シック5枚刃髭剃り「ハイドロ5」2週間の使用感レビュー

髭剃りに使うカミソリを「シック ハイドロ5」に変えました。

なぜかというと、長きに渡って愛用してきた髭剃り「シック プロテクター3D シンプル 2枚刃」が、ご近所での入手が困難になってきたためです。

今までずっと2枚刃だったのが、これからは5枚刃。

一体何が違うのか?

実際に2週間程使い続けた使用感についてレビューしますね~。

スポンサーリンク

2枚刃は「剃る」、5枚刃は「なでる」感じ

今まで使っていた「シック プロテクター3D シンプル 2枚刃」(以下『2枚刃』)は、長年愛用してきていただけあって、よく剃れるカミソリだったと思います。

多少ヒゲが長く伸びていても「ゾリゾリ」と刈り取ってくれ、刃の耐久度も高いため、切れ味の持ちも悪くありませんでした。

そして今回新しく購入した「シック ハイドロ5」(以下『5枚刃』)。

私にとって5枚刃のカミソリは未知の体験ゾーンなわけですが、その剃り味はというと、

  • 「剃る」というより「なでる」

というのが正直な感想です。

5枚刃なので肌への負担が少ない

シック Schick 5枚刃 ハイドロ5 クラブパック(本体+替刃17コ付)

「なでる」ように髭を剃る、そんな感覚の5枚刃のカミソリは、今まで使っていた2枚刃に比べて、肌への負担が明らかに少ないです。

2枚刃のときは肌に強く押し当てながら剃ることが多かったのですが、5枚刃の場合、あまり強く押し当てなくてもなぜか剃れる。

深剃りが好きな私はいつも肌がヒリヒリしていたのですが、5枚刃に変えてからは今の所ヒリヒリしていません。

剃り落とした髭は粉々

剃り落とした後の髭はどんな感じなのか?

少し長くのびた状態の髭を2枚刃で剃ったときは、剃り落とした髭もそれなりに長いです。

一方、5枚刃で剃り落とした髭はというと、そりゃもう「粉々」です。

まるで粉末のよう。

ある意味いちばん「5枚刃」を実感した瞬間かもしれません。

刃の手入れが楽

5枚刃は刃の数が多いぶん、手入れが面倒なんかな?

と思っていたのですが、意外なことに2枚刃のときにくらべてとても楽です。

その理由はというと前の項目でかいた「粉々」にあります。

2枚刃のときは、剃り落とした髭の長さがそれなりにあるので、刃の間に髭が入り込むことが多く、水洗いだけでは取り除くことができない場面が多々ありました。

一方、5枚刃で剃り落とした髭は、笑ってしまうくらいに粉々になるものですから、水で洗い流すだけで髭を取り除くことができます。

これは嬉しい誤算でした。

少し慣れが必要

何かとメリットが多い5枚刃ですが、デメリットももちろんあります。

といっても、それは「慣れ」の部分ですね。

前に使っていた2枚刃にくらべて、5枚刃は「面」で「なでる」という感覚が強いので、5枚刃ならではの剃り方に慣れるまでには、まだ少し時間がかかりそうです。

この記事を書いている時点では、まだ2週間しかたっていないので、これから徐々に慣れていくことと思います。

新しい相棒「シック ハイドロ5」とともにこれからも頑張っていきたい今日このごろです。

そして長年お世話になった2枚刃こと「シック プロテクター3D シンプル 2枚刃」には深く感謝。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク