「宇崎ちゃんは遊びたい!」5話感想!チョコミン党の主張

漫画・アニメ・映画

アニメ「宇崎ちゃんは遊びたい!」観てますか?

 

宇崎ちゃんは遊びたい!

 

今回は桜井の友達・榊が登場……「エア友達」じゃなくて本当に実在したんですね。

 

 

スポンサーリンク

学校の階段

 

 

桜井が超怖い夢見てましたね……あのシチュエーションはマジないわ。

 

ビルの屋上にて猫救助に失敗、あえなく転落する桜井……たとえ夢とわかっていても思わずブルっと来てしまう……そして桜井はビクッと目を覚ます(授業中)

 

誰しも経験のある夢落ち覚醒……見られると恥ずかしいヤツですね。

 

そして桜井の場合、見られてた……もちろん相手は宇崎ちゃん……めちゃくちゃ嬉しそうだった。

 

その後も心理学の授業にて桜井にウザ絡み……授業内容もちょうどタイムリーな内容ということもあり、宇崎の絡みはさらに拍車がかかってた。

 

ちなみに落下する夢は「不安」「浮かれている」「地に足がついていない」など、様々な意味があるとのこと。

 

授業後も夢の分析についてあーだこーだと言い合いは続く……その会話を聞いた心理学の先生がちょっと傷ついてるのが草だった……またの登場して欲しい。

 

先輩イジリが終わらない宇崎ちゃん……階段でもしつこく絡んでいたところ、足を踏み外して危険が危なくなるものの……すんでのところで桜井に無事救出されていた。

 

まさに「地に足がついていない」状態になった宇崎は、ここで桜井からの反撃を受けることになる……そんな学校の階段がとても楽しそうでした。

 

 

スポンサーリンク

花のある人生

 

 

桜井の友達、榊が登場していましたね。

 

イケメン榊はよく女子生徒からお誘いを受ける機会が多いらしく、断るのにも一苦労……桜井とはエライ違い。

 

一方、桜井はその目つきの悪さから女子生徒からのウケが悪い……榊的にはそんな桜井が好都合なんでしょうね……もちろん悪意があるわけじゃない。

 

ただ、榊からするとそんな桜井の陰キャな日常を物足りなく思ってるらしく「花のない人生」などと言うのですが……桜井には花あるよ?(宇崎花)

 

桜井もちゃんと説明すれば良かったのですが……宇崎ちゃんとの日常は確かにちょっと形容しがたいし、説明が面倒になるのもよくわかる。

 

でも間違いなく「花」はある。

 

そんな桜井が私はただただ羨ましいです。

 

 

スポンサーリンク

世界一安全な生き物

 

 

宇崎ちゃんが桜井のこと「世界一安全な生き物」認定してましたね。

 

桜井のお友達・榊の存在にひどく驚く宇崎ちゃん……てっきり実在しない「エア友達」だと思っていたらしく、ひとしきり驚いたあとはなぜかオカン目線で榊にお礼を言っていた。

 

逆に榊は宇崎の存在を恋人だと早とちり……ちょっと本気でウザく感じるくらいデリカシーのない探りを入れていた。

 

そこで宇崎ちゃんは桜井を「世界一安全な生き物」と榊に断言……なるほど、まんまと催眠術にかかるわけですよ。

 

ただ「エッチなこと」に関してはさすがの桜井もオコだった……宇崎ちゃん的には心あたりがたくさんあるんですけどね。

 

残念ながら桜井の中では本気で心当たりがないらしく……宇崎ちゃんは黙って恥をかき捨てていた……つまりノーカン。

 

でもこの「ノーカン」発言は、桜井を不安にさせただけだったという。

 

もしも桜井が事実を知ったら……たぶん前回のように気を失うんだろな……なにせ「世界一安全な生き物」だから。

 

 

スポンサーリンク

チョコミン党の主張

 

 

宇崎ちゃんがチョコミントで白熱していましたね。

 

うざい榊から逃れるべく、桜井は宇崎と一緒にアイスを買いに行くわけですが……宇崎ちゃんが買ったチョコミントが思わぬ波紋を呼ぶことに。

 

チョコミントを「歯磨き粉」と称した桜井に対し、宇崎ちゃんは激怒した。

 

今まで見たことがないくらいに。

 

チョコミントの素晴らしさについて、その美味しさや歴史、商品開発について滔々と語り、チョコミント嫌いのバカ舌を激しくディスり、いつの間にかチョコミン党党首としてチョコ民たちを立ち上がらせてた。

 

あまりの熱演に周囲から拍手をいただいてた。

 

桜井の言い分としては幼い頃に食べたミントガムがトラウマになっていただけとのこと……つまり桜井はチョコミントを食べたことがない。

 

そこで宇崎はチョコミントをあ~んしてあげるのですが……桜井にとってはチョコミントよりも間接キスのほうが気になるわけで。

 

結局、宇崎のされるがまま、チョコミントをパックン、美味しい、宇崎ちゃんニッコリ。

 

ご機嫌宇崎はラスイチのチョコミントをパックン……そこで初めて間接キスに気づくという……ええ流れや。

 

お互い間接キスに気づいたものの……どちらもその事に言及することはなかった。

 

 

スポンサーリンク

1000年生きる

 

 

亜美さんが「1000年生きる」と吠えてましたね。

 

桜井と宇崎の二人に関して、干渉せずに鑑賞したい亜美さんは、あまりにも干渉がすぎる榊に大激怒。

 

これには個人的にも激しく同意。

 

榊としては親切心のつもりなのかもしれないけれど……どうせあの二人は放っておいても勝手にくっつく。

 

ゆえに榊のおせっかいは超いらない……多少のちょっかいは構わないけど、過ぎた干渉はかえって迷惑、大迷惑。

 

とはいえ、榊の気持ちもわからなくはない……あのペースでは1000年たってもくっつかない。

 

でも亜美さんも決して引かない……だったら私は1000年生きる。

 

ここまでくると、もう何も言い返せない。

 

亜美さんには頑張って1000年生きてもらいましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「宇崎ちゃんは遊びたい!」第5話「親友におせっかいしたい!」を視聴した感想について書きました。

 

今回は桜井の親友・榊が登場ということで、いろいろといらぬおせっかいを焼いていましたね。

 

そっと視姦する見守る方向性の亜美さんからは早くも釘を刺されるなど、早くもトラブルの予感を振りまいていましたが……そこはそっと見守りたい。

 

個人的にはチョコミントについて熱く語るチョコミン党党首に心うたれる物がありました……チョコミント万歳。

 

次回もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「宇崎ちゃんは遊びたい!」第5話の感想でした!

 

アニメ『宇崎ちゃんは遊びたい!』感想一覧 2020年7月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント