ウルトラギガモンスター登場前のソフトバンクデータプランを振り返る

iPhone

iPhone4が登場してからiPhone一筋の私ですが、現在はウルトラギガモンスターで毎月50GBのデータ通信を楽しんでいます。

 

ちなみにウルトラギガモンスターが登場するまでは、7GBや5GBなどのプランを利用していました。

 

その時はいつもデータ通信量を気にしなければならなかったので、今思えばかなり窮屈な思いをしていたんだな~と感じています。

 

というわけで、私がこれまでにソフトバンクiPhoneで利用してきたデータ通信プランについて振り返ってみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

パケットし放題フラット for 4G LTE 7GB 5,700円/月のとき

 

いちばん最初にiPhone4を契約したときから、iPhone5→iPhone6へと機種変更をしてきたのですが、その間のデータ通信プランはずっと【7GB】契約をしていました。

 

「パケットし放題フラット for 4G LTE 7GB」と「ホワイトプラン」の組み合わせですね。

 

通話に関してはほとんど使うことがなかったので、通話定額プランには入っていませんでした。

 

7GBのときは容量を超過することが時々あった

 

 

7GB契約のときは、毎月7GB以内で事足りることが多かったのですが、遠方への外出や出張などが多い月だと、7GBを超過して速度制限されてしまうことが時々ですがありました。

 

また3日間で3GB以上のデータ通信を行った場合、翌日のAM6:00から24時間の間、最大128kbpsに速度制限されてしまいます。

 

出張先のホテルなどでWi-Fi環境がなかったりしたときに超過してしまうことが多かったです。

 

 

スポンサーリンク

データ定額 5GB 5,000円/月のとき

 

 

iPhoneで通話をする時間が増えてきたことから、国内通話し放題の「スマ放題」プランに変更。

 

それにともないデータ通信プランも「データ定額 5GB」に変更することに。

 

通話料金を気にする必要がなくなった点は良かったのですが、データ通信量が5GBに減ってしまったの地味に痛かった。

 

 

ほぼ毎月速度制限をくらうはめに

 

 

通勤の電車の中でYouTubeを再生することが習慣になりつつあった矢先に「データ定額 5GB」に変更したものですから、枯渇するのが早い早い。

 

早いときは半月も立たずに速度制限を受けてしまうこともありました。

 

しばらくYouTubeを控えるようにしていたのですが、それでも他のアプリのバックグラウンドでの通信量が思っていたよりも多かったみたいで、速度制限を受けつづける日々が続きました。

 

1週間で2GB超えたわ!データ通信プランって大容量じゃないとだめ?
この記事を書く1週間前までスマホのデータ通信の月額容量がオーバーしたために、速度制限を受けていました。 締め日(毎月20日)を過ぎて、ようやく速度制限から解放! ひゃっほい、という感じでスマホライフを満喫して1週...
iPhoneがWi-Fi接続なのに速度制限!その原因と直すべき設定は?
Wi-Fiで通信している最中に速度制限のメッセージが! という経験をしたことはありませんか? 「Wi-Fiなら通信し放題だよ~」と、のん気に何も考えずにスマホで遊んでいたら、突然「もうすぐ速度制限だよっ!」という...

 

 

速度制限の状態では使い物にならない

 

 

速度制限がかかった状態のスマホは、はっきりいって使い物になりません。

 

ネットサーフィンはまともにできず、メールの受信も超遅い。

 

Googleマップなどの地図アプリもまともに動作してくれないので、Wi-Fi環境以外ではほぼ使い物になりません。

 

電池の減りが早いただの携帯電話ですね。

 

 

スポンサーリンク

ギガモンスター データ定額 20GB 6,000円/月のとき

 

 

「データ定額 5GB」では全然足りないことにようやく気づいた私(バカ)は、とうとう我慢できずに「データ定額 20GB(ギガモンスター)」にプラン変更することに。

 

「データ定額 20GB(ギガモンスター)」と「データ定額 5GB」との価格差は1,000円。

 

もっと早くにプラン変更しておけばよかった。

 

と思った矢先に次のプランが登場したんですよね~。

 

 

スポンサーリンク

ウルトラギガモンスター データ定額 50GB 7,000円/月

 

 

「データ定額 20GB(ギガモンスター)」にプラン変更した矢先に登場したのが、「データ定額 50GB(ウルトラギガモンスター)」。

 

ギガモンスターが6,000円/月なのに対して、ウルトラギガモンスターは7,000円/月。

 

その差1,000円。

 

しかも「みんな家族割」と組み合わせることで次の割引を受けることができるんですよね。

 

  • 家族2人の場合:-1,500円(2人合計で-3,000円)
  • 家族3人の場合:-1,800円(3人合計で-5,400円)
  • 家族4人の場合:-2,000円(4人合計で-8,000円)

 

私の場合、3人家族なので、「ウルトラギガモンスター」と「みんな家族割」を組み合わせると次のようになります。

 

  • ウルトラギガモンスター:7,000円 → 5,200円(-1,800円割引)

 

容量は20GB→50GBに増えるのに、データ通信部分の月額料金は6,000円→5,200円へと安くなり、とてもお得に。

 

もう少し早く登場してくれたら良かったのにね!

 

ソフトバンク【みんな家族割】iPhone機種変更時に検討してみる
【みんな家族割】とはどのようなサービスなのか? ソフトバンクがiPhone8の発売日(2017年9月22日)にあわせて【みんな家族割】という新たなサービスを始めるとのことです。 しかし、ソフトバンクのサービス内容...

 

iPhone8への機種変更時に家族全員ウルトラギガモンスターに加入しちゃいました。

 

毎月のデータ通信量を気にすることがなくなった

 

 

ウルトラギガモンスターに変更する前は、パケットのデータ通信量をこまめにチェックしていたのですが、変更後はデータ通信量を気にすることがなくなりました。

 

今までは通信量を気にして外出先でiPhoneを使うことを控えるようにしていたのですが、ウルトラギガモンスターに変更してからはガンガン通信しまくっています。

 

  • 通勤中にYouTubeやAmazonプライムをガンガン再生するようになった
  • アプリのアップデートも外出先で行うようになった
  • クラウド系のストレージ(Googleドライブなど)の使用頻度が増えた

 

これが本当に快適。

 

「3日間で3GB」といった制限もなし

 

 

毎月50GBもの通信が行えるようになったのはいいものの、「3日間で3GB」の制限については一緒なの?

 

と心配していたのですが、ウルトラギガモンスターにはそのような制限は設けられていません。

 

ですので、安心してガンガン通信しまくれるんですよ~。

 

快適快適。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

私がこれまでにソフトバンクのiPhoneで利用したデータ通信プランについて順番に感想を書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

外出先でLINEやSNS(ツイッターなど)、ネットサーフィンくらいでしか使わない人からすれば、ウルトラギガモンスターのような大容量の通信プランに入る必要はないと思います。

 

しかし、外出先でもガンガン動画を再生したり、データをバンバン送受信する人なら、ウルトラギガモンスターに加入すれば、もっともっと思いっきり利用できるようになるので、おすすめです!

 

通信量を気にする日々はもうコリゴリ、という人はウルトラギガモンスターを検討してみてはいかがでしょうか?

 

では楽しいiPhoneライフをお過ごしください!

iPhone
スポンサーリンク
いっしゃんをフォローする
こちらの記事もおすすめです!
逆転いっしゃんログ

コメント