ドラマ「集団左遷!!」2話感想!町田社長の「うれしかった」に涙!

ドラマ

ドラマ「集団左遷!!」観てますか?

 

前回の第1話では福山雅治の新境地の【顔芸】に驚いた人も多かったんじゃないでしょうか。

 

そんな福山雅治の昭和的な熱血三枚目キャラ、私は嫌いじゃないですよ。

 

というわけで今回は、

 

ドラマ「集団左遷!!」
第2話
「逆転不可能に挑め!ダメ社員たちの奇策」

 

を視聴した感想について書きますね~。

 

 

スポンサーリンク

プランは一切なし!頑張る一択の空回り

 

片岡支店長(福山雅治)は本部に反旗を翻したのはいいものの、プラス100億を実現するためのプランは一切なし。

 

そして、ただただ「頑張る」を連呼するだけの姿に行員たちからは非難の嵐。

 

空回りし続ける片岡の様子は視聴者的にもイタタタタ…。

 

さすがにノープランでの頑張る一択には無理がある。

 

初っ端から見事な空回りっぷりですね。

 

 

スポンサーリンク

「理想」の片岡、「現実」の真山

 

蒲田支店の廃店が免れないのなら、せめて少しでもいい出向先へ配属されたい。

 

今の状況を考えると、真山(香川照之)の思いはベストではないけれどベターな選択だといえるでしょう。

 

そして真山は自分可愛さだけで言ってるのではなく、蒲田支店の行員全員のことを考えている。

 

片岡が「頑張る」一方で、真山は真山なりに水面下で戦っているように見えますね。

 

現実をしっかりと直視した真山の選択は決して間違っていない。

 

むしろ正しい。

 

けれども、本当の意味での生き残りを考えるのであれば、断然片岡だと思う。

 

 

スポンサーリンク

エスカレートする本部のいじめ

 

電話での指摘で済むような審査書類の不備わざわざ出向かせて指摘したり、せっかく獲得した5,000万の融資を羽田支店に横取りさせるなど、本部の蒲田いじめはだんだんとエスカレートしていく。

 

本部の横山(三上博史)は「三友の未来のため」というけれど、この陰湿ないじめの先にある銀行の未来とやらに何の意味があるんだろう。

 

これではプラス100億のノルマなど達成できるはずもない…あっ達成させたくないんでしたね。

 

 

スポンサーリンク

名もなき少年キーパー

 

プラス100億の壁は果てしなく高く、支店の行員たちの理解は得られず、本部のいじめはエスカレート。

 

そして町田エネラルの5,000万の融資は羽田支店に横取りされてしまう。

 

逆境すぎて見ててしんどくなってきた…。(弱)

 

けれどもそんな逆境の中、片岡は名もなき少年キーパーから勇気をもらう。

 

ゴールを奪われてもあきらめず、へこたれず、『次は絶対にとるから』と声を上げる「義母と娘のブルース」少年に。

 

しかも0対7で負けているこの状況、まさに今の片岡と同じ。

 

この少年に負けてられない。

 

片岡はまだ頑張れる。

 

 

スポンサーリンク

町田エネラルの夢の扉

 

片岡は、町田エネラルの5,000万の融資を取り戻せなかったら本部に行って謝ると真山と約束。

 

町田社長が言っていた「ほんとうにやりたいこと」に着目した片岡は、ふたたび町田社長を訪ね、その夢の概要を聞く。

 

町田社長が熱く語る「メガソーラー」の夢には東京ドーム半分の広大な土地が必要とのこと。

 

だったらその土地探しましょう、と言って交換条件として5,000万の融資の再考をお願いするも町田の返事はいいものではなかった。

 

それでも町田の夢に心惹かれた片岡は葛藤しながらも独断で土地を探し続ける。

 

無我夢中で町田の夢を実現しようとする片岡の一生懸命な姿は、失意の横溝の心にも届く。

 

甘酸っぱい呼び捨てイベントですっかり信頼関係を気づいた二人。(青春かっ)

 

青春でした。

 

そして、ついに理想の土地を探し当てた二人。

 

けれどもその頃には、真山との約束を忘れ町田の交換条件もどうでもよくなってるという本末転倒ぶり。(ばかっ)

 

二人して盛大に空回りしてる感があったものの、数字のためだけじゃない頑張りというのも大切だと思うんですよね。

 

まるで無邪気な子供のように報告する二人を見る町田社長の姿がとても印象的でした。

 

 

スポンサーリンク

うれしかったからです(涙)

 

結局、片岡は交換条件をなかったことにし、土地だけを町田社長に委ねることにした。

 

それこそが「真山の忠告」と「町田社長の夢」をあわせて考え抜いた片岡の最適解。

 

5,000万の融資を取り戻せなかった片岡はいさぎよく本部に謝りに行くことを決意。

 

しかし、支店に戻った片岡を待っていたのは町田社長だった。

 

なぜここに?

 

町田社長は5,000万の融資を片岡と横溝の二人にお願いしたいと言う。

 

しかも金利は問題じゃないとのこと。

 

…ではなぜ?

 

『うれしかったからです。

 お二人の気持ちが。

 ただただ、うれしかったからです

 理由は、それだけです』

 

…それだけかぁ!!!(嬉涙)

 

片岡と横溝の盛大な空回りが「カチッ」と歯車に噛み合った最高のシーン。

 

町田社長の心意気が本当に素晴らしい。

 

横でみている真山の心が微妙に揺れ動いているように見えたのがとても印象的でした。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドラマ「集団左遷!!」第2話「逆転不可能に挑め!ダメ社員たちの奇策」を視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか。

 

空回りしまくる頑張りを最後まで押し通した結果、町田社長のハートをガッツリと掴んでしまう展開は、途中見ていて「雑だな~」と思う部分はあったものの、最後はしっかりと泣かされてしまいました。(涙)

 

「嬉しかったから」とか言われたらもう涙腺抵抗できないよ。(涙)

 

あんな演出しちゃダメ。(ウソ)

 

おかげで次週が待ち遠しくなってしまったよ。

 

以上、ドラマ「集団左遷!!」第2話の感想でした!

 

ドラマ『集団左遷!!』感想一覧 2019年4月~6月

コメント