかと思うほど。

 

それぞれの作品に対し主題歌までしっかりと作られており、これがまた良く出来ていてカッコいい。

 

とにかく、「トクサツガガガ」の特撮パートがガチすぎることは間違いなし。

 

なにげに主人公の仲村叶へのCGエフェクトが一番すごいところが面白い。

 

いっしゃん
いっしゃん

部屋光ってたし

 

 

 

スポンサーリンク

トクサツジョシ・仲村叶の日々の葛藤が楽しい

 

トライエックス 小芝風花 2019年 カレンダー CL-766 壁掛け B3

 

「トクサツガガガ」の最大の魅力の一つ、それは仲村叶(なかむら かの)の日々の葛藤。

 

ジュウショウワンのガチャガチャをしたいけれども、インドカレー屋の行列を前に心が折れ。

 

「おかしのまつもと」にあるガチャガチャは、凶悪な人相をした店員を前に挫折。

 

カラオケではオタバレしないために「エマージェイソン」を控えめに歌ってみたりと、日々オタバレの葛藤と戦いながら頑張る仲村の姿はどこか他人事とは思えない親しみを感じてしまいます。

 

いっしゃん
いっしゃん

感情が高ぶると関西弁になるところもまた良し

 

トライガーノキミとお近づきになるためのイクトゥス作戦も地味に面白い。

 

特撮のDVDを買うために毎日手作りの弁当で節約する仲村の姿は「女子力」が高いと評判なのですが、仲村曰く「女死力」だそうです。

 

 

いっしゃん
いっしゃん

そんなことはない

多分

 

 

スポンサーリンク

任侠さんの再現度が高いな

 

 

「おかしのまつもと」の店員といえばもちろん任侠さん。

 

もちろん本名ではありません。

 

凶悪な人相から仲村が勝手に「任侠さん」と命名しただけなんです。

 

この任侠さんを演じるのはお笑いコンビ「カミナリ」の竹内まなぶさんなのですが、任侠さんの「人相の悪さ」と「人柄の良さ」を表現するのにピッタリの配役なんじゃないでしょうか。

 

今回は残念ながらセリフがありませんでしたが、見た限りでは再現度はかなり高いと思います。

 

次回以降に期待ですね。

 

 

スポンサーリンク

ダミアンの名言キタ!

 

 

「トクサツガガガ」で欠かせない名キャラクターの一人・ダミアン。

 

ダミアンを演じるのは天才子役の寺田心くん。

 

ダミアンは特オタの仲村が心おきなく会話できる貴重な特撮仲間なのですが、寺田心くん演じるダミアンは原作の雰囲気を忠実に再現しており、なかなかのクオリティーだったと思います。

 

心に刺さる名言も健在。

 

その時があったから

今があるんですね

 

また特撮オタであることを必死に隠そうとする仲村を的確に追い詰めていくシーンは最高。

 

いっしゃん
いっしゃん

ダミアン、恐ろしい子

 

 

スポンサーリンク

北代さん、早くも登場(再現度高し)

 

木南晴夏さんCM集 全12篇 2005~2016

 

ドラマ「トクサツガガガ」第1話目にして早くも登場した北代さん。

 

演じるのは木南晴夏さんなのですが、これがまた再現度高い。

 

本格的なからみはまだまだこれからなのでしょうが、個人的にはこの北代というキャラクターが大好きなんですよね。

 

北代もある〇〇の隠れオタなのですが、仲村と親しくなる過程がとてもよくできてるんですよ。

 

原作どおり忠実に再現するのか、ドラマならではのアレンジとなるのかはわかりませんが、今からとても楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

トライガーノキミへのイクトゥス作戦

 

 

電車の中で見かけたトライガーのゆるキャラキーホルダー。

 

つけていたのは少し年上の女性。

 

仲村が勝手につけたあだ名は「トライガーノキミ」。

 

なんとかトライガーノキミにお近づきになりたい仲村は、イクトゥス作戦を決意。

 

紆余曲折を経ながらもなんとかシシレオーのゆるキャラキーホルダーをゲットし、勇気を出して作戦を決行した結果、なんとか特撮ファンであることを教えることに成功します。

 

いっしゃん
いっしゃん

推しキャラクターも確認しあえて良かったね

この二人の出会いがお互いに大きな影響を与えることになるんですよね。

 

トライガーノキミこと吉田さんもなかなかのキャラクターなので、次回以降の登場がとても楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ「トクサツガガガ」第1話「トクサツジョシ」を視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか?

 

まさかのNHKドラマ化ということで放送開始前から期待していたのですが、ガチすぎる特撮パートに度肝を抜かれ、想像していた以上のキャスティングのマッチ度の高さに本当に笑わせられ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

またゴールデンボンバーが歌う主題歌「ガガガガガガガ」も「トクサツガガガ」という作品によく合っており、今後別の特撮作品からオファーが来るんじゃないかと思うくらいハマってましたね。

 

今後は特撮作品だけでなく、アニメやアイドルなども登場することでしょうが、劇中内でどのように表現されるのか、とても楽しみです。

 

以上、ドラマ「トクサツガガガ」第1話の感想でした!

 

ドラマ『トクサツガガガ』感想一覧 2019年1月~3月

コメント