コミック「今どきの若いモンは」1巻感想!描き下ろし課長の休日で涙

コミック「今どきの若いモンは」の1巻を衝動的に買ってしまいました。

「今どきの若いモンは」はCygamesのマンガアプリ「サイコミ」で連載中の人気お仕事コメディです。

主人公は苦み走ったシブいオッサン・石沢課長(50歳)。

そして新卒1年目の女性社員・麦田歩(23歳)。

タイトルこそ「今どきの若いモンは」と少し若者にとっては手厳しそうな印象を受けてしまうかもしれませんが、実際には「ホッコリ」そして「ホロッ」と来てしまうこと間違いなし内容となっています。

というわけで今回は、コミックス「今どきの若いモンは」1巻の感想について書きますね。

スポンサーリンク

いつも「ったく今どきの若いモンは・・・」で登場する石沢課長(50歳)

石沢課長が登場するときはいつも次のセリフとともに現れます。

「ったく今どきの若いモンは・・・」

若いモンからすると「今どきの若いモンは」という言われ方はあまり気持ちのいいものではありませんよね。

「今どきの若いモンは」の次に来るのはたいてい昔の自慢話であることが多いからです。

そして「今どきの若いモン」と比較する流れに。

誰しも一度は経験したことがあるであろう、とても嫌~なコンボですよね。

でも石沢課長は違います。

入社1年目の麦田はいつも何かに困っている

一方、石沢課長の部下である入社1年目の女性社員である麦田はいつも何かに困っています。

  • 残業がきつくて疲れた。早く帰りたい。でも上司がいるので帰りづらい・・・
  • 取引先でミスをしてしまい「これだからゆとり世代ってやつぁ・・・」と怒られてしまう・・・
  • 何をどうしたらいいかさっぱり分からん!でも忙しい先輩達には聞きにくい・・・
  • 大切なプレゼンがあるのに風邪ひいてしまった。会社に電話しなければ・・・

そりゃ、入社1年目だったら、わからないことだらけだろうし、仕事も満足にできなくて当たり前です。

また疲れが溜まった状態で残業なんてしんどいだけですしね。

そんなときにいつも現れるのが石沢課長なんです。

「ったく今どきの若いモンは・・・」というセリフとともに。

か・・・かちょおおおおおおおおおお!!!!

「ったく今どきの若いモンは・・・」の石沢課長は、昔の自慢話をするためではなく、困った部下を助けるためにいつも現れます。

残業がきつくて疲れた。早く帰りたい。でも上司がいるので帰りづらい・・・

今どきの若いモンは真面目に働きすぎなんだよ。

と麦田に缶コーヒーを渡し

オレらの若い頃は過労死なんて言葉なかったからな。

あとはやっとくからさっさと帰れ。

といって「シッシッ」と手をひらひらさせて帰宅を促します。

か・・・かちょおおおおおお!!!

少しぶっきらぼうな態度で部下を気遣う石沢課長、とてもかっこいいです。

取引先でミスをしてしまい「これだからゆとり世代ってやつぁ・・・」と怒られてしまう・・・

今どきの若いモンは大変だよなぁ

景気が悪くて就職難だ

頑張って入っても給料は少ねぇだ

好きで生まれた訳じゃねぇのに「ゆとり」ってバカにされる

それはおめぇが悪い訳じゃねーのになぁ

か・・・かちょおおおおおお!!!

おい麦田、さっさと支度しろ

一緒に頭下げにいくぞ

ががががががちょおおおおおおおお!!!

麦田の心情を慮るだけでなく、きっちり上司としての責任も果たす。

まさに上司の鑑ですね。

何をどうしたらいいかさっぱり分からん!でも忙しい先輩達には聞きにくい・・・

気ぃ使いすぎなんだよ

と麦田の頭に「ポンッ」と手をおきます。

そして

部下を育てんのも仕事のうちだ

上司はその分給料もらってんだから気にするな

その様子を見ていた他の先輩たちが麦田を助けに来てくれます。

せせせせせせんぱいがたあああああああ!!!

先輩達にも石沢課長の精神が息づいているんですね。

きっと先輩達も石沢課長に助けられてきたのでしょう。

大切なプレゼンがあるのに風邪ひいてしまった。会社に電話しなければ・・・

「もしもし麦田ですけど・・・」と電話する麦田。

まだ何も言っていないのに電話の向こうの課長はこう言います。

風邪か?

「か・・・課長!!?」

今日は休め。寝てろ。

大事なプレゼンがある麦田は必死に会社に行こうとすることを伝えようとしますが、

寝てろ!!!!

自分を責めながらも家で休養をとることになった麦田の自宅に、誰かが訪ねてきます。

フラフラしながら玄関に出る麦田。

ったく今どきの若いモンは・・・

訪ねてきたのは課長、ではなく先輩の犬飼さん。

どうやらお見舞いに来てくれたようです。

困った時はお互い様、とおかゆまで作ってくれる優しい犬飼先輩がお見舞い品として持ってきたのは、課長からの差し入れのみかん。

課長めっちゃ怒ってたよ~?

と聞いた麦田は「ですよね・・・」と少し「しゅん」としてしまいます。

そんな麦田に向かって犬飼先輩は課長が言っていたことを伝えます。

「今どきの若いモンは大バカだ」

「風邪ひいたら休むのは当然だろ?」

あ・・・かちょぉ・・・。

あと「プレゼン資料よくできてた」ってさ

そんなこと自分で言えば良いのにさ~

ほんと、どこまでも素晴らしい男です。

石沢課長は。

そしてお見舞いに来てくれた犬飼先輩もやっぱり課長イズムを継承しているみたいですね。

この上司にしてこの部下あり。

素晴らしい職場に恵まれて、麦田はとても幸せですね。

描き下ろし「課長の休日」で思わず涙

今どきの若いモンは(1) (サイコミ)

コミックス「今どきの若いモンは」1巻の巻末には、特別描き下ろしの「課長の休日」が収録されています。

娘と休日を過ごす課長の意外な一面が見られます。

娘の一言で思わず涙してしまう課長。

そんな課長を見て涙してしまう私。

会社では見られない課長の貴重な涙が見られて本当によかったです。

買ったかいがあった。

まとめ

コミックス「今どきの若いモンは」1巻を読んだ感想について書きましたが、いかがだったでしょうか?

このマンガ、社会人にとっては本当に心にしみる描写がたくさんあると思うんですよね。

かといって社会人しか楽しめないのか?というと決してそうではありません。

私達の生きていく中でも「今どきの若いモンは」と同じようなシチュエーションは決してないとは言い切れません。

それは「石沢課長」のような立場からか?

それとも「麦田」のような立場からか?

それぞれ立場の違いはあるでしょうが、作品中のような関係性を築いていくことは決して不可能ではない。

そんな当たり前のことに気付かせてくれる「今どきの若いモンは」。

とても良い買い物をしました。

2巻はよ。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク