「旗揚!けものみち」1話感想!姫にジャーマンするタイヘンなヘンタイ

漫画・アニメ・映画

アニメ「旗揚!けものみち」観てますか?

 

「けものみち」は異世界転移とプロレスラーを組み合わせた異色のコメディ作品。

 

しっかりとした作画によって描かれた「行き過ぎたケモノ愛」に爆笑必死ですよ。

 

 

スポンサーリンク

姫にジャーマン!

 

 

プロレスラー×異世界召喚という異色の組み合わせ…やっぱりとんでもない展開になってた。

 

いきなり姫にジャーマンスープレックスですよ?

 

「ケモノを駆逐する」と言った本人が早々に駆逐されてしまうという…超気持ちいい。

 

姫も見事な受けっぷりだった…パンツも丸見え。

 

けっこういろんな角度でしっかりと写すあたり、カメラワークにほのかな悪意と確かなこだわりを感じた。

 

周りの臣下どもも、姫を助けるんじゃなくて、姫のパンツを隠すことに注力するあたり、なかなかいい性格してますよね。

 

ケモナーマスクもマントで隠せばいいってもんじゃないよホントに。

 

ケモノは好きだけど、人に対しては案外冷たいのかもしれない。

 

でも、こういうトンデモ展開は大好物なので今後ともよろしく。

 

 

スポンサーリンク

タイヘンなヘンタイだ

 

 

貴重なマントはアルテナ姫のパンツを隠すために使ってしまったもんだから、残されたのはマスクとパンツ一丁のみ…プロレスラーだからそれはそれでアリなんだけで、異世界ではナシだった。

 

異世界に召喚されたばかりでこんなに「ヘンタイ」という言葉が連呼されるケースはなかなかレアだと思う。

 

マスクを取って柴田源蔵となったところで、ヘンタイには代わりナシ。

 

はじめて出会った獣人への食いつきっぷりも、【猫獣人ミーシャ(♀) < 狼獣人ヴォルフガング(♂)】ということで、視聴者が望む期待の展開とは裏腹に、狼獣人をモフりまくって虜にするという、非常に汚え絵面を見せつけられてしまった。

 

おかしい…なんかこのおじさん、変なんです。

 

いや、タイヘンなヘンタイだ。

 

 

スポンサーリンク

お互いにダメですね

 

 

主人公がタイヘンなヘンタイであることはよくわかりました…理解した。

 

そして主人公が変なら、ヒロインも変…ということでメインヒロインの狼獣人シグレもなかなかクセが強そうでしたね。

 

無理やり無利子無担保で借金したものの、人に真似された挙げ句事業に失敗…売られ先の貴族邸で三食昼寝付きを勝手に所望する…そんな狼女。

 

薄幸の女奴隷を助けたと思ってたら、とんでもなくダメなヤツだったという酷いオチ…この世界、まともなヒロインはおらんのか?

 

ケモナーマスクこと源蔵は特にヒールというわけでもなく、ヘンタイという部分を除けば至って真っ当な性格をしているんですけど…シグレを助けたことについてはかなり微妙な葛藤してましたね。

 

無理やり心の中での折り合いはつけたようでしたけど…とりあえず体で払ってもらうという形で(笑)

 

どうやらケモミミとしっぽの誘惑には勝てなかったみたいです。

 

そんな源蔵を見て「この人、ダメだ」と思うシグレの反応はとても正しい…間違ってない。

 

結論、お互いダメですね。

 

 

スポンサーリンク

言葉が通じないのは異世界だからじゃない

 

 

ケモノ愛が強すぎる源蔵の熱弁は、残念ながらギルドマスターには1ミリも理解できてなかった。

 

異世界だから通じないんじゃない。

 

ヘンタイだから通じないんだ…たぶん。

 

源蔵のケモノに対する愛情は確かに本物なのでしょう。

 

ケモノの性別を問わない、というのも先の狼獣人(♂)で実証済み。

 

しかし、源蔵が語るケモノ「ラブ」演説は、たとえ字幕がついていても相当キツイと思う…心が。

 

タイミングよくケルベロスが襲来してくれて本当に良かった。

 

源蔵にとっても…ギルドマスターにとっても。

 

 

スポンサーリンク

異世界でのプロレスラーの実力

 

 

源蔵はタイヘンなヘンタイだけど、プロレスラーということだけあって、強い。

 

複数のケルベロスを相手にしても、まるで普通の動物とじゃれ合うかのよう。

 

瞬時に群れのボスを見極めるあたりは、やっぱりケモノ愛の賜物なんでしょうか?

 

3つ首を「3度おいしい」と表現するのがとても斬新だった…ケモノ愛がすごすぎる。

 

源蔵にガッチリとホールドされてしまったケルベロスもあられもない姿は、魔獣として殺されたも同然のような気がした。

 

でも最終的には源蔵とみんな仲良しになっていたようなので、結果オーライ。

 

ハンターギルドで報奨金もゲットできたことだし、源蔵にとってこの世界はかなり相性が良さそうな感じがしますね。

 

シグレも源蔵のことについてようやく理解が追いついてきたようですし、この人間と獣人の新たなタッグは、きっと今後もいろんなトラブルを巻き起こすんだろうなぁ…。

 

それが楽しみでもあるんだけど。

 

今度は誰にジャーマンするのかな?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「旗揚!けものみち」第1話「レスラー×召喚」を視聴した感想について書きました。

 

まったく予備知識なしで見たのですが、冒頭のお姫様ジャーマンでもう完全に心掴まれてしまいましたね。

 

仮にもプロレスラーが一国の姫にあんな完璧にジャーマン決めるか…パンツも完全に丸出しだったし。

 

パンツ隠す心配する暇があったら、姫様助けてあげようよ…マントで隠したからオッケーってことにはならないよ?

 

そんな可哀想なアルテナ姫と犬のひろゆきが同じ声というところに、製作陣の遊び心を感じました。

 

ケモノ愛をこじらせすぎた重度のヘンタイ・源蔵と、少しモラルに問題ありの狼獣人・シグレ…なかなかいいタッグになりそうです。

 

それにしても、いつの間にかシレっと加わっていた蟻の人? は本当に誰なんだろう…?

 

次週がとても気になります。

 

以上、アニメ「旗揚!けものみち」第1話の感想でした!

 

アニメ『旗揚!けものみち』感想一覧 2019年10月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント