「新サクラ大戦」1話感想!久保帯人×3Dモデリングが秀逸!

漫画・アニメ・映画

アニメ「新サクラ大戦 the Animation」観てますか?

 

新サクラ大戦 the Animation

 

あの「サクラ大戦シリーズ」の最新作が20年の時を経てふたたびテレビアニメ化ということで、期待されている方もずいぶんと多いんじゃないでしょうか。

 

かくいう私も「サクラ大戦」という作品にはゲームにおいても、アニメにおいてもそれなりに愛着を持つ一人でして……密かに楽しみにしておりました、ええ。

 

というわけで、今回はアニメ「新サクラ大戦 the Animation」第1話「堂々開幕!新生華撃団」を視聴した感想について書きますね~。

 

 

スポンサーリンク

久保帯人を3Dモデリングで忠実に再現

 

 

今回のアニメ「新サクラ大戦 the Animation」のキャラクター原案は久保帯人。

 

和装と刀、そして霊力などなど「サクラ大戦」の世界観は「BLEACH」と共通している部分も多々あり、久保帯人を起用することになったようですが……かなりハマってましたね。

 

登場人物達の多様性については初代シリーズのほうが振り幅が広いものの、今作は久保帯人の描くキャラのクールさを全面に押し出して、ニーズをギュっと凝縮した印象を受けますね。

 

また、今作のキャラクターはすべて3Dモデリングで描かれているんですけど、久保帯人の持ち味を損なうことなく、2D感をしっかりと再現していて、とにかくクオリティが高い。

 

そしてよく動く。

 

キャラクターの仕草も見ていて違和感ないですし、帝国華撃団の舞台でみんなで揃い踏みするシーンでは、3Dならではの演出がとても光っているように感じた。

 

個人的には、アナスタシア・パルマ(CV:福原綾香)がお気に入り……舞台での歌唱シーンに惚れました。

 

それに加えて隊長の神山誠十郎は、そのまま「BLEACH」に登場させても違和感を感じないくらいの久保帯人臭が漂ってる……それくらい3Dモデルの出来がいいんですよ。

 

3Dモデルで久保帯人をここまで忠実に再現できるとは……この作品への本気度の高さを感じますね。

 

 

スポンサーリンク

両A面なOP&ED。そして挿入歌

 

 

「新サクラ大戦 the Animation」のOPとEDは両A面といっても差し支えないクオリティでしたね。

 

OPはサクラ大戦シリーズではおなじみの曲を進化させた「檄!帝国華撃団<新章>」。

 

 

EDは帝国歌劇団のメンバーに加え、エリス、ランスロット、ホワン・ユイを加えて歌う「桜夢見し」。

 

 

サクラ大戦のOPでテンション上がるのはもはや当たり前の事なんですけど……今回の「新サクラ大戦 the Animation」のEDもかなりテンション上がる……全然安らかに終わらせてくれない。

 

しかもOPテーマよりもメンバー増えて豪華になってるという。

 

映像についてはさすがにOPよりもおとなしいんですけど、代わりに久保帯人の美しい3Dモデリングを存分に堪能できる構成になっていて、ついつい見入ってしまうんですよね。

 

またOPとEDだけでなく、第1話では「凍てつく魂」「スタァ誕生 花組ver.」といった挿入歌もあり予断を許さない状況(?)

 

個人的には「凍てつく魂」でのアナスタシア・パルマ(CV:福原綾香)の伸びやかで力強い歌声にやられた。

 

今季の放送でいったい何曲披露されるのか……期待したいところです。

 

 

スポンサーリンク

しっかり詰め込んできた第1話

 

 

「サクラ大戦 the Animation」の第1話……しっかりと詰め込んできましたね。

 

最近ではよくありがちなOP、EDの省略をせずしっかりと流し、メンバー達のさりげない紹介や歌劇団としての舞台ステージ、そして新しい仲間の加入や霊子戦闘機による降魔との戦闘などなど……絶妙のバランス配分だったと思う。

 

情報も多すぎず、少なすぎず、するすると頭に入ってくる……なるほど今は世界華撃団連盟なるものが結成されているのか……勉強になるなぁ(ならない)

 

また、帝国華撃団に先んじて、冒頭で倫敦華劇団のランスロット(CV:沼倉愛美)や、伯林華撃団のエリス(CV:水樹奈々)を登場させたのも良かった……違う華撃団の登場って単純にテンション上がるものがありますね(単純)

 

何より、新しい帝国華撃団のメンバー達がとにかく魅力的なんですよね。

 

隠密に単独行動したり、隊長ディスったり、服の手直しさせたり、台本書いてるから黙れって言ったりする人もいるけれど……基本的にみんな優しく、家族的な温かさを持っている。

 

そして個人的には、初代メンバーの一人である神崎すみれ(CV:富沢美智恵)が支配人として登場しているのも嬉しい……これは他のメンバーも登場すると考えてもいいのかな?

 

「新サクラ大戦 the Animation」……申し分のない1話目だったと思います。

 

 

スポンサーリンク

気になる白マントさん

 

 

個人的にずっと気になっているのが、冒頭で登場した謎の白マントさん。

 

声らしい声を発することなく、颯爽と登場して、颯爽と退場していったわけですが……ミステリアスな佇まいがなんとも魅力的に映りましたね。

 

昔なつかしのB級ヒーローを彷彿とさせるような風貌ながらも、マスク、髪型、唇のバランスが超絶好み……いわゆるどストライクなやつですよ。

 

クラーラを狙う理由についてはまったくの不明……けれども、おそらくは敵対関係にはならないものと思われる(思いたい)

 

さっそく第2話でも登場するようだし、引き続きウォッチしていきたいところです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「新サクラ大戦 the Animation」第1話「堂々開幕!新生華撃団」を視聴した感想について書きました。

 

2000年にテレビアニメ化されてから、20年の時を経て再びアニメ化されたわけですが……なかなか珍しいパターンですよね。

 

ゲーム原作の作品がここまで長く愛されるケースなんてそうそうありませんからね……個人的にはかなり感慨深いものがありました。

 

そんな記念すべきアニメ「新サクラ大戦 the Animation」第1話目は、そんな20年のブランクを感じさせず、グイグイと引き込まれるハイクオリティな完成度だったと思います。

 

特に久保帯人の原案のキャラの魅力を存分に再現した3Dモデルは必見。

 

次回もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「新サクラ大戦 the Animation」第1話の感想でした!

 

アニメ『新サクラ大戦 the Animation』感想一覧 2020年4月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント